match result

試合結果

第10試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    ALONZA ABLAZE
    パラエストラ栃木
    戦歴
    62戦 52勝(13KO) 10敗 0分
    14戦 5勝(3KO) 9敗 0分
    生年月日
    1990.6.8
    1986.10.14
    身長・体重
    172cm ・ 65.0kg
    170cm ・ 0.0kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    オーソドックス
    出身地
    千葉県茂原市
    栃木県大田原市
    SNS

review

試合レビュー

 K-1で2階級制覇を達成したテクニシャン・卜部功也が栃木のハードパンチャー、蓮實光を迎え撃つ。昨年9月に1年2ヵ月ぶりの試合で復活勝利を果たした功也は、なぎ倒すようなパンチで突進してくる蓮實とどう戦うのか。
 
 1R、右を中心にパンチを振ってくる蓮實に対し、功也はローや体さばきで対応。功也は前蹴りやインローを出していくが、蓮實も強引に距離を詰めようとする。功也のローに蓮實は左を合わせる。功也はサークリングし、姿勢を変えながらフェイントを見せ、一気にコーナーに詰める。

 2R、蓮實のジャブに対して左ストレートを入れた功也は一気に詰め、ロープ際まで追い込むが、ローがローブローに。功也の攻撃が止まらずそのままワンツーが入って蓮實は倒れるが、ローブローがあったためにこれはダウンにならず中断。功也には警告が与えられる。再開後、功也は左ストレートから右ハイも見せる。功也は左を出して一気にロープに押し込むなど、多彩な動きを見せる。蓮實は出血しながら応戦するが、功也を捕まえることはできない。

 3R、後がない蓮實は左右のフックを振り回して前進。功也も左フックを返す。功也はポジションを変えながら左ミドルをヒット。さらに前進してヒザを入れる。パンチを出しながら前に出る蓮實に対し、功也も詰めの攻撃への道を探るが、大きな展開には至らず試合終了のゴング。判定はジャッジ3者とも功也を支持。途中アクシデントはあったものの、功也が蓮實を寄せ付けず勝利をものにした。

試合後の卜部功也 コメント
「(試合の感想は)ああいうかたちで勝ったんですけど。ちょっと長期的に考えた結果、ああいう試合をしてしまって。反省もしつつ、次を見てほしいという気持ちです。(相手の印象)気持ちが強くて、すばらしい選手だなと思ったのと、あと対戦相手ですけど勇気をもらってました。

(長期的にというのは、これからということ?)これからです。前回9月に復帰して、僕の中では本当にダメな試合だったというか、そういうのがあって。一回昔の感覚というか、自分のセンスというか、そういうものを取り戻したくて。今回、申しわけないですけど3分3R使いたかったというのがあって。それで嗅覚があってきて、ディフェンスがあってきて。今年は本当、勝負しようと思ってるんで。すみません、言いわけになっちゃいますけど、次見てほしいです。


(ピークはいつぐらいに見据えてる?)次ですね、次です。9月、メチャクチャ反省して、トレーナーとも話し合って、そういうのを何回も繰り返しての今回の試合だったので。次は倒しにいけると思ってます。(そういう手応えがつかめた?)そうですね、距離感と。そういう部分がどうしても前回は合わなくて、取り戻したかったっていうのがあって。今回は自分の個性が出せたんじゃないかなって。あとはプラスで、倒す。ここを求めなきゃ、僕は技術でストップしたと思ってるんで。倒しにいくっていうのを次は見せられると思ってます。

(ファンにメッセージ)今回はこのような気持ちのいい試合ではなかったんですけど、本当に周りのファンのかたにすごく感謝しています。次はバチバチ倒しにいける、さらにテクニックに磨きがかかってる卜部功也を見せられると思うので期待してほしいです」

試合後の蓮實光 コメント
「(試合を終えての感想は?)試合終わって、本当に自分の中で今までK-1 JAPAN GROUPの試合に出てて、一番情けない試合だったなと思います。(対戦相手の印象は?)卜部選手は実績もありますし、手を合わせてみたら巧さもありましたし、当てさせないというのはこういうことかっていうのを実感できた試合でした。

(自分の持ち味も出せた試合に見えたが、どの辺が良くなかったと思ったのか?)結果的に判定だったというのが一番悔しくてですね、後は自分の中で前に出て、一発当ててひっくり返してやろうというのがあったんですけど、当たんなかったっていうのは技術の差かもしれないですけど、自分の中でもうちょっと行けたなって、試合が終わって実感して、結果が判定だったんで、本当に悔いの残る試合でしたね。

(相手の左ストレートがテンポが良くてうるさそうだったが?)そうですね。当てられた……左ストレートも2回目ぐらいから警戒はしてたんですけども、もらった後に返そうと思っても当てさせないというぐらい、その場に卜部選手はいなかったんで、当たんないというのはこういうことかみたいな感じでしたね。(ファンの皆さんへメッセージを)また、勉強になった試合だったんですけど、しっかり体も作り直して、一発でひっくり返すという試合を見せられたらと思います」



movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2021年3月21日(日)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~
日程
2021年03月21日(日)
会場
東京ガーデンシアター
選手
back
チケット購入