大会情報

  • 日程 2022年03月26日(土)
  • 会場 後楽園ホール
  • 開催日時概要

    17:00開場/17:30プレリミナリーファイト開始/18:00開始

大会概要

  • 主催・後援

    ◆主催・著作 Krush実行委員会
    ◆企画・制作 株式会社M-1スポーツメディア
    ◆運 営   株式会社グッドルーザー

対戦カード

プレリミナリーファイト第1試合/Krushフェザー級/3分3R


小松 貴哉 Komatsu Takaya

プレリミナリーファイト第1試合/Krushフェザー級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:29/30:29/30:29
  • ×
x

啓斗 Keito

1R、オーソドックスの両者はローを飛ばしてまず探り合う。互いに距離を探ってなかなかパンチの間合いに入らない。小松は終盤カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)、ミドル、バックキックと蹴りの種類を増やしていく。2Rも両者蹴りの攻防が続く。左右ローの啓斗に対し、小松はミドル、カーフと蹴りに力を込める。ジリジリ前に出るのは小松。啓斗はミドルを受け左わき腹が赤くなっている。

3R、小松は伸びのあるジャブでとらえ、そこからミドル、ローで啓斗をとらえる。啓斗もローを返すが、小松を下がらせるまでには至らない。小松のローに啓斗は右ストレートをカウンター。しかしその後は小松がジャブから左右フックを繋いでリードし試合を終える。判定は30-29、30-29、30-29の3-0で小松。これで戦績を4戦3勝1敗とした。

プレリミナリーファイト第2試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R


北村 夏輝 Kitamura Natsuki

プレリミナリーファイト第2試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 1-0
      30:29/30:30/30:30
  • ×
x

宮川 太陽 Miyakawa Taiyo

1Rのゴングが鳴ると宮川はグローブを上げて北村に向かいパンチの連打で迫る。宮川は左ボディフックで叩き、右ストレートをヒット。この圧力に押されていた北村だが、右フック・右クロスと軌道を変えた右のパンチでヒットを上げる。ヒザもボディに入れる北村だが、依然として宮川は前進を止めない。

2Rも宮川は顔の前にガードを立てて向かう戦法を続行。北村はアッパーを突き上げ、宮川を押し戻してストレート。北村は距離を作れるようになり、ミドル、ボディへのヒザ、ストレートとヒットを増やす。だが宮川はダメージを見せず、前に出てストレートとローで反撃する。

3R、前に出て接近戦を仕掛ける宮川。北村はこれを押し返し、ボディへのヒザ、アッパーと打ち込む。宮川はしかし圧力を緩めず、左右のローキックに繋げる。北村もこれにプッシングしてのヒザで対抗。両者拮抗して試合終了となる。判定は30-29、30-30、30-30で北村に1票入るもドロー。北村は声を上げ、宮川は首を傾げ、それぞれ悔しさを見せ退場した。

第1試合/Krushバンタム級/3分3R・延長1R


藤田 和希 Fujita Kazuki

第1試合/Krushバンタム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 2R 0分46秒
  • ×
x

豊田 優輝 Toyoda Yuki

1R、サウスポーの豊田が左ストレートを当てていく。序盤は被弾した藤田だが、目が慣れたか徐々に前に出てローを当て、右ストレートから返した左フックで豊田をダウンをさせる。
立ち上がった豊田に藤田は左フックを再び当て、そこから連打でスタンディングダウンを追加して初回を終える。

2R、右の三日月蹴りを入れた藤田は、そこから今度は右ストレートで豊田をダウンさせる。豊田は立ち上がるもダメージがあり、藤田は右フックで4度目のダウンを与えてフィニッシュした。

藤田のマイク
「今回やってきたことが試合で出せてよかったです。ベルトに絡めるような試合お願いします。3試合目に同じジムの立基が出るのでお願いします」

■試合後の藤田和希のコメント
「練習でやってきたことが本当に全部出たかなと思います。(対戦相手の印象は?)あっちからも倒す気が感じられたので、最初から打ち合えたのかなと思います。(今後の目標は?)ベルトだけです」

第2試合/Krush女子アトム級/3分3R・延長1R


MOE Moe

第2試合/Krush女子アトム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 3-0
      10:9/10:9/10:9
  • ×
x

森川 侑凜 Morikawa Yuri

1R、森川はバックブローから入り、右ストレートをヒット。さらに右フックを強振してMOEを追う。MOEはしかし横へステップして圧力をかわし、カウンターの右ストレートを打ち込む。ボディへの前蹴りも突き刺すMOE。

2R、MOEは左ミドル、前蹴りで森川をパンチの間合いに入らせず、ヒットを許さない。しかし進入を阻んでも森川は前進を止めず、右・左のフックでMOEを襲う。しかしMOEは距離をあけ、ジャブと蹴りを当てる。

3R、森川は前進と圧力を強め、左フックと右ストレートでラッシュ。MOEは距離をあけて蹴りを入れたいが、森川はそれを潰してパンチを浴びせていく。顔面前蹴りのMOE。ロープに詰めてパンチを振るう森川にMOEも応戦。打ち合いで終了のゴングが鳴る。判定は30-28(MOE)、30-29(森川)、29-29の1-1でドロー。延長戦に突入となる。

延長R、森川が前に進んでフックとミドルを放つが、MOEは早めに横・後ろにステップして距離を作り、ジャブとストレートで応戦する。両者消耗戦となるが、MOEは連打をまとめそこからボディにミドルキック。判定は3者10-9でMOE。勝利が決すると吠えるように声を発し表情を崩した。

■試合後のMOEのコメント
「久々の試合で、久々の勝ちでめっちゃうれしかったです。(対戦相手の印象は?)最後まで気が強くてずっと前に来て、むっちゃやりづらかったです。(今後の目標は?)今日みたいな試合内容じゃ6月のK-1女子大会にアピールできないと思うんですけど、6月までにしっかり仕上げるんで(K-1女子大会に)出れたらいいなと思います」

第3試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R


立基 Riki

第3試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:28/30:28/30:28
  • ×
x

秀樹 Hideki

1R、身長で12㎝上回る立基がサウスポーの秀樹に右ミドルを当てていく。先手で攻める立基は左カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)、右ミドルと蹴りを当て、秀樹に対しリーチ差を活かして間合いに入らせない。

2Rも立基は間合いを保ち、変わらず右ミドルと左カーフを当てていく。これに対し秀樹は右フックと左ストレートを振るって迫るが、やはり立基に距離を取られる。そこから間合いを詰めるのに成功した秀樹だが、立基に偶発性ではあるもののバッティングを受けてしまう。

3R、詰めてくる秀樹に対し立基はボディへのヒザとボディブロー。秀樹は左ストレートと右フックを強振。立基はしかしガードを上げてこの強打をヒットさせず、ボディへのヒザ、右ストレートを当てる。判定は30-28、30-28、30-28の3-0で立基。秀樹の強打を封じ込んで勝利した。

■試合後の立基のコメント
「今回は倒す意識があったんで、倒したかったんですけど…。完封も目標だったので完封できてよかったです。(対戦相手の目標は?)パンチは警戒していたので、実際にパンチを受けて『めっちゃパンチあるな』と思ったで倒しに行けなかったことは反省点です。ただ自分の方が格上だというのを分からせたかったので、そこはよかったです。(今後の目標は?)フェザー級の選手が増える中で自分という存在を知られてなかったと思うんですけど、そういうやつらを見返したくて練習してきました。これからフェザー級の面白い選手とどんどん当ててもらって、自分の方が強いってところを見せて最終的にはベルトを巻きます」

第4試合/Krush女子ミニマム級/3分3R・延長1R


真美 Masami

第4試合/Krush女子ミニマム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      27:30/26:30/26:30
  • ×
x

美伶 Mirei

1R、美伶は左右に構えをスイッチしながら蹴りを放っていく。真美がパンチを放つとすぐに蹴りやパンチをリターンし、連打からの左フックを決めてダウンを奪う。立ち上がった真美も、美伶のフックを空振りさせて右ストレートを当てる。

2R、打ち合いの中で右ストレートを当てる真美。しかし美伶もすぐ打ち返して左フックを当てる。美伶はサウスポーに変わり、ミドルから繋いだ左フックで真美をとらえる。だが真美も前に出て圧力を発し右ストレートを当てる。

3R、前に出る真美だが、美伶はそこに左フックをカウンターで合わせ、カーフキックも打ち込む。真美は右ストレートを伸ばしつつ前に出て行くが、美伶は左フック・右ストレートとカウンターで返していく。判定は30-27、30-26、30-26の3-0で美伶。ダウンを奪い勝利した。

■試合後の美伶のコメント
「とにかく勝ててよかったです。(対戦相手の印象は?)もっと突っ込んできてグチャグチャになると思ったんですけど、結構様子を見てきたり、思っていたのとは違ったなと思います。(今後の目標は?)高梨(knuckle美穂)選手にやり返すことしか考えてないんで、6月にやり返すチャンスがあればいいなって思います」

第5試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R


宮崎 勇樹 Miyazaki Yuki

第5試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 1分53秒
  • ×
x

石田 龍大 Ishida Ryota

K-1甲子園2019王者で今回がプロ4戦目の石田。対する宮崎は20戦以上のキャリアを誇る実力者だ。1R、石田がサウスポーからのハイキック。そこから距離をあけて立ち、宮崎が入ってきたところに左ストレートをカウンターで合わせダウンを奪う。立ち上がり攻め手を探る宮崎だが、石田は再び左ストレートを滑り込ませる。右フックも重い音を立てて打ち込んでいく石田。

2R、宮崎が距離を詰めようと前に出ても、石田はスッと下がって間合いを詰めさせない。左ミドルもバチンと音を立て、宮崎を懐に入れさせない。左ストレートから入って右フックの連打、そしてバックブローと石田は宮崎を攻める。

3R、宮崎は前進を強め右ストレートを振るっていくが石田はガードでこれを弾き、逆に左ストレートのカウンターから連打をまとめスタンディングダウンを奪う。続いてやはり宮崎の右への左ストレートカウンターから連打で打ち倒しKOで決めた。

石田のマイク
「やっとKO勝ちすることができて素直に嬉しいです。これからに期待していてください」

■試合後の石田龍大のコメント
「初めてKO勝ち出来てうれしいです。(対戦相手の印象は?)予想通りでした。(今後の目標は?)早いうちにKrushのベルトを狙いに行くので楽しみにしてい下さい」

第6試合/Krush女子フライ級/3分3R・延長1R


真優 Mahiro

第6試合/Krush女子フライ級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      29:30/29:30/29:30
  • ×
x

鈴木 万李弥 Suzuki Mariya

真優がKrush初参戦の鈴木を迎え撃った一戦。1R、鈴木が踏み込んでのワンツーを振るう。真優はこれに足技中心に対抗。前蹴り、ミドルを入れ、鈴木はこれにパンチで向かうが、真優の蹴りに阻まれてしまう。

2Rも真優はロー、ミドルと放ち鈴木をリズムに乗らせず、間合いに入らせない。しかし両者距離が近くなるとバッティングが見られ試合が中断する。再開後、真優は意を決して左フックと右ストレートを連打するが、再びバッティングとなってしまい、真優にインターバルが与えられる。ミドル、ヒザからパンチ連打に繋げる真優だが、体幹の強さを感じさせる鈴木もこの打ち合いに応じ逆に真優を下がらせる。

3R、両者打ち合いとなり、パンチでは鈴木が右フック・左フックと優勢だが、真優はセコンドの指示に従い距離をあけてミドルとローを当てていく。間合いを詰めてのパンチを狙う鈴木は、真優に距離を作らせず連打で攻めて押し終了する。判定は30-29、30-29、30-29の3-0で鈴木。Krush初参戦を白星で飾った。

■試合後の鈴木万李弥のコメント
「すごい相手選手も強い気持ちだったので、乱暴な試合にはなってしまったんですけど、熱い試合ができたかなと思います。(対戦相手の印象は?)試合後に挨拶にいってきたんですけど、悔し涙を流していて。でも笑って応えてくれて良い選手だなと思いました。(Krushの印象は?)思っていた通りにレベルの高い選手も多くて面白い大会でした。(今後の目標は?)しっかり実力をつけて戦える選手に育つことと、6月のK-1女子大会に出て盛り上げていけたら良いなと思います」

第7試合/Krushスーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R


山崎 陽一 Yamazaki Yoichi

第7試合/Krushスーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      28:30/28:30/27:30
  • ×
x

夜叉猿 Yashazaru

約3年半ぶりの復帰戦となる山崎と夜叉猿が対戦。1R、山崎は右クロス、右ローで先制するが、夜叉猿もこれで臆さず同じように右ストレート、右ローを返していく。山崎が左フックを当てても夜叉猿は勢いを落とさない。間合いを詰めフック・アッパーとパワフルに振るう夜叉猿。さらにカーフを効かせ、夜叉猿は飛びヒザも見せる。山崎が左ボディフックを入れれば、夜叉猿も同じ左ボディフックを返す。

2R、体の強さを感じさせる夜叉猿は前に出てパンチの連打を山崎にガードさせ、そこから右ローを効かせる。山崎はロープを背にするも、夜叉猿の打ち終わりに右ストレート、左フック、ヒザと返していく。山崎、夜叉猿の順に両者カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)を打ち合う。

3R、右ローを効かせて夜叉猿が出るが、山崎は右フック・左フックと打ち返して効かせる。だが夜叉猿も応戦し、左フックから右ローで山崎を転倒させる。夜叉猿はなおもローを止めずに攻める。山崎はフックを振るうが、夜叉猿はそこにカウンターの右ローを合わせてダウンを奪う
山崎は立ち上がりパンチを振るって挽回に向かうが及ばずゴングとなる。判定は30-28、30-28、30-27の3-0で夜叉猿。ベテラン山崎から勝利をもぎ取った。

■試合後の夜叉猿のコメント
「山崎選手はずっと尊敬していた選手で、僕の憧れとマラット・グレゴリアンと勇敢に打ち合って、ホンマにすごいなと思ってました。そうやって尊敬してるからこそ絶対に勝ちたいと思って、テクニックでは足元にも及んでなかったんですけど、僕にはパワーしかないと思っていたんで、それでねじ伏せて何とか勝つことが出来ました。(対戦相手の印象は?)想像していたようにテクニックがあって、僕の攻撃にカウンターを合わせて来て。効いたところはありました。でも逆にパワーが通用するところもあって、ローキックを蹴り続けてダウンを取ることができました。本当に諦めずにローキックを蹴れたからこそ勝てた試合やし、蹴り続けていなかったらここでしゃべっているのは山崎選手やったかもしれないし。本当に勝ててよかったです。(今後の目標は?)これといったものがあるんですけど、まだ口にする資格はまだないと思っています。一戦一戦勝って、目標をみなさんの前で言えるような選手になりたいです。まずは与えられた一戦一戦勝って、お客さんを喜ばせられる選手になろうと思います

第8試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R


晃貴 Koki

第8試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 2-0
      28:27/28:28/28:27
  • ×
x

小倉 尚也 Ogura Takaya

晃貴は昨年9月のK-1横浜アリーナ大会で金子晃大に飛びヒザでKO負けして以来の再起戦。対する小倉も3連勝した後のKrushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント一回戦で内田晶に敗れており、どちらも再起を懸ける一戦となる。

1R、晃貴は無理に前へ出ず、自ら下がって小倉を誘い、右ストレートと左フックのカウンターを強振。小倉も右クロス、左フックを振り返して打ち合うが、晃貴がヒットで上回る。晃貴はなおも小倉を打ち合いに引き込み、右ストレートのカウンターでダウンを奪う。ダメージの残る小倉に晃貴は再びの右ストレート、左フックを打ち込むが、ここは小倉が持ちこたえる。

2Rが始まると小倉は前に出ていく。晃貴は小倉のパンチをブロックで弾き、前蹴りを返す。左フックを放つ晃貴だが、その打ち終わりに小倉は右ストレートを打ち込みダウンを奪い返す。
立ち上がった晃貴は打ち合いに臨み、両者左フックと右ストレートで互角の展開で終了。

3Rも両者は打ち合いを展開。晃貴のパンチをブロックし、小倉はカーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)をリターンする。だが晃貴も右ストレートを連続で当て小倉を下がらせる。小倉も左フックと右クロスを返すが、ブロックしながら体圧で押す晃貴がやや優勢か。両者頭を振って強振し、最後に晃貴が右ストレートを当てて試合を終える。判定は28-27、28-28、28-27の2-0で晃貴。復活勝利を収めた。

■試合後の晃貴のコメント
「9月に負けて、今回が復帰戦で勝ててホッとしています。(対戦相手の印象は?)気合いで戦う選手だと分かったんですけど、実際にやってもっと気合いがすごいなと思いました。絶対に倒れるだろうってパンチでも倒れなくて、気合いがすごかったです。(今後の目標は?)K-1の世界チャンピオンを目指して頑張っているので、絶対にチャンピオンになります」

セミファイナル(第9試合)/Krushバンタム級/3分3R・延長1R


松谷 桐 Matsutani Kiri

セミファイナル(第9試合)/Krushバンタム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      25:29/25:30/25:30
  • ×
x

野田 蒼 Noda Aoi

昨年9月からKrushに参戦している松谷は、ここまで2戦2勝だがKO勝ちはない。野田は昨年5月のK-1バンタム級日本最強決定トーナメントで壬生狼一輝と僅差の勝負を演じて以来の試合。両者ともにインパクトある勝ち方で、バンタム級王座への挑戦をアピールしたいところだ。

1R、松谷がサウスポーから左ミドル、野田がオーソドックスから右ミドルと互いに強い蹴りを当て合う。松谷は圧力を掛けコーナーに追い込むが、野田はそこからグッと前に出出て右ストレートを当て、松谷のアゴを跳ね上げる。右ボディフックも打ち込んだ野田は、左アッパーから右ストレートにつなげてダウンを奪う。立ち上がる松谷だが焦りが見え、野田はすかさず右ストレートを打ち込み2度目のダウンを奪う。

2R、ロープを背にする野田だが、松谷を誘っているか。そしてそこから素早い飛び込みで松谷を襲う。松谷が前に出ても野田はいち早く察知し左回りして松谷にとらえさせない。

3Rもやはり野田はロープを背にして立ち、カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)を入れつつ左回りして松谷の圧力をかわしていく。そして死角から右フックを打ち込み、この試合3度目となるダウンを奪う。挽回に出る松谷だがダメージも焦りもあり、大きなヒットとダメージを与えられず終了となる。判定は29-25、30-25、30-25の3-0で野田。3度のダウンを奪い大差で勝利した。

■試合後の野田蒼のコメント
「倒すという部分ではちょっとは変わったところを見せられなかったと思います。すごく勝てて安心しています。(対戦相手の印象は?)1Rで倒せるつもりでやってたんですけど、パンチが当たらないというのが最初に思った感想で。蹴りも重くて途中で心が折れそうになったんですけど。支えてくれた人たちに勝って恩返ししたかったので、それが心にあって勝つことができました。(距離を取る作戦?)本当はプレスをkけるつもりやったんですけど、向かい合った時に松谷選手が予想以上に大きく見えて、プレッシャーのかけ方とか足の位置取りも嫌で。それで元の自分に戻ってしまっちゃいました。でも所々でではフェイントをかけて倒すというところは見せられたと思うので、進歩は見せられたかなと思います。(今後の目標は?)地味なチャンピオン僕が倒して、僕がチャンピオンになろうと思うので。すぐタイトルマッチお願いします」

メインイベント(第10試合)/Krushバンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R


壬生狼 一輝 Miburo Kazuki

メインイベント(第10試合)/Krushバンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-2
      29:30/30:30/29:30
  • ×
x

池田 幸司 Ikeda Koji

 壬生狼は昨年3月にプロ無敗のまま、Krushバンタム級王座に就いたものの、5月のK-1バンタム級日本最強決定トーナメントでは決勝で黒田斗真に敗れ、ダイレクトリマッチとなった12月のK-1大阪大会でも黒田に敗れた。一方の池田はK-1カレッジ2019 -55kg王者で、ABEMA「格闘代理戦争」にも出場。昨年5月のK-1バンタム級日本最強決定トーナメントでは一回戦で黒田斗真に敗れたものの、そこから2連勝を収めて今回の挑戦権を掴み取った。

1R、リーチで勝る池田はジャブとローで壬生狼をけん制し懐に入らせない。しかし壬生狼が右ストレートをヒット。壬生狼はスピードある動きで池田をかく乱。左ボディフックと右ローも池田に当てる。

2R、ジャブと前蹴り、長い攻撃で壬生狼を止めたい池田だが、壬生狼はスッと間合いに入って左ボディフックを打ち込む。壬生狼の入り際にローとカーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)を入れる池田だが、壬生狼はダメージを見せない。しかし徐々に池田が前に出て壬生狼を押していく。池田はカーフキックとショートアッパーで壬生狼を攻め、飛びヒザも壬生狼に打ち込む。

3Rも池田はプレッシャーをかけて前に出る。壬生狼はフットワークで回りながらアッパー・フックを放って応戦するが、池田は止まらない。身長差による圧力を活かしての押し合いで壬生狼の体力を削る。その上で左右のストレート、左・右と壬生狼にフックを当てる。鼻血の見られる壬生狼。判定は判定は30-29、30-30、30-29の2-0で池田。接戦を制し新王者となった。

池田のマイク
「こうやってずっと望んでいたベルトを巻けたのは応援してくださっているみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。これからはK-1の初代バンタム級チャンピオンを目指して頑張ります。運営のみなさんもありがとうございます。もっと頑張ります」

■試合後の池田幸司のコメント
「ずっと狙っていたKrushのベルトを取れてうれしいです。(ローキックは作戦?)全く作戦と違って、自分の長い距離で終始戦って相手に何もさせないで自分の攻撃だけ当てて…という作戦でした。でも壬生狼選手はすごく戦い方が上手でペースを握られちゃった部分もありました。(前半はパンチで押されていたが?)壬生狼選手がパンチで来て、ジャブと蹴りでいく作戦だったんです。中盤まではできたんですけど、思ったより壬生狼選手のパンチが強くてガンガン来て、相手の距離になったのが反省点です。(最後に攻撃をまとめられたのは?)自分の距離で戦えないと思ったので、相手の距離でもいいから前に出て。下がらないように意識しました。(どんなチャンピオンになりたい?)防衛戦でも圧倒して勝って、他の選手とは一味違うってところを見せたいと思います。(リングでもアピールしたK-1のベルトについては?)去年バンタム級が出来て、まだ誰もK-1のベルトを巻いてないと思うので、僕がそれを巻きたいです。(これから戦いたい相手は?)黒田斗真選手にリベンジしたいです。(ファンのみなさんへのメッセージ)バンタム級を背負える選手になりたいです」

■試合後の壬生狼一輝のコメント
「まずファンのみなさん、すまんかった。そうじゃのう。正直、池田選手、強かった。ワシも3連敗か………くやしい。ベルトもなくなって、またゼロから頑張るよ。(予想以外の展開はあった?)フィジカル面では、ワシの方が上と思っとったら、そこも池田選手は強かった。倒すつもりでいったから、こういう結果になった。倒せんかったワシが悪い。(ローキックのダメージは?)試合中は聞いてないと思ったが、今は立てんくらいに効いとるわ」


 

選手登録