match result

試合結果

第19試合/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

    所属ジム
    月心会チーム侍
    ストライカージム
    戦歴
    25戦 20勝(17KO) 5敗 0分
    257戦 209勝(48KO) 44敗 4分
    生年月日
    1995.2.23
    1989.7.28
    身長・体重
    180cm ・ 70.0kg
    175cm ・ 67.5kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    サウスポー
    出身地
    大阪府四条畷市
    タイ・ヤソートーン
    SNS

review

試合レビュー

 ジョムトーンはラジャダムナンスタジアムで4階級、WBCムエタイでは3階級を制覇、そしてボクシングでも東洋太平洋王者となり、内山高志の王座にも挑んだレジェンド。和島は初防衛戦でいきなりの試練を迎え、タイ修行を積み大一番に臨む。

 1R、両者サウスポーで向き合い、ジョムトーン、和島の順でローを蹴り合う。ジョムトーンにローを蹴られると和島もローを返す。ジョムトーンは左ストレートを伸ばしコーナーに詰めてくるが、和島はフットワークしてここを脱する。和島はハイキックを入れ、ジョムトーンが蹴り返して来ると足を上げてカットする。終了直前、ジョムトーンは左ストレートを決めるが、和島はかろうじて体勢を保つ。

 2R、和島はジョムトーンのローにローを返し、ハイキックもヒット。左ストレートを振るってくるジョムトーンに和島はバッティングを受けてしまい、ややインターバルが取られる。
 和島はジャブからローを繋いでヒット。さらに左ストレートを決めるが、ジョムトーンもこの被弾から前に出てくる。

 3Rも和島は左ローを放っていくが、ジョムトーンも左ストレートを狙ってくる。和島はローだけでなくハイキックも放ち、意識を散らしてローを効かせる。ローを掴んでしまうジョムトーンにレフェリーは注意を与える。
 和島はさらにローを追加。ジョムトーンは脚のダメージで足が緩慢になる。

 判定は29-28、29-29、29-29で和島に1票入るもドロー。延長戦に突入となる。

 EXRが始まり、和島がローを2発入れると、ジョムトーンは弱気に横を向き、レフェリーがスタンディングダウンを宣告すると、コーナーからタオルが入り、和島がTKO防衛を果たした。

和島のマイク
「今日はありがとうございました。ジョムトーン選手、めっちゃ強かったです。どうですか、このベルト。ちょっと似合うようになってきましたか? 強い選手とやっていかないといけないので、みなさんにお願いがあるんですけど、強い選手とやっていくには影響力が大事といわれていて、K-1さんにもSNSを頑張れと言われています。もっと強い選手やいい試合をしていきますので、ツイッターとインスタをフォローお願いしマックス!」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2023年3月12日(日)K-1 WORLD GP 2023 ~K’FESTA.6~
日程
2023年03月12日(日)
会場
国立代々木競技場 第一体育館
選手
back
チケット購入