match result

試合結果

セミファイナル(第7試合)◎スーパ-ファイト/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

    所属ジム
    team VASILEUS
    遼寧創新ジム/CFP
    戦歴
    60戦 49勝(25KO) 11敗 0分
    35戦 26勝(3KO) 9敗 0分
    生年月日
    1993.5.11
    1993.4.5
    身長・体重
    175cm ・ 69.5kg
    176cm ・ 0.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    愛知県名古屋市
    河南省
    SNS

review

試合レビュー

 K-1で王者ゲーオを追い詰めた野杁に対するは跳びヒザを得意とし、撃墜王の異名を取る中国のポンフェイ。

 ともにオーソドックスで向き合い、野杁はまず右ロー、左インローを打ち込む。ややあってサウスポーに変わった野杁はローを入れていたが左三日月蹴りを突き刺し、これでポンフェイはダウン。何とか立ち上がったポンフェイだが、野杁は再び左三日月蹴りを突き刺し、これで初回ノックアウトを決めた。

野杁のマイク
「今日ご来場して下さったみなさま方ありがとうございます。今回負けたことがあるラズ・セルキシアン選手が相手だったのですが、相手の怪我によってワン・ポンフェイ選手に変わってしまってすごく残念な気持ちがありましたが、ポンフェイ選手も急なオファーを受けて頂き感謝しています。ありがとうございます。

 僕が見ている選手は1人だけで、今日エキシビションに出場していたゲーオ選手のベルトしか見ていないないので、9月に山崎選手と防衛戦をしますが、僕としてはしっかりゲーオ選手に勝ってもらって、僕は勝ち続けて、次はそのベルトに挑戦するのは僕しかないと思っています。最後に、僕の同じジムの海斗がメインで防衛する飲んで、大岩選手の応援団もいると思いまうが、海斗も頑張っているので応援よろしくお願いします」

■試合後の野杁正明のコメント
「今回は三日月蹴りで倒すことが作戦の一つだったんで、それで倒すことが出来てよかったですね。自分の中でも自信になりました。(対戦相手については?)最初にインローを蹴られた時にすねは硬いなと思いましたけど、それ以外は技も見えていたんで…そんな感じです。(これからの目標は?)リング上でも言わせてもらいましたけど、僕はK-1のベルトを目指してやっているんで。世界トーナメントではああいう形で負けてしまいましたが、ゲーオが持っている世界のベルトを獲りに行きたいです」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2016年8月20日(土)Krush.68 ~in NAGOYA~
日程
2016年08月20日(土)
会場
名古屋国際会議場イベントホール
選手
back
チケット購入