選手プロフィール

凶拳

林 健太

/ハヤシ ケンタ/Hayashi Kenta

    • 動画・写真

    • 所属・ジム

      FLYSKY GYM

    • 生年月日

      1994.8.17

    • 身長・血液型

      172cm・

    • 出身地

      兵庫県加古川市(日本)

    • ファイトスタイル

      オーソドックス

    • 入場曲

      T.I. Feat.Justin Timberlake / Dead & Gone

    • SNS

    • 獲得タイトル

      第3代K-1 WORLD GPライト級王者
      K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント優勝
      第3代Bigbangスーパー・ライト級王者

    • 戦績

      29戦 19勝(14KO) 8敗 2分

    【プロフィール】
    K-1参戦経験のある空手家の父を持ち、一発で倒せるパンチと攻撃的なファイトスタイルでKrushで活躍し、注目を集める。2016年9月のK-1初参戦では“狂拳”竹内裕二にKO勝利し、大きなインパクトを残した。2018年12月にK-1ライト級世界最強決定トーナメントで優勝を果たすと、2019年3月の「K'FESTA.2」で卜部功也の持つベルトに挑戦。下馬評を覆す勝利で、第3代K-1ライト級王座に就いた。8月の大阪大会ではデニス・デミルカプ、11月の横浜大会ではミャンマーラウェイ王者・金子大輝にKO勝利。2020年12月のK-1両国大会、過去に敗れているゴンナパー・ウィラサクレックとの初防衛戦に臨むも、接戦の末にゴンナパーに敗れてタイトルを失った。2021年に王座陥落から心機一転、現K-1スーパー・ライト級王者であり、兄貴分でもある山崎秀晃との対戦を目指し、スーパー・ライト級に転向。5月30日のK-1横浜武道館大会ではヴィトー・トファネリのパンチで2度のダウンを奪われて絶体絶命のピンチを迎えるが、そこから3度のダウンを奪い返して逆転KO勝利を収める。9月20日、K-1横浜アリーナ大会ではスーパーファイトで佐々木大蔵と対戦。激しい打ち合いを繰り広げるも、惜しくも敗れた。12月4日、K-1大阪大会でK-1屈指の激闘派・不可思との対戦が決定。スーパー・ライト級でタイトル挑戦経験があり、山崎とも拳とも交えている不可思を相手にどんなファイトを見せるか注目が集まる。[2021年10月20日現在]

    K-1 / KRUSH / KHAOS 戦績

     

    選手登録