大会情報

  • 日程 2015年01月18日(日)
  • 会場 東京・国立代々木競技場第二体育館
  • 観衆

    4,500人(超満員)札止め

    大会概要

    対戦カード

    プレリミナリー・ファイト(1)/K-1 -65kg Fight/3分3R


    眞暢 Masanobu

    プレリミナリー・ファイト(1)/K-1 -65kg Fight/3分3R

    • ●
    • KO
      • 1R 1分30秒
    • ×
    x

    斉藤 雄太 Saito Yuta

    1R、後藤がローと左フック、そこから右ストレートにつなげる。斉藤もパンチでプレッシャーをかけていくが、後藤は確実にローを蹴っていく。そして後藤が突っ込む斉藤にカウンターの左フックを当てて、見事なKO勝利を収めた。

    プレリミナリーファイト(2)/K-1 -60kg Fight/3分3R


    勇磨 Yuma

    プレリミナリーファイト(2)/K-1 -60kg Fight/3分3R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        27-30,27-29,27-30
    • ×
    x

    神戸 翔太 Kanbe Shota

    1R、神戸がじりじりとプレッシャーをかけてジャブと右ロー、ミドルを蹴る。勇磨は前に出てくる神戸にヒザ蹴りと右ローを返す。終盤、神戸が右ストレートから前に出た。

    2R、神戸が右フックと左ボディ。勇磨もヒザ蹴りで反撃に転じるが、このラウンドも終盤に神戸がパンチをまとめる。

    3R、神戸が左フック・左ボディ、そこから右ストレートにつなげる。勇磨のヒザ蹴りを受けても前に出て、右ストレートと左フックから連打をまとめてダウンを奪う。最後は激しい打ち合いとなったが、ダウンを奪った神戸が勝利した。

    プレリミナリーファイト(3)/K-1 HEAVYWEIGHT Fight/3分3R


    学武 Manabu

    プレリミナリーファイト(3)/K-1 HEAVYWEIGHT Fight/3分3R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        28-29,29-30,29-30
    • ×
    x

    藤田 智也 Fujita Tomoya

    1R、ガードを上げて前に出る藤田が左フックと右ロー、ボディへのパンチと右ミドルで手数を増やす。終盤、学武もパンチとヒザ蹴りで反撃する。

    2R、ここもガードを固めて前に出る藤田がローを軸に攻める。学武もヒザ蹴りと右ストレートで反撃して譲らない。

    3R、藤田は徹底して左右のロー、学武は右フックと右ヒザ蹴りで前に出る。藤田がロー、学武がヒザ蹴りで打ち合う展開が続き、終盤、両者のハイキックがお互いを捉える。一進一退の攻防が続いた一戦は、藤田が判定勝利をもぎ取った。

    プレリミナリー・ファイト(4)/K-1 -65kg Fight/3分3R


    平本 蓮 Hiramoto Ren

    プレリミナリー・ファイト(4)/K-1 -65kg Fight/3分3R

    • ●
    • KO
      • 1R 1分25秒
    • ×
    x

    石川 祐樹 Ishikawa Yuki

    K-1甲子園2014王者の平本がプロデビュー戦。K-1チャレンジAクラス優勝の石川と対戦した。

    1R、一気にパンチで前に出ていく平本。コンパクトな右ストレート・左フックをヒットさせ、連打をまとめてダウンを奪う。再開後、平本は右フックで石川の動きを止めて、最後は左フックで石川を沈めた。

    第1試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R


    闘士 Toshi

    第1試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        30-26,29-27,30-26
    • ×
    x

    キム・フンジェ Kim Hun Jae

    Krushで活躍する“戦うビッグダディ”闘士と韓国ムエタイ界の新星フンジェがリザーブファイトで激突。

    1R、フンジェが左右のロー、左ミドル・ハイを蹴る。闘士は左フックと右ストレートを合わせ、左フックでダウンを奪う。

    2R、右ストレートを打ち合う両者。フンジェがローで攻撃を組み立てると、闘士は左ボディから右ストレートにつなげ、ガードを固めるフンジェに右アッパーを突き上げて、左右のフックを叩き込む。

    3R、パンチとロー&ミドルで攻めるフンジェ。闘士は距離を詰めてパンチをまとめて、パンチ&ローで前に出ていく。最後まで攻め続けた闘士が判定勝利でリザーバーの権利を手にした。

    第2試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R


    島野 浩太朗 Shimano Kotaro

    第2試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        26-30,25-30,25-30
    • ×
    x

    ハビエル・エルナンデス Javier Hernandez

    トーナメント1回戦・第1試合は昨年のKrush WILDRUSHリーグ優勝の島野と“スペインの虎”ことエルナンデス。両者とも一撃必殺のパンチを持つ激闘派だけに激しい試合が予想される。

    1R、いきなり島野がヒザ蹴りと左フックで前進。エルナンデスは左フックからパンチをまとめて右ロー、右ハイ、左フックと一気に手数を増やして前に出る。島野も左ハイキックから左フック。エルナンデスは左フックを効かせると左ボディからボディにヒザ蹴りを突き刺してダウンを奪う。

    2R、エルナンデスが右ハイキックから前に出て右ロー、左ボディと右ローを織り交ぜたコンビネーションで島野を圧倒する。何とか島野も左フックを返すが、エルナンデスが右ストレートから左ボディを叩き込んでダウンを奪う。再開後、エルナンデスが右ハイキック・左フックで襲いかかる。

    3R、ローを連打するエルナンデスが左右のフック。ハイキック、ヒザ蹴り、パンチで手数を増やし、一方的に島野を攻め続ける。ガードを固める島野にエルナンデスはボディブローとヒザ蹴り、右ストレートと左フック、右ロー。島野も左フックをヒットさせるが、逆にエルナンデスが左フックを打ち返す。このまま試合終了となり、2度のダウンを奪ったエルナンデスが準決勝進出を決めた。

    第3試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R


    卜部 弘嵩 Urabe Hirotaka

    第3試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R

    • ●
    • TKO
      • 1R 2分3秒
    • ×
    x

    カリム・ベノーイ Karim Bennoui

    Krush-60kg級王者・弘嵩がトーナメント1回戦・第2試合登場。対戦相手はこれまで数々のタイトルを獲得し、優勝候補の一角にも挙げられている“ヨーロッパ軽量級最強戦士”ベノーイだ。

    1R、サウスポーのベノーイに対して、弘嵩は右ストレートと右ミドル。ベノーイはガードを固めてワンツー、左ミドルを蹴る。弘嵩は顔面へのパンチでベノーイにガードを固めさせて飛びヒザ蹴りを一閃。これがベノーイの眉間をざっくりと切り裂き、弘嵩がドクターストップによるTKOでベノーイを下した。

    第4試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R


    山本 真弘 Yamamoto Masahiro

    第4試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 2-0
        30-29,30-29,29-29
    • ×
    x

    グァニー・バラッジ Gagny Baradji

    長らく60kg日本最強の座に君臨し、海外でも評価の高い真弘がK-1のトーナメントに満を持しての参戦。対するバラッジはフランスの立ち技格闘技サバットの世界王者で、過去にKrush-63kg級王者・山崎秀晃をKOしたことがあるハードパンチャーだ。

    1R、変則的な動きからパンチを打ち込むバラッジ。真弘は距離を取って前蹴りと左ミドルを蹴る。バラッジは離れた間合いからワンツー、真弘は右ハイキックと左右のフックを打ち込む。

    2R、バラッジが射程の長い右ストレート。真弘はガードを上げてインロー、左右のフックを打ち込む。バラッジの攻撃を空振りさせて、真弘が左ストレートと飛びヒザ蹴り。バラッジは真弘の蹴りに右ストレートを狙うが、真弘が近距離の飛びヒザ蹴りを当て、ハイキックもヒットさせる。

    3R、バラッジがワンツー、ハイキックで突進。落ち着いて距離を取る真弘が左ストレート・右ボディから飛びヒザ蹴り。ボディ打ちと顔面ヒザ蹴りでバラッジを攻め続ける。真弘が判定勝利でバラッジを下した。

    第5試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R


    卜部 功也 Urabe Koya

    第5試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R

    • ●
    • KO
      • 1R 2分5秒
    • ×
    x

    デニス・ピューリック Denis Puric

    ISKA世界ライト級王者にして、国内屈指のテクニシャンとも称される功也。対戦相手のピューリックはあのブアカーオと同じジムで練習を積むムエタイ戦士。変則的かつパワフルなパンチがを持ち味にしている。

    1R、ピューリックが右ミドル、パンチとヒザ蹴りで前に出る。サウスポーの功也はしっかりとピューリックの動きを見切って、ボディにヒザ蹴りをグサリ。これでピューリックの動きを止めてパンチとヒザ蹴りでダウンを奪う。再開後、パンチで前に出るピューリックだったが、功也はヒザ蹴りでボディを攻めてダウンを追加。功也が危なげない試合運びでピューリックをKOした。

    第6試合◎スーパーファイト/K-1 -55kg Fight/3分3R・延長1R


    戸邊 隆馬 Tobe Ryuma

    第6試合◎スーパーファイト/K-1 -55kg Fight/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        28-29,28-29,28-29
    • ×
    x

    堀尾 竜司 Horio Ryuji

    前回のプレリミナリーファイトで好勝負を繰り広げた戸邊とHIROYA擁するTRY HARD GYMの堀尾がスーパーファイトで対戦した。

    1R、戸邊がジャブと右ロー。堀尾もパンチと右ローを返し、右フックで飛び込む。戸邊は左ボディからパンチをまとめるが、堀尾が右フックを効かせて前進。戸邊の左ミドルに右フックを合わせてダウンを奪う。

    2Rも堀尾が右のパンチで前進。戸邊は左ミドルとヒザ蹴りを返し、ジャブとワンツーをヒットさせる。堀尾は戸邊のパンチをブロックして右フックを返し、戸邊は左ボディと左ハイ、右アッパーを連打する。

    3R、堀尾がパンチと飛びヒザ蹴り、戸邊の前進を前蹴りで止める。逆転を狙う戸邊はパンチをまとめてハイキック。終盤、足を止めて打ち合う展開になり、戸邊が離れ際の左ハイキックを狙うが当たらない。1Rにダウンを奪った堀尾が戸邊が判定勝利した。

    第7試合◎スーパーファイト/K-1 -55kg Fight/3分3R・延長1R


    瀧谷 渉太 Takiya Syota

    第7試合◎スーパーファイト/K-1 -55kg Fight/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        30-25,30-26,30-27
    • ×
    x

    ショウ・ロン Shou Rong

    初代・第2代Krush-60kg級王者の瀧谷が待望のK-1参戦。“中国武術総本山からの刺客”ロンを迎え撃った。4・19代々木大会で-55kg初代王座決定トーナメントの開催も発表されており、トーナメントを占う意味でも重要な一戦だ。

    1R、サウスポーの瀧谷がグルグルと回ってインローと左ミドル。そこから左ストレートにつなげて、返しの右フックでダウンを奪う。再開後も瀧谷は左ミドル・左ストレートからパンチを連打して攻め込む。

    2R、瀧谷が距離を取ってインローとミドル。手数を増やして攻め込んでいくが、ロンも右ストレートを返す。これを被弾する瀧谷だったが、左ミドルでボディを効かせてパンチを連打する。

    3R、パンチとロー、左ハイ、顔面前蹴りで攻める瀧谷。ありとあらゆる攻撃でロンを攻め込むが、タフなロンは倒れない。最後まで攻め続けた瀧谷だったがロンを倒しきることが出来ず。判定で瀧谷が勝利した。

    第8試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R


    卜部 弘嵩 Urabe Hirotaka

    第8試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R

    • ●
    • 延長判定
      • 3-0
        10-8,10-8,10-8
    • ×
    x

    ハビエル・エルナンデス Javier Hernandez

    トーナメント準決勝・第1試合は島野に判定勝利したエルナンデスとベノーイを飛びヒザ蹴りで葬った弘嵩の一戦だ。

    1R、ローを蹴り合う展開から、弘嵩がワンツーからパンチをまとめる。エルナンデスもパンチからロー、左フック・左ボディにつなげる。弘嵩はパンチとヒザ蹴りで前に出る。

    2R、弘嵩はジャブとミドル、ワンツーで前に出る。エルナンデスはブロックを固めて左右のロー。弘嵩は飛びヒザ蹴り、顔面前蹴り、右ハイキックにつなげる。徹底してパンチ&左右のローで攻めるエルナンデス。弘嵩もパンチをまとめて右ローにつなげる。

    3R、エルナンデスはパンチで前に出て右ハイキック、左フックからパンチをまとめてローを蹴る。弘嵩もヒザ蹴りとローを返して譲らない。エルナンデスは弘嵩を右足を狙って奥足ローを集中砲火。弘嵩は右ハイキックとパンチで反撃する。

    本戦の判定はジャッジ1名が29-28でエルナンデスを支持したものの、残り2名は29-29のイーブンとし、試合は延長戦に突入する。

    延長R、エルナンデスは奥足ローを連打して、左ボディ・右アッパーとパンチで攻め込む。弘嵩もガードを上げて右ローを蹴るが、エルナンデスが右ストレート・左フック、左アッパーと左ハイを飛ばす。エルナンデス優勢のまま試合が進むが、終了直前に弘嵩の渾身の左フックがエルナンデスを捉え、エルナンデスがダウン。この一発が決め手となり、弘嵩が大逆転勝利で決勝進出を決めた。

    第9試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R


    卜部 功也 Urabe Koya

    第9試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R

    • ●
    • KO
      • 1R 2分44秒
    • ×
    x

    山本 真弘 Yamamoto Masahiro

    トーナメント準決勝・第2試合は真弘と功也の日本人対決。真弘は1回戦でバラッジに僅差の判定勝利、対する功也はピューリックに1RKO勝利での準決勝進出となった。

    1R、お互いサウスポーの両者。功也が右ローと右ミドル、真弘も右ローを蹴る。顔面前蹴りを見せる功也は奥足ロー、ジャブと右ローで前に出る。真弘も右ローを蹴り返して、ボディ打ちで前進。功也はジャブ・ワンツーからインロー・奥足ローにつなげ、これで真弘の動きが止まる。

    一気に手数を増やす功也はロープを背負う真弘に奥足ローを連打すると、真弘がダウン。そのまま立ち上がることが出来ず、功也が圧巻のKO勝利で兄・弘嵩の待つ決勝に駒を進めた。

    第10試合◎スーパーファイト/K-1 -70kg Fight/3分3R・延長1R


    佐藤 嘉洋 Sato Yoshihiro

    第10試合◎スーパーファイト/K-1 -70kg Fight/3分3R・延長1R

    • ●
    • KO
      • 延長1R 2分08秒
    • ×
    x

    サニー・ダルベック Sanny Dahlbeck

    K-1MAXで活躍した“日本中量級の帝王”佐藤が「K-1で世界一になる」という野望を掲げてK-1のリングに戻ってきた。対戦相手は2012年に対戦し、KO負けを喫しているダルベック。佐藤にとっては因縁の相手とのリベンジマッチとなった。

    1R、サウスポーのダルベックが左ストレート、左ミドルで前に出る。佐藤も右ミドルと右ストレート、インローを返す。ダルベックは距離を取りながらタイミングよく左ストレート・左フックを当て、左ミドルと左ハイ。佐藤は右ロー、右ストレート、ヒザ蹴りで前に出る。

    2R、佐藤は前足へのローと右ストレート。ダルベックは左ストレートと左ヒザで迎え撃ち、佐藤もヒザ蹴りで前に出る。ダルベックは距離が詰まると左フック。佐藤は前に出てヒザ蹴り、バックブローも繰り出すが、ダルベックの左ストレートがヒットする。

    3R、右ストレートと右ローの佐藤。ダルベックは左ストレート、左アッパー、左フックを叩き込む。佐藤も右アッパーを当てて、ヒザ蹴りで応戦するが、ダルベックは左ストレートと左ハイ。佐藤が左フックを返したところで試合終了となった。

    判定はジャッジ1名が29-28でダルベックを支持したものの、残り2名は29-29とイーブンで延長戦へ。

    延長に入るとダルベックが右フックと左ボディストレートで攻め立て、左ハイキック。これが佐藤の顔面を捉えて、佐藤がダウンを喫する。何とか立ち上がる佐藤だったが、ダルベックが左ストレートで佐藤をなぎ倒し、佐藤をマットに沈めた。

    第11試合◎スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R


    ゲーオ・ウィラサクレック Kaew Weerasakreck

    第11試合◎スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 2-0
        28-29,28-29,28-28
    • ×
    x

    木村“フィリップ”ミノル Kimura "Philip" Minoru

    K-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオがスーパーファイトに登場。対戦相手は“戦慄のブラジリアンフック”で数々の敵をマットに沈めてきた木村。

    前日会見でゲーオは「(木村は)11月のトーナメント1回戦でKO負けしていて、自分もKOしなければいけないと思う。4秒でKOする」と豪語し、木村も「早くゲーオを殴り倒したい。明日の試合には木村”フィリップ”ミノルの人生がかかっていることを忘れないで欲しい」と覚悟を語った。

    1R、ゲーオがいきなり右の前蹴りと左ハイキック。距離を取った木村は左フックから右ストレート、ゲーオはインローと左ミドルを蹴って、左ハイキックを狙う。パンチの距離に持ち込みたい木村だったが、ゲーオが左ミドルで木村の前進を止めて、左フックとボディストレートを見せる。

    2R、ゲーオの左ミドルと木村の右ストレートが交錯。ゲーオはインローと左ミドル、ここから左ストレートにつなげてヒザ蹴りを連打する。K-1ルールでは反則となる両手で掴んでのヒザ蹴りがあったとしてレフェリーから注意を受けるゲーオだったが、再開後も強烈な左ミドルで木村に距離を詰めさせない。

    3R、ゲーオが強烈な左ミドルを連発。木村も必死に右ストレートを返すが、ゲーオのジャブ&左ハイキックに行く手を阻まれる。徐々に手数を増やして前に出ていくゲーオ。ロープを背負った木村に左ストレートで飛び込むが、そこに木村がカウンターの左フック。これでゲーオがバランスを崩し、木村がゲーオからダウンを奪う。再開後、ゲーオはパンチとヒザ蹴りで猛攻に出るが、木村も必死にクリンチ。3Rにダウンを奪った木村が判定2-0でゲーオを下す大金星を挙げた。

    試合後、木村は「どんなもんじゃ!」と絶叫。「試合まで色々と言われたけど、人間は成長できることを証明したかった」と声を震わせ「スターがいない、カリスマがいない。そんなK-1はもう終わり。俺がいるから。みんな安心して俺についてこい!」とファンに向けて大絶叫した。

    第12試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R


    卜部 功也 Urabe Koya

    第12試合◎K-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

    • ●
    • 判定
      • 3-0

        30-27,30-27,30-27
    • ×
    x

    卜部 弘嵩 Urabe Hirotaka

    -60kg初代王座決定トーナメント決勝は卜部弘嵩VS功也による兄弟対決となった。弘嵩は1回戦でベノーイ、準決勝でエルナンデスとヨーロッパの強豪を撃破しての決勝進出。対する功也は1回戦(VSピューリック)・準決勝(VS真弘)と連続KOで決勝まで勝ち進んだ。

    1R、弘嵩はサウスポーの功也に対して右ミドルと右ストレート。功也はジャブを当てて、準決勝でダメージを負っている弘嵩の奥足を狙ってローを蹴る。お互いに中間距離でパンチを打ち合う攻防の中、功也が奥足へのローで弘嵩の動きを止める。

    2R、弘嵩は右ハイキック、左フックと右ストレート。功也も左ストレートと右フック、そこから奥足ローを蹴って弘嵩の動きが止まる。ロープにもたれかかるようにして何とか立ち続ける弘嵩。そこに功也は容赦なくローキックを蹴り、さらにはハイキックまで飛ばす。ラウンド終了後、弘嵩は地力で自陣コーナーまで戻ることが出来ない。

    3R、右足にダメージが残る弘嵩だが、必死に前に出てパンチでラッシュ。功也も奥足ローで弘嵩の動きを止める。弘嵩も最後の力を振り絞って右のヒザ蹴りを見せるが、功也はジャブ、ワンツー、奥足ロー。さらに左ストレートを突き刺して弘嵩を攻め込み、試合終了のゴングが鳴った。

    判定は3-0で功也が勝利。功也が弘嵩との兄弟対決を制して、K-1 WORLD GP-60kg王者の栄光を手にした。