大会情報

  • 日程 2020年09月26日(土)
  • 会場 後楽園ホール
  • 開催日時概要

    17:00開場/18:00開始

大会概要

  • 主催・後援

    ◆主催・著作 Krush実行委員会
    ◆企画・制作 株式会社M-1スポーツメディア
    ◆運 営     株式会社グッドルーザー

対戦カード

プレリミナリーファイト第1試合◎Krushフェザー級/3分3R


水津 空良 Suizu Sora

プレリミナリーファイト第1試合◎Krushフェザー級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:25/30:25/30:25
  • ×
x

しの Shino

 1R、水津はサウスポーから左の蹴りを飛ばしていく。そして後ろ回し蹴りから繋いだ左フックでしのをとらえる。さらに水津は左ミドルをボディに入れるが、しのも打ち合いで右フック・左フックで水津をとらえる。

 2R、しのは離れた位置から飛び込んで右ストレート・左フックを振るう。だが水津はその合間にショートの右フックを放って当て、これでしのに片膝をつかせてダウンを奪う。水津はさらに左ハイを当てるなど優勢だが、強引に攻め込むことはなく冷静にミドル・ローを入れてしのの出方を見る。

 3R、水津はミドル、カカト落としを見せてしのから距離を取る。右ストレートで切り込まんとするしのだが、水津のガードに阻まれる。ボディストレート、ジャンプしてのミドルと放つしのだが水津を崩せない。逆に水津が左ハイキックを当て、しのはこれにゆっくり横向きとなり、ダウンが宣告される。水津は左ストレート、右フックとさらに強振するがダウンの追加はならず試合終了となる。判定は30−25、、30−25、30−25の3−0で水津。これでプロでの負けなし記録を4に更新した。

第1試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R


林 京平 Hayashi Kyohei

第1試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 1分31秒
  • ×
x

岡嶋 形徒 Okajima Keito

 Bigbang王者・林とプロ無敗の岡嶋が対戦。1R、ともにオーソドックスでローを蹴り合う。林はローに加え左ミドルも入れ、岡嶋の進入を阻む。岡嶋が前に出てくると、林は左フックを放ってヒット。林はさらにローでも岡嶋をとらえる。

 2Rも林はローとミドルで距離を取らんとするが、岡嶋は飛びヒザとそこから左フックを当てる。林は再び蹴りの組み立てに戻ってローを当てる。岡嶋は再度飛びヒザを見せ、そこから右ストレートを伸ばすが、林も左フックと右クロスで迎え撃つ。岡嶋は林の蹴りを受けても圧力をかけて右ストレートを伸ばす。そしてラウンド終盤、その右ストレートを当てて林からダウンを奪う。

 3R、林はダウンの挽回に左フックとローを放つが、岡嶋も勢いを増して右ストレートで突進。林のパンチをかわして直後に右ストレートを打ち込みダウンを奪う。再開後、岡嶋が林のジャブをかわした直後に右ストレートを打ち込んで、この試合3度目のダウンを奪い、KOで勝利した。

岡嶋形徒
「1Rは様子を見て2・3Rに上げていこうと思ったんですけど……あんまり上がらなかったですね。(対戦相手の印象は?)もっと身長が高くてリーチが長いと思ったんですけど、僕の方がリーチが長くてそこまでやりにくくなかったです。(準決勝は森坂陸と対戦するが?)森坂選手は蹴りを散らす選手という印象です。(今後の目標は?)今日は一戦一勝できたんで、次は2試合勝ってベルトが一番似合う男になります」

第2試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R


森坂 陸 Morisaka Riku

第2試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:28/30:28/30:27
  • ×
x

山浦 力也 Yamaura Rikiya

 トリッキーな蹴り技を得意にする森坂とK-1甲子園2018王者・山浦が激突。1R、森坂は開始から先手を取って左ミドル・右ロー、左フックと攻める。山浦も後手となりながらも左フックとローを返すが、森坂がミドル・バックスピンキックと手数と多彩さある攻撃を見せる。

 2Rも森坂は出入りの多い動きを続行。山浦はガードを固めて前に出ていくが、森坂は出入りの動きからサークリングに変化。山浦は森坂のスピードに慣れ距離も掴めてきたか、ジャブ・左フックと当て始める。

 3R、山浦はローを当てて前に出ていく。森坂もロー、ボディへの後ろ回しと当てるが、山浦は勝利への気迫を見せて下がらない。森坂の左ミドルを受けても山浦はプレスを弱めず、右ストレート・左フックと振るう。森坂が跳びヒザ、山浦が左フック・右ストレートと攻撃を出し合うが、ここで森坂が放ったバックブローがヒット。山浦が終了間際に痛恨のダウンを喫する。判定は30−28、30−28、30−27の3−0で森坂。接戦から土壇場でダウンを奪い勝利を決めた。

第3試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R


玖村 修平 Kumura Shuhei

第3試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 0分40秒
  • ×
x

秀樹 Hideki

 網膜剥離で長期欠場を余儀なくされた玖村が階級をあげて復活。捨て身ファイトが身上の秀樹と対戦した。1R、サウスポーの秀樹に対し、玖村は右ミドルを1発・2発と入れていく。玖村は右の蹴りの高さを変え、秀樹の顔面もとらえる。秀樹は左ストレートを放つが、玖村は目先でかわして右ストレート。秀樹は蹴りの間合いを潰さんと前に出るが、玖村はスッとバックステップして蹴りの間合いに戻してしまう。終盤、秀樹にローブローが見られたが、玖村は集中を切らさず、短い時間で試合に戻る。

 2R、右ミドルを浴びる秀樹だが、受けた直後に左フックを返して玖村をとらえる。秀樹はこのパンチに手応えがあったか、自信を感じさせ前に出る。だが、玖村も右の蹴りの本数を増やし秀樹を遠ざける。ミドルとハイを蹴り分けて進める玖村。そして飛びヒザから右ストレートにつないで、秀樹を腰砕けにしてダウンを奪う。再開後、玖村は立ち上がった秀樹に連打をまとめ、2度目のダウンを奪う。

 3R、前に出る秀樹だが、玖村はそこへ右ストレートをカウンターで突き刺しダウンを奪取。最後は玖村が飛びヒザから右ストレートにつなげ、KO勝利で準決勝進出を決めた。

玖村のマイク
「僕は1年前に網膜剥離という大きな怪我をしてしまって、このリングに上れるなんて思っていなくて、本当に怖かったです。でもジムのトレーナーや仲間に支えてもらいました。トーナメントなので準決勝・決勝を勝ってチャンピオンになろうと思うので、ぜひ11月も会場で応援してください。メインも僕の弟がタイトルマッチで守ってくれると思うので、ぜひ見守ってあげてください」

■試合後の玖村修平のコメント
「1年ぶりの復帰戦で不安もあったんですけど、なんとかKOで勝ててホッとしています。(対戦相手の印象は?)パンチが強い印象がで、思ったより打たれ強かったです。1Rから倒れてもおかしくない攻撃が入ったのに倒れなくて。逆にパンチが強くて危ない場面もありました。(準決勝では新美貴士と対戦するが?)秀樹選手と同じようなタイプで頑丈でガンガンプレッシャーをかけてくると思います。今日と同じようにはいかないと思いますが、今日以上の倒し方をして決勝につなげたいと思います。(今後の目標は?)Krushのフェザー級は歴代すごいチャンピオンが巻いてきたベルトです。僕が準決勝の4人のうち一番覚悟があると思うし、ベルトが一番似合うと思います。これから試合までベルトが似合う選手になれるように練習して、2試合倒してチャンピオンになりたいと思います」

第4試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R


新美 貴士 Niimi Takahito

第4試合◎第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R

  • ●

    • 脱水症状で計量不参加・不戦敗
  • ×
x

知良 Kazuyoshi

新美のマイク
「本当は今日試合でした。この日のために全てをかけて、全てを犠牲にしてやってきたんですけど、残念ながら不戦勝になってしまいました。11月27日にトーナメントが決まっているので、僕の進化した姿を見せたいと思うので、よろしくお願いします。Krushメインまで楽しんでいってください」

第5試合◎Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R


小倉 尚也 Ogura Takaya

第5試合◎Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 2R 2分56秒
  • ×
x

吏羅 Lyra

 1R、吏羅はさっそく後ろ回し蹴り、掛け蹴り、そして逆回転での後ろ回し蹴りと大技を連発していく。だが小倉もこれにひるまず前に出て左フックで吏羅をとらえる。ジリジリと前に出て吏羅に迫る小倉。ストレートも吏羅に決める。

 2R、前に来る小倉を吏羅は左ストレートを強振して止めんとするが、小倉はこのパンチに下がらない。逆に小倉は左フックを打ち込んで前に出る。吏羅は頻繁に構えをスイッチし、左右ストレートでとらえるが、吏羅がロープを背にしたところで小倉が右ストレートを当てダウンを奪う。

 再開後、吏羅は左右フックを振るって向かうが、小倉はその内側を右ストレートで打ち抜いてダウンを追加。立ち上がった吏羅は後ろ回し蹴りを放って小倉の顔をとらえるが、小倉が左フックで3度目のダウンを奪って勝利した。

小倉のマイク
「久しぶりの試合で連敗中だったし、こんな世の中で暗いですけど、元気出していこうぜ! ありがとうございました!」

■試合後の小倉尚也のコメント
「1年ぶりの試合で不安が大きかったんですけど、その割にはよく相手の動きが見えて、大きい技にも対応できてよかったかなと思います。(対戦相手の印象は?)距離が遠くて、テコンドー仕込みの蹴りには警戒していました。あとパンチでもアグレッシブな試合が多かったので、そこは警戒しながら戦えたと思います。落ち着いて対処して、パンチを合わられたのがよかったと思います。(今後の目標は?)今日は同じ階級のタイトルマッチがメインなので、そこに挑戦できるようにKOを意識してやっていこうと思います」

第6試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R


山本 直樹 Yamamoto Naoki

第6試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      28:26/28:26/28:26
  • ×
x

中島 千博 Nakajima Chihiro

 1R、中島は左ミドルから右フックにつなげる。山本も左ミドルを当てるが、中島は構えをスイッチしながら左右の攻撃を矢継ぎ早に出していく。そして左ミドルから右フックに繋いで山本からダウンを奪う。立ち上がった山本は中島の追撃をしのぎ、右ストレートを返して終える。

 2R、中島は右ローを入れていくが、山本はそこに右ストレートのカウンターを合わせてダウンを奪い返す。中島は左右フックから後ろ回し蹴りで猛反撃。だが、山本も負けじと応戦し、ガードを固めて右ミドル、ボディへのヒザと打ち込む。中島も左ミドルを返して山本にボディを効かせる。

 3R、中島がローを入れるが、山本はバックブローから距離を詰め、パンチからヒザ。中島もショートパンチからボディへのヒザを返す。両者近距離での打ち合いを続行。中島は左ローを入れるが、山本は飛びヒザから着地直後に左フックを決め、これに中島が座り込むようダウンを喫する。再開後、反撃に出る中島だが、山本が右ストレート、左フックで中島を下がらせる。判定は28−26、28−26、28−26の3−0で山本。両者計3度のダウンを喫した激戦を制した。

■試合後の山本直樹のコメント
「ダウンを取られて何とか取り返して勝つことができました。反省点ばかりです。(対戦相手の印象は?)POD所属なので強いのは分かっていたし、実際に強かったですね。自分はチャンピオンになるためにやっているし、そのためには勝ち続けないといけないので、ダウンを奪われても諦められません。もし諦めていたら負けていたと思います。僕はチャンピオンになると決めているので、それで最後まで戦って勝つことが出来ました。(今後の目標は?)僕はチャンピオになるために格闘技をやってます。でもこの内容じゃチャンピオンになれないので、次もいい結果を残していきたいです」


第7試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R


島野 浩太朗 Shimano Kotaro

第7試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 1R 1分32秒
  • ×
x

佐野 純平 Sano Junpei

 元Krush王者・島野に佐野が挑む図式の一戦。1R、佐野は島野に対しジャブから右ローを打ちつける。島野は様子を見ながら距離を測り、左ボディから右ストレートを打ち下ろしてダウンを奪う。再開後、島野は右アッパーから右ストレートを返し、左フックで2度目のダウンを奪取。続いて佐野に左右フックを振り回して左ボディで3度目のダウンを奪い、佐野をなぎ倒して試合を決めた。

島野のマイク
「僕はこの一戦、決死の覚悟で準備してきました。そして、体だけではなくメンタルの部分も100%、自分だけでは準備できないことを実感しました。菅原会長、道場のみなさま本当にありがとうございます。この1勝を重く受け止めて、次の高みに向けて精進して参りたいと思います。この試合を自宅で観ることもできます。でも会場まで足を運んで見てくれたみなさんの存在がファイターにとって生きがいになりますし、モチベーションにもなります。本当にありがとうございます。次の一歩、次の目標に向け精進して参りたいと思います」

■試合後の島野浩太朗のコメント
「試合に入るにあたって気持ちと精神をギリギリまで高めてリングに上がりました。試合に入る直前に極限状態になるくらい集中していました。1RKOという結果になりましたが、リングに上がるところまでの準備が形になったことがうれしかったです。(対戦相手の印象は?)自分はこの試合に決死の覚悟で準備してきたと言っていましたが、リングで向かい合った時に向こうも死ぬ気で向かってくる覚悟を持って臨んできているんだなと思いました。(今後の目標は?)ずっとそれを考えながらやってきたんですけど、自分は一戦決まるとそれ以外考える隙間がないです。チャンスをいただけるなら、その一つに向けて全力で準備して、自分を高めていきたいと思います」

セミファイナル(第8試合)◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R


西京 佑馬 Saikyo Yuma

セミファイナル(第8試合)◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      28:30/28:30/28:30
  • ×
x

横山 朋哉 Yokoyama Tomoya

 元Krushスーパー・フェザー級王者・西京が約1年ぶりの復帰戦。同じ20歳の横山と対戦した。1R、オーソドックスの西京とサウスポーの横山は、まずどちらもローを蹴り合う。西京は細かな前後のステップで横山を懐に入れさせず、右ミドルを打ち込む。

 2Rとなり、横山は1Rよりプレッシャーを強めるが、西京は蹴りをローからミドルに変え、横山の進入を阻み、そこから右ストレートを狙う。対する横山は左ストレート・右フックと振るっていくが、西京のガードに阻まれる。

 3R、横山は左右連打で迫るが、西京はそこへ左・右のショートフックをカウンターで打ち込む。西京は続けて右ボディストレートで出るが、横山はそこへ左フックのカウンター。横山は最終ラウンドになると手数を増やし、跳びヒザで飛び込んでいく。そして西京をロープに追い詰めて、左フックを西京に打ち込む。続く右フックが両者相打ちとなるが、手応えが深かったのは横山。西京は持ち応えたものの、終了間際に横山が右ハイキックで西京からダウンを奪って試合を終える。判定は30−28、30−28、30−28の3−0で横山。元王者・西京から勝利を収めた。

■試合後の横山朋哉のコメント
「とりあえず勝ててホッとしています。西京選手は技術やカウンターが上手いんで、かなり対策しました。いつもは相手の研究はしないけど、今回は多めに研究して勝ちに徹底しました。今後はベルトも狙っていきたいんですけど、K-1 JAPAN GROUPのイベントを地元の群馬でやりたいと思うので、そこまで持っていきたいと思います!」

メインイベント(第9試合)◎Krushスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R


玖村 将史 Kumura Masashi

メインイベント(第9試合)◎Krushスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/30:27
  • ×
x

軍司 泰斗 Gunji Taito

 昨年2月の第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント決勝でベルトを争った2人がタイトルマッチで激闘。玖村は2度目の防衛、軍司は王座奪取とリベンジをかけてリングに立つ。1R、軍司がジャブを当て、玖村も前蹴りからのジャブを当て返す。続けて玖村がジャブを当てるが、軍司もすぐにジャブを当てる。玖村は軌道の小さい左フックを顔とボディに打ち分ける。軍司はヒザ蹴りを織り交ぜ左フックを強振するが、これは軍司に見切られ当たらない。

 2R、軍司が玖村のミドルをかわしてジャブを当てると、玖村は逆に右ストレートを当てる。両者互いにパンチを当て合い、顔が紅潮してくる。玖村は踏み込んでの左ボディを当ていく。そこからジャブの連打をヒットさせる。玖村のジャブが目立つなか、軍司はヒザ、右フックを打って局面を打開せんとする。

 3R、頭を振りフットワークも見せる軍司だが、玖村はジャブ、右フックと放って懐に入れさせない。そこから顔面ヒザを突き上げ軍司からダウンを奪う。立った軍司は強引に距離を詰めてパンチを振るい、左フックで玖村をとらえる。玖村は被弾も見られるが、プッシングで軍司を下がらせる。そこから玖村はジャブを連続でヒットさせる。ここでバッティングがあり、軍司に鼻血が見られれ試合が一旦ストップする。軍司は右ストレート、左フックを強振して出るが、玖村はクリンチも織り交ぜ当てさせずに試合を終えた。判定は30−27、30−27、30−27の3−0で玖村。軍司を返り討ちして王座を守った。

玖村のマイク
「今日は(兄の玖村)修平もKO勝ちして、KOで繋ぎたかったんですけど、軍司選手もリベンジマッチということでタフで倒せなくて、課題が見つかりました。次はK-1のチャンピオンしか相手がいないと思っているので、チャンピオンとやるまでレベルを上げます。僕はいつでも(試合)できるんで注目してください」

■試合後の玖村将史のコメント
「チャンピオンとして倒して防衛したかったんですけど、課題が残りましたね。とりあえず防衛できてよかったです。(対戦相手の印象は?)向こうはリベンジマッチということで気持ちの強さ、勝ちたい気持ちが伝わってきました。お互い前よりもレベルが高い試合は見せられたと思います。(今後の目標は?)次はK-1チャンピオンと(やりたい)。K-1チャンピオンよりKrushのチャンピオンの方が強いというところを見せられる試合をしたいと思います」

■試合後の軍司泰斗のコメント
「作戦通りに進めたつもりだったんですけど、玖村選手はそこを超えてきたので、さすがに強いなと思いました。(対戦相手の印象は?)ジャブが強い選手だと思っていたんですけど、自分もそこを見せようと思ってました。ただスピードとテクニックは自分よりも上でしたね。(今後の目標は?)これから考えようと思っています。復帰戦が決まったからしっかり練習します」

 

選手登録