match result

試合結果

第6試合/K-1バンタム級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    ウォーワンチャイプロモーション
    Chor.Hapayak GYM
    戦歴
    62戦 44勝(25KO) 15敗 3分
    68戦 52勝(13KO) 12敗 4分
    生年月日
    1998.9.15
    2001.4.1
    身長・体重
    165cm ・ 53.0kg
    169cm ・ 53.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    サウスポー
    出身地
    福岡県福岡市
    タイ・ナコーンラーチャシーマー
    SNS

review

試合レビュー

※3月17日に発表された試合結果についてのプレスリリース※
https://www.k-1.co.jp/news/38160

 1R、サウスポーのヨーシラーは左ミドルから入り、続いて左ストレートを石井に決める。しかし石井はプレッシャーを掛け、ヨーシラーにロープを背負わせる。そして右ストレート、左フックでヨーシラーを襲う。ヨーシラーも左ストレート、右フックを返して応戦する。石井がボディストレートを打ち込むが、ヨーシラーは左ストレートを連続で返し、それ以上攻めさせない。

 2Rも石井が前に出るが、ヨーシラーはミドルを受けた直後に左ストレートを決めダウンを奪う。立ち上がった石井はすぐに再びプレッシャーを掛けていき、右ストレート、左フックでダウンを奪い返さんとする。ヨーシラーは無理をせずクリンチするが、レフェリーから注意を受ける。

 3R、ダウンの挽回に向かう石井は圧力を落とさず、手数も増してヨーシラーに迫る。連打で来る石井を組んで押さえてしまい、ヨーシラーは再び注意を受ける。左フック上下打ちで来る石井を左ミドルで迎撃するヨーシラーだが、組みつきに対し警告を受ける。判定は29-28、29-28、29-27の3-0でヨーシラー。石井の追い上げを振り切り勝利した。


※3月17日に発表された試合結果についてのプレスリリース詳細※
 さる3月12日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた「K-1 WORLD GP 2023 ~K'FESTA.6~」の第6試合[K-1バンタム級/3分3R・延長1R]石井一成vsヨーシラー・チョー.ハーパヤックの判定結果について、新たにお知らせします。
 この試合後、K-1 WORLD GP実行委員会とK-1 GROUP公式審判部は次の通り映像での検証を行い、協議の上、K-1 WORLD GP実行委員会は裁定を訂正します。
 K-1 WORLD GP実行委員会とK-1 GROUP公式審判部では、映像での検証を行った結果、当該試合の2ラウンドにヨーシラー・チョー.ハーパヤック選手が奪ったダウンに至る攻撃が、K-1 WORLD GP公式ルール第6条第1項11に抵触する反則と判断し、裁定の訂正に至った。
①2ラウンド0分12秒に、石井一成選手が喫したダウンを取り消すものとする。
②この試合は判定結果0-1テクニカルドローに裁定を訂正する。
理由
(1)①について
K-1 WORLD GP実行委員会は、K-1 GROUP公式審判部に対し、当該行為がK-1 WORLD GP公式ルール第6条第1項11に抵触した反則なのか見解を求め、映像での検証を行った。その結果、石井一成選手の蹴り足を掴み、その後の攻撃であるとK-1 GROUP公式審判部の見解を確認した。
(2)②について
当該試合は、①の反則のもとで放たれた攻撃により生じた現象を、メインレフェリーがダウンと判断し、本戦の3ラウンドが終了し勝敗が決した。本来ならば、①の反則の時点で、ヨーシラー・チョー.ハーパヤック選手に対しペナルティを与え、石井一成選手のダメージ回復処置をするべきであった。よって2ラウンド0分12秒から、当該試合はK-1 WORLD GP公式ルールに則った正常な状態で進行していなかったと判断した。
K-1 WORLD GP公式ルール第8条により試合は成立しているため、当該試合担当ジャッジに2ラウンド0分12秒までの攻防を、映像での検証にて再採点を求めたところ、三者ともに10-10のイーブンとした。当日の1ラウンドの採点と合計し、ジャッジ①箱崎:20-20/ジャッジ②伊藤:20-20/ジャッジ③梅木:19-20となった。

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2023年3月12日(日)K-1 WORLD GP 2023 ~K’FESTA.6~
日程
2023年03月12日(日)
会場
国立代々木競技場 第一体育館
選手
back
チケット購入