大会情報

  • 日程 2012年04月22日(日)
  • 会場 東京・新宿FACE

    大会概要

    対戦カード

    第1試合 【Krush -63kg Fight/3分3R】


    木曽 徹 Kiso Toru

    第1試合 【Krush -63kg Fight/3分3R】

    • ●
    • KO
      • 2R 2分12秒
    • ×
    x

    種市 彩人 Taneichi Ayato

    1R、サウスポーの種市がミドルの応酬から徐々にプレッシャーを強め、木曽をコーナーに詰めて逆ワンツー、左ハイと攻勢をかける。2Rも種市が優勢に試合を進め、左ストレートでダウンを奪取。立ち上がった木曽に再び左ストレートを叩き込んでマットに沈め、見事KO勝利を収めた。

    第2試合 【Krush -55kg Fight/3分3R】


    貴章 Takaaki

    第2試合 【Krush -55kg Fight/3分3R】

    • ●
    • 判定
      • 0-3
        27:30/28:30/28:30
    • ×
    x

    結城 将人 Yuki Masato

    1R、結城が右フックで飛び込んで、パンチの連打でアグレッシブに攻める。貴章も前蹴りで突き放して結城の前進を止めようとするが、結城の圧力は止まらず、コーナーに詰めて左右のフックから右ハイ。しかし2Rに入ると、結城の攻めに慣れてきたか、貴章は前蹴りをヒットさせ、コーナーに追い込まれても、ブロッキングからパンチを返して押し返す。

    3Rは貴章がボディへのテンカオ、前蹴りをヒットさせて流れを掴んだかに見えたが、残り1分を切ったところで結城がパンチの連打で強引に押し返し、終了間際に左フックを当ててダウンを奪い、判定3-0で貴章を下した。

    第3試合 【Krush -55kg Fight/3分3R】


    粟納 貴之 Awano Takayuki

    第3試合 【Krush -55kg Fight/3分3R】

    • ●
    • 判定
      • 0-3
        29:30/29:30/29:30
    • ×
    x

    Yo-hei Yo-hei

    1R、かなりの身長差がある両者だが、リーチで劣るYo-Heiがステップワークとダッキングで栗納のパンチを捌きながら、強い右ローをヒットさせていく。栗納は前に出てパンチを振るっていくが、出入りの速いYo-Heiを捕まえきれない。

    2RもYo-Heiが飛び込んでの右フック、ワンツーから右ローと上下に攻撃を散らして攻める。栗納は右ハイを狙うも、これもYo-Heiはしっかりとブロック。3R、栗納はワンツーで距離を詰め、ショートレンジでの膝蹴り、バックブローを狙うがこれもクリーンヒットはせず。手数で上回ったYo-Heiが判定で栗納に競り勝った。

    第4試合 【Krush -60kg Fight


    鈴木 雅博 Suzuki Masahiro

    第4試合 【Krush -60kg Fight

    • ●
    • 判定
      • 0-2
        29:30/29:29/29:30
    • ×
    x

    加藤 港 Kato Go

    1R、サウスポーの鈴木に対し右ミドルを蹴っていく加藤。さらにミドルのフェイントからテンカオもヒットさせて距離を支配する。鈴木は細かい左インローを当てて反撃の糸口を掴もうとするが、そのインローに加藤が右ストレートを合わせてダウンを奪う。

    2R、鈴木はダウンを挽回しようと左ストレートで前に出るが、加藤が距離を取りながら右ミドル、インローを的確にヒットさせる。3Rに入ると、疲れが出てきたか加藤はクリンチが増えてくるが、鈴木がパンチで入ってくるところにミドル、膝蹴りを合わせて追撃を振り切り、1Rのダウンのポイントを守りきって2-0の判定で勝利した。

    第5試合 【女子-52kg契約/2分3R】


    朱里 Syuri

    第5試合 【女子-52kg契約/2分3R】

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        30:29/30:27/30:27
    • ×
    x

    坂本 柚佳里 Sakamoto Yukari

    1R、右ミドルを蹴って前に出る朱里に対し、坂本はキャッチから右ストレートを狙っていくが、朱里はかまわず圧力をかけて坂本をロープ際に追い詰め、左ミドルから右ストレート、さらに組み膝を連打して攻勢に出る。

    2R、朱里が前に出て強いプレッシャーをかけ続け、坂本をロープ際に追い込み、パンチのラッシュで防戦一方にしてスタンディングダウンを奪う。朱里はさらにパンチ、ミドルの連打を浴びせ、坂本はガードをするのが精一杯の状態に。3Rも朱里がパンチ、膝蹴りで終始攻めの姿勢を崩さず、大差の判定で坂本を下し、ポテンシャルの高さを見せた。

    第6試合 【Krush -70kg Fight/3分3R】


    松村☆D☆HIRO克 Matsumura D Hirokatsu

    第6試合 【Krush -70kg Fight/3分3R】

    • ●

      • 不戦勝
        ※ジャングルコーキ負傷欠場により
    • ×
    x

    ジャングルコーキ Junglekoki

    ジャングルコーキの試合直前の負傷欠場によりKrush-70kg王者・城戸康裕がエキジビションに緊急出場!出稽古先のシルバーウルフジムで松村との交流があるという城戸だが、松村は試合前にマイクで「城戸、殺します」と宣言。城戸はそんな松村の気合を受け流すように試合を進め、インターバルにはラウンドガールと共に踊るパフォーマンス。2Rに入ると城戸もバックブローのコンビネーションなどトリッキーな動きを見せ、最後は激しい右ミドルの応酬でエキジビションマッチを締めた。

    試合後、「(松村は)シルバーウルフで一緒に練習してる中で強いことも知っているけど、それを何故か俺にぶつけられた(苦笑)来月、日本代表としてスペインに出てくるので応援よろしくお願いします!」と出場の決まった新生K-1・スペイン大会での飛躍を誓った。

    セミファイナル(第7試合) 【Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R】


    守屋 拓郎 Moriya Takuro

    セミファイナル(第7試合) 【Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R】

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        30:29/30:27/30:27
    • ×
    x

    晴矢 Hareruya

    1R、得意の右ローを蹴っていく守屋。晴矢は右ローに合わせて右クロスを合わせるが、守屋はしっかりとガードして右ロー、ミドルを返す。2Rに入ると、守屋は奥足への左ローに加え、晴矢の豪腕を潰すかのような、右手を狙った低い左ミドルを多用。それでも右フックをスイングしていく晴矢だが、守屋は左ジャブ、右ローで前進を止め、右ハイで顔面をかすめる。

    3Rに入ると、晴矢はローで前足を効かされ、サウスポーにスイッチして右フックを振るっていく。守屋はこれをブロックすると、晴矢の動きが止まったところに痛烈な右ロー、左ミドルをヒット。最後はローの連打で晴矢をダウン寸前に追い込んだ守屋が、晴矢の強打を完封して判定勝利を挙げた。

    メインイベント(第8試合) 【Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R】


    寺戸 伸近 Terado Nobuchika

    メインイベント(第8試合) 【Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R】

    • ●
    • 判定
      • 3-0
        30:25/30:25/30:26
    • ×
    x

    伊澤 波人 Izawa Namito

    1R、前蹴りで牽制する伊澤に対し、寺戸は強烈な右ローで応戦。伊澤はバックスピンキック、左ハイからかかと落しと足技を多用するが、寺戸は落ち着いてかわしながら的確に右ローをヒット。ラウンド終了間際には、伊澤がサウスポーにかわったところに右フックから右の膝蹴りを突き刺してダウンを奪う。

    2R、ジャブの差し合いから右ローを当てていく寺戸。さらに狙い澄ました右ストレートで2度目のダウンを奪うが、強引に倒しにはいかず。右ボディストレートから左のダブル、さらに右フックから左ミドルと多彩な攻めで伊澤を追い詰めていく。

    3R、寺戸は左フックから右ロー、さらにパンチのフェイントから左ミドルをヒット。伊澤は左右の前蹴りを蹴っていくが、寺戸は冷静にかわして、右ロー、左ミドルを返す。逆転を狙った伊澤の飛び膝もかわし、カウンターで右フックをヒットさせるなど、寺戸は最後まで冷静な戦い振りで伊澤に付け入る隙を与えず。

    再浮上に向けての白星を挙げ、「1月に負けて本当に苦しかったですが、皆さんの応援のおかげで苦しい時でも前に進んでいけます。本当にありがとうございます」とファンに感謝の言葉を述べた。