2022.05.15

 6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の[日本vs世界・3対3/女子-53kg契約/3分3R・延長1R]でジャシンタ・オースティンと対戦する☆SAHO☆のインタビューを公開!

──昨年の12.4K-1大阪大会がK-1初参戦でしたが、K-1のリングはいかがでしたか?

「会場の雰囲気など今までとは全く違っていたので、緊張感はありましたね」

──☆SAHO☆選手はヒジ打ち・首相撲ありのムエタイルールでキャリアを積み、K-1ルールは初挑戦でした。ルール面はいかがでしたか?

「私は首相撲があまり好きじゃないので、K-1ルールが一番自分に合っているなって思いました。K-1ルールが自分にとってベストだと思いますし、K-1ルールはやりすかったです」

──次は☆SAHO☆選手にとってK-1での2戦目になりますが「日本vs世界・3対3」という対抗戦の試合にどのようなお気持ちで臨まれますか?

「自分自身も外国人選手と試合するのが初めてで、パワーも日本人と比べたら倍違うと思うので、自分の中でも試練だと思います。それと同時に自分がどこまで世界で通用するのかなという部分もあるので、楽しみでもありますね」

──対戦相手のジャシンタ・オースティン選手には、どんな印象をお持ちですか?

「すごくパワーがある選手というのが一番の印象ですね」

──ジャシンタ選手はKANA選手のスパーリングパートナーも務めていたことがある選手ですが、☆SAHO☆選手自身、KANA選手のベルトを狙う立場にあると思います。そこは意識されていますか?

「そうですね。この試合に勝たんと挑戦出来るはずがないし、逆にこの試合でいい試合すれば絶対に次に繋がると思うんですよ。だから、KANA選手のことを考えるよりは、まずはこの試合を大事にしたいですね。結果はもちろん、印象も残さないとタイトルマッチは無理だと思っているし、この試合が自分にとっての試練やなと思っているので、しっかり勝とうと思っています」

──同じ日にKANA選手がタイトルマッチをやりますが、そこはあまり意識してないですか?

「後々のことを考えれば、それは意識はしているんですけど、今回は決まった試合に向けて意識を集中してやろうと思っています」

──今回、K-1では初めての女子だけの大会が開催されるわけですが、改めてどのようなお気持ちですか?

「やっぱりたくさんの人たちに生で見に来てほしいですよね。テレビ越やスマホ越しで見るより、会場で見たほうが得るものとかもあるし、私も会場で見てくれる人たちにも勇気とか与えられたらなと思っているんで、是非会場で応援してほしいなと思っています」

──☆SAHO☆選手はこれからK-1女子をどのようにしていきたいとお考えですか?

「やっぱりまだまだ自分のことを知られていないので、K-1女子と言えば☆SAHO☆という印象を残したいし、その印象が残るように頑張ろうと思っています」

──では、☆SAHO☆選手自身の今後の目標を教えてください。

「目標はKANA選手が巻いているK-1のベルトを巻くことですね。それを獲りにここに来たというのもあるし、みなさんの前でKANA選手のベルトを巻くと言ったからにはしっかり有言実行しようと思っています」

 

選手登録