match result

試合結果

第7試合◎スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    West A / ALIVE
    K-1ジム福岡チームbeginning
    戦歴
    12戦 6勝(5KO) 6敗 0分
    36戦 21勝(18KO) 15敗 0分
    生年月日
    1982.9.17
    1990.11.5
    身長・体重
    185cm ・ 0.0kg
    185cm ・ 92.1kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    オーソドックス
    出身地
    フランス・パリ
    熊本県熊本市
    SNS

review

試合レビュー

 1R、サウスポーの加藤は左ボディストレートを打ち込み、これをK-Jeeに嫌がらせる。加藤はさらに左ボディストレートで行くが、K-Jeeはここで左フックを効かせる。加藤は続けて左ローを放つが、これもK-Jeeに効かせる。左ストレート、左ハイ、左三日月蹴りと加藤は攻勢。だが、K-Jeeも前に出て、左ストレートを決める。だが、加藤は左ハイキックを当てる。K-Jeeはしかし弱気にならず前に出る。加藤は左ボディストレートを再び決める。加藤は左ローを放って効かせ、左ボディアッパー。K-Jeeは左フックを狙うが、加藤は左ストレート。左ローでもダメージを与えて初回を終える。
 2R、前に出るK-Jeeだが、加藤は右フックからの左ハイキックでダウンを奪取。
 K-Jeeは立ち上がるも足がフラついており、加藤は左ハイキックでさらにK-Jeeの足をフラつかせて2度目のダウンを奪う。
 加藤はフィニッシュに入って左右フックでK-Jeeを襲い、最後は左ストレートで腰砕けにしてKOで勝利した。
加藤のマイク
「今回KOボーナスが大きかったので、早めにに倒して家に帰って飲もうと思って力んで、でも90㎏は力んでパンチ出さないと面白くないので、自分の仕事を果たしました。ありがとうございます。試合前にカリミアン選手が来て『元気か?』と言われてどうでもいいんだけど、早く怪我を治して愛鷹選手と試合をして、勝った方を僕が待ってます」

■試合後の加藤久輝選手のコメント  
「(試合の感想は?)予想どおりですね。K-Jee選手は精神的に強いタフな選手なんで、序盤からいいパンチが入ったのに、ペース上げて攻めてきたので、強い選手だなと思いましたね。自分はうまく散らして合わせて、計画どおりいったと思います。
 
(相手の印象は?)そこまでスピードはないですけど、今年KO勝ちが続いた理由がわかったというか。一発一発が重いので、これからもっと強くなると思います。
 
(勝因は?)身体能力の違いが一つ、あとは作戦がうまくいったってことですね。
 
(今後の目標は?)今年の3月にK-1のチャンピオンになれなかったので、やはりリベンジをしたい気持ちは強いです。愛鷹選手がカリミアンとやると思うんですけど、そのあとに僕が王者とやりたいと思ってます。
 
(ファンの皆さんにメッセージを)  今日も僕らしい勝ちかたができて、みなさんのおかげだと思ってます。いまのスタイルでクルーザー級を引っ張っていこうと思いますので、応援よろしくお願いします」
 
 
■試合後のK-Jee選手のコメント
 
「(試合の感想は?)……強かった。それだけです。
 
(相手の印象は?)……強かった。
 
(今後の目標は?)目標は変わんないけど、足りないものとか必要なものとか、負けたことによって分かったので、そういうところをトレーニングによって修正していきたいと思います。
 
(負けたけど、クルーザー級はこれからも盛り上げていかないといけないと思ってるし、これからまた注目してもらえるとうれしいです」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2019年12月28日(土)“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」
日程
2019年12月28日(土)
会場
ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
選手
back
チケット購入