match result

試合結果

第5試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

review

試合レビュー

 1R、両者オーソドックスでジャブ、左ミドルで探り合い。そこから激しい展開となり、山本は左フック、右ストレートと強打を打ちつける。だが成合も被弾して引くのでなく、逆に火がついて向かっていくジャブで山本をグラつかせる。だが山本も左フックを当て返す。山本の右ストレートに成合は足が泳ぐ。さらに右ストレート、左フックで山本は追い、成合は一瞬腰砕けとなる。

 2Rも山本は攻勢を緩めず、成合に迫る。逆に成合が出てくると山本はスッと下がって空振りさせる。成合の右ストレートを警戒しながら山本はジャブを突くが、ラウンド後半成合が詰めてくる。山本は左アッパーを決めペースを自分に引き戻す。だがタフな成合は再び前進し、左ボディフック、右ストレート、右フックと山本を攻めて終える。

 3R、覚悟を決めたように成合は山本をロープに詰めてワンツーからボディフック、ヒザ、右ストレート、左フックと猛攻。山本も反撃に転じ打ち返すが、成合のこの攻めに削られて力がない。山本は成合の空振りを誘ってカウンターの右ストレート。両者バックブローが同期し、成合がバランスを崩して倒れ、これまでのダメージの蓄積でダウンとなる。 両者最後の場面も左右のパンチを振るって打ち合いを見せ試合を終える。判定は30-26、30-26、30-26の3-0で山本。激戦を制した

■SATORU成合の試合後のコメント
「(試合の感想は?)今回福岡で、いつも東京に来られない方も応援に来てくれて、一番会場を盛り上げるくらいの試合をして勝ちたかったんですけど、自分らしさもないし、しょぼい試合をしたなと、申し訳なさでいっぱいです。(相手の印象は?)上手かったなという印象はそのままで、もっと自分の攻撃が当たれば倒れるかなと思ったんですけど、山本選手も連敗中でしっかり気持ちを作ってきてたのか倒れなくて。強かったですね。

(中盤攻め込んでいた場面もあったが)最初から倒すイメージでやっていたのですが、1R始まったときから、最近の試合は精神的にふわふわしていて、試合中もしっくり来てなくて。2R攻めていたのもなんとなくしか分かっていないです。 (ファンの方へメッセージを)去年から約1年振りに福岡に帰ってきて試合をして、この福岡をしっかり盛り上げてみんなに感謝を伝える試合をしたかったんですけど、こんな結果になってしまって本当にすみません。この先どうするかははっきりわかりませんが、みんなには本当に感謝しています。ありがとうございました」
 
■山本直樹の試合後のコメント
「(試合の感想は?)SATORU成合選手と戦わせてもらって、気持ちが強いなというのはあったんですけど、何回か効かせて倒せるなと思って自分がムキになったところは反省点。そこで無駄なパンチをもらって。まだまだ課題はたくさんだなと思いました。(相手の印象は?)効いた部分は何回かあったんですけど、そこでも心折れずに立ち向かってきて、自分も結構パンチをもらって。気持ちの強い選手だなと思いました。

(自分の攻撃に手応えはあった?)カウンターで向こうがフラッとしたのがあったので、そこで冷静にいけずにムキになったところがあって倒しきれませんでした。(その課題を克服してその先は?)次からは冷静にコツコツ当てて最後は倒しきれるようにしたいと思います。(ファンの方へメッセージを)遠いところから福岡まで足を運んでもらった皆さんありがとうございました。会場に来れなくてもABEMA・GAORAで応援いただいて力になりました。次からはしっかり課題を克服して倒しきれるように練習していくので、これからも温かい目でみてくれたらうれしいです。ありがとうございました」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2021年7月17日(土)ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~
日程
2021年07月17日(土)
会場
福岡国際センター
選手
back
チケット購入