match result

試合結果

第3試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    K-1ジム総本部チームペガサス
    エスジム
    戦歴
    30戦 24勝(6KO) 5敗 1分
    33戦 17勝(3KO) 14敗 2分
    生年月日
    1999.1.17
    1998.4.15
    身長・体重
    167cm ・ 57.5kg
    166cm ・ 57.5kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    東京都板橋区
    神奈川県横浜市
    SNS

review

試合レビュー

 両者は2年半前にKrushで対戦し、軍司が判定勝利。パワーとスピード、テクニックを併せ持つ軍司とトリッキーな動きが身上の森坂、再戦の行方はどうなる?
 
 1R、上下の蹴りを出していく森坂に、軍司はパンチで前進。森坂は詰めるとジャブを出し、バックキックも放つ。対する軍司も接近するとボディ。終盤、一気に詰めた軍司はジャブをヒット。さらに前進して追うと左右ボディを打つ。
 
 2R、開始早々に軍司は右ストレート。ガードを固めて前に出るとパンチからローにつなぐ。森坂はロー、ジャブを出しながら距離を測る。軍司はボディからローへのコンビネーション。終盤にかけても前に出て行った軍司は終了間際に跳びヒザをヒットし、これで森坂からダウンを奪う。
 
 3R、森坂は前に出てバックブローも放つが、軍司は動じずパンチで応戦。2分頃には軍司もバックブローを見せる。残り30秒を切ったところで、軍司はまたも跳びヒザ。軍司がロープに詰めてパンチを繰り出していったところでゴング。ダウンを奪った軍司が森坂を返り討ちにした。

試合後の軍司泰斗 コメント
「(試合の感想は)まず、1Rにいいのが当たっちゃって、そこからペースが崩れて。まあ、ダウンを取って勝てたんでよかったと思います。(相手の印象は?)初めて会ったときよりは全然、パワーもついて。パワーという部分は気を付けないでやってたんで、そこは今回ミスかなというのはありました。

(KOに持ち込めなかったのは?)時間もそうですし、最初からいけなかったっていうのは反省点ですね。(相手のお株を奪うバックブローも繰り出していたが?)相手の得意技だったんで、それでKOして事件を起こしてやろうというのがあったんで。そこは試合前から自分の中でやろうかなと思ってました。

(今後の目標はベルト?)自分の子供もできて、守るものもたくさんできて。しっかり、親父っていうかたちを見せるには、やっぱりK-1のチャンピオンが一番ふさわしいのかなっていうのがあるんで。そこでチャンピオン目指して、しっかり一戦一戦勝っていこうかなって思いますね。

(ファンにメッセージを)今回、倒せなかったんで、しっかり反省を踏まえて。もっと強い選手とやって、どんどんKO狙っていこうかなと思っているので、応援よろしくお願いします」

試合後の森坂陸 コメント 「(試合終わっての感想は?)もう完敗ですね。う~ん、ちょっと、調子悪いわけじゃなかったんですけど、初めて本当にダウンもらって、むちゃ悔しいですけど、悔しい以上に情けないっていうか、一周回って気持ちいいぐらいですけど、ちょっとまた考え直さなきゃなと思いましたね。まあ、無理やりファイトスタイルを変えようとしちゃダメだなと思わされましたし、ちょっとそこがミスだったかなと思います。後はまあ、パワー不足ですね、また。

(対戦相手の印象は?)やっぱり変わらず体は強かったですし、むしろもっと強くなってて、パンチも余計に重くなってて、ちょっと一発一発強かったなっていう印象です。さらに強くなってました。(ファンの皆さんへメッセージを)会場に来ていただいた皆さん、そして生中継を見て応援してくださった皆さん、こんな感じで負けてしまって本当に申し訳ないです。出し切れなかったっていう感じで、本来の自分を出せなかったんで、また出せるようになってから、ちゃんと出せるようになってから、戻ってきたいなと思います。ちょっと本当に今回は申し訳なかったですね。また強くなって帰ってきます」



movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2021年3月21日(日)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~
日程
2021年03月21日(日)
会場
東京ガーデンシアター
選手
back
チケット購入