2022.06.25

 第7試合終了後の休憩明け、第8試合開始前にはK-1非公認キャラクターのタローが登場。今大会の応援アンバサダーであるフィットネストレーナーの岡部友さん、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんとの共演が実現した。


 まずマイクを持った岡部さんは「今回をきっかけに格闘技に興味を持つ女の子が増えるんじゃないかと思います」と大会のゲスト解説も務め手応えを語る。
 続いてゆりやんさんは「〇」でチャイム、「×」でブザーが鳴るおもちゃを手に、「生で見る試合の迫力がすごくて感動しているんですが、神聖なにリングに私みたいのが立って大丈夫かと思われていると思います。危険な人間ではないことを証明させて頂きます」と話し、一人で金属探知機を通る時のように検査を実施。股の辺りで「〇」のチャイム音が場内に鳴り響いた。


 続いて現在SNSフォロワー増加に奮闘するタローにアドバイスを求められると、ゆりやんさんは「みなさん危険なキャラクターと思ってフォローするか迷っていると思うので、危険か安全か確認させて頂きます」と再び検査を実施。再び股の辺りに来ると「危険です!」と「×」のブザーが鳴り、「危険なキャラクターです!」とゆりやんさんが告げると、タローは思わずずっこけた。
 続けて、この後の試合でラウンドガールを務めるゆりやんさんは「『ゆりやんがラウンドガールやるのか!?』『なんで見ないといけないんだ!?』と思われた方、晒します!」とやる気を見せ、期待を抱かせてリングを降りた。

 

選手登録