match result

試合結果

第1試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    K-1ジム五反田チームキングス
    Naito Gym
    戦歴
    25戦 16勝(10KO) 8敗 1分
    20戦 18勝(7KO) 2敗 0分
    生年月日
    1990.1.22
    2003.5.20
    身長・体重
    178cm ・ 65.0kg
    184cm ・ 65.0kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    オーソドックス
    出身地
    東京都八王子市
    モロッコ・カサブランカ
    SNS

review

試合レビュー

 今年3月に超強豪パコーン・PKセンチャイジムに敗れた鈴木は、7月のK-1両国大会でデンサヤームを左ストレートで一撃KOで下し、勢いに乗っての今回の試合となる。

 対するイスラムは、アマチュアのIFMA-65kgヨーロッパ王者と-63.5kgベルギー王者となるなど、ヨーロッパの様々なイベントでキャリアを積み、20歳ながら18戦17勝(7KO)1敗の戦績を誇る新鋭だ。

 1R、サウスポー構えの鈴木はミドルキックを連発。イスラムはローキック、右のパンチを返す。鈴木の左ローキックが入る。イスラムもロ―キックを返し、接戦に。さらに右のパンチで追撃。鈴木の強烈な左ミドルキックがヒット。イスラムは強烈なボディブローを連打。右ハイキックへつなぎ、KOを狙う。鈴木はガードを固めて、ミドルキックで相手の動きを止めにかかった。

 2R、イスラムは右ボディストレート。右のパンチが得意なのか、パンチから蹴りにつなげる。鈴木はミドルキックを軸に止めにかかるも、イスラムのパンチがときおり顔面にヒットする。イスラムは、ヒザ蹴りをボディへ。鈴木は圧力をかけてミドルキックからフックを振り回す。激しい攻防が繰り広げられた。

 3R、鈴木は圧力をかけてミドルキック。イスラムは下がりながら、右ハイキックを首筋に。鈴木は蹴りをもらいながらも前へ出て、左ミドル。イスラムは、やや疲れが目立つが、接近しての右ボディ。互いに前へ出ての打ち合いとなる。判定は、1(鈴木)-0でドロー。延長ラウンドの突入した。

 延長ラウンド、鈴木はミドルキックから右パンチ、さらにヒザ蹴りをヒット。イスラムはボディブローを返す。鈴木はミドルキックをヒットさせて前へ出る。鈴木はミドルキックを連続でヒット。イスラムは蹴りを受けながらも、右から左ボディで反撃。イスラムは下がりながらパンチ。鈴木はパンチを被弾しながらも前へ出て、左右のストレートを返す。判定は2-1のスピリットで、鈴木が勝者となった。

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2023年9月10日(日)ReBOOT~K-1 ReBIRTH~
日程
2023年09月10日(日)
会場
横浜アリーナ
選手
back
チケット購入