選手プロフィール

なにわのSAMURAI

椿原 龍矢

/ツバキハラ タツヤ/Tsubakihara Tatsuya

    • 動画・写真

    • 所属・ジム

      月心会チーム侍

    • 生年月日

      1999.5.7

    • 身長・血液型

      170cm・O

    • 出身地

      大阪府門真市(日本)

    • ファイトスタイル

      オーソドックス

    • 入場曲

      長渕剛 / SAMURAI

    • SNS

    • 獲得タイトル

      第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者
      K-1甲子園2017 -55kg王者
      K-1甲子園2016 -55kg準優勝
      K-1甲子園2015 -55kg準優勝
      第6回K-1チャレンジAクラス -60kg優勝

    • 戦績

      17戦 12勝(3KO) 4敗 1分

    【プロフィール】
    幼少期に空手を始め、格闘技漬けの日々を送る。関西のアマチュア大会を中心に活躍し、2015年にK-1甲子園に初出場。高校1年生ながら決勝進出を果たす。翌2016年も決勝まで勝ち進むも惜しくも敗戦。ラストチャンスとなった2017年は決勝で同門の小堀厳基に勝利して、悲願のK-1甲子園優勝を成し遂げた。2017年12月のK-1後楽園大会で、2015年のK-1甲子園決勝で敗れた西京春馬へのリベンジを達成。その後はK-1・Krushを主戦場に戦い、スーパー・バンタム級のトップファイターとして活躍を続ける。2020年7月からフェザー級に階級を上げ、9月22日のK-1大阪大会では当時K-1フェザー級王者だった江川優生をスーパーファイトで下し、番狂わせを起こした。2021年3月21日「K'FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会では江川とタイトルマッチで再戦。延長判定2-1で江川を振り切り、第4代K-1フェザー級王座に就いた。5月30日のK-1横浜武道館大会では、王者としての初戦で玖村修平とスーパーファイトで対戦。持ち前のステップワークと的確な攻撃で勝利を収めた。12月4日、地元・K-1大阪大会で挑戦者・軍司泰斗と初防衛戦が決定。軍司とはアマチュアで1勝1敗、プロで1勝1敗の成績で、K-1王者として完全決着戦に臨む。[2021年10月11日現在]

    K-1 / KRUSH / KHAOS 戦績

     

    選手登録