match result

試合結果

第6試合◎Krush女子ミニマム級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    K-1ジム五反田チームキングス
    Team ImmortaL
    戦歴
    11戦 10勝(2KO) 1敗 0分
    20戦 15勝(4KO) 5敗 0分
    生年月日
    1993.5.26
    1990.2.19
    身長・体重
    158cm ・ 48.0kg
    161cm ・ 48.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    東京都大田区
    神奈川県相模原市
    SNS

review

試合レビュー

 Krush女子アトム級王者の高梨がタイトルを返上して階級転向。女子ミニマム級でNJKFミネルヴァで活躍する真美を迎え撃った。

 1R、開始から右ストレート、左フックと高梨はさっそくパンチを回転していく。真美もローを返すが、高梨が左フックでとらえダウンを先取する。高梨は回転を落とさず、右ミドルから右ストレート、左フックと真美に走らせる。真美のパンチもよく見えており、打つだけでなくしっかりかわしていく高梨。ラウンド後半は右ローを入れ、そこから左フック、右ストレートに高梨は繋げる。

 2R、真美が左右ストレートで出てくるが、高梨も引かずに右ストレートと左フックで応戦。真美が左フックを当てれば高梨は左ボディフックを返す。高梨は打つ一方にならず、距離を作ってジャブ、左ボディと当てる。バックステップして真美を誘い、真美が入ってきたところへ右ストレートと左フックを当てる。

 3R、高梨は無理に行かず、離れた距離では前蹴り。これで真美の前進を妨げる。高梨は真美のパンチをかわしながら左ボディ、右クロスとパンチを散らしていく。前に出ていく真美だが、高梨はヒラリヒラリとかわして当てさせない。その合間に左フックの上下打ち、右ストレート・右クロスと入れていく。最後は気合いの声を発しながら迫った真美だがクリーンヒットを得られない。

 判定は30−27、30−27、30−26の3−0で高梨。ミニマム級に上げても変わらぬ強さを見せ勝利した。

高梨のマイク
「応援ありがとうございました。ミニマム級最初の試合で絶対KOするって決めてたんですけど、こんな試合になってしまってすみません。もっとレベルを上げて、MIO選手とK-1大阪大会でやらせてほしいです。もっとパワーアップした姿を見せられると思います」

この高梨のマイクを受けて、会場で試合を見ていたMIOがリングに上がる。

MIOのマイク
「今日はおめでとうございます。初めて生で見たんですけど、すごいパワーのあるファイターだと思いました。女子のK-1で一番盛り上がる、一番面白い階級にしたいと思うので、これからよろしくお願いします」

■試合後の高梨knuckle美穂のコメント
「(試合を振り返って?)とりあえず勝ってホッとはしてるんですけど、試合内容には満足してないです。(これまでの試合と勝手が違った?)階級を上げて、コンディションはものすごくよかったです。パンチのノリとか全然違ったので。ガツッといったときに、当たった感触がありました。ただ、相手の圧力に押されちゃったなっていうのはあります。もっと体力つけて、パワー負けしないように気持ちを強くしていきたいと思います。

(試合後のMIO選手とのやりとりについては?)もし9月にMIO選手と戦えるとしたら、もっと成長していけると思うので。明日から練習再開して、ブッ飛ばす勢いでやります。(MIO選手の参戦が決まって意識を?)そこまで……、意識はしてないですね。勝っていけば、強い選手とできると思っているので、そういう気持ちでやってます。

(もしMIOと対戦したらどんな試合になる?) MIO選手はテクニックがあるんで、そこをパワーで押せたらカッコいいなって思います。(今後の目標は?)もちろん、ミニマム級のベルトを獲ることです。9月にMIO選手と対戦できたら勝って、もっと高みを目指して。みんなに“倒せる選手”と思ってもらえるようにがんばりますので、よろしくお願いいたします」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2020年6月28日(日)Krush.113
日程
2020年06月28日(日)
会場
新宿FACE
選手
back
チケット購入