2022.05.13

 6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の[K-1 WORLD GP初代女子アトム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]で菅原美優と対戦する松谷綺のインタビューを公開!

――K-1初の女子大会開催が決まりました。どんな心境ですか?

「K-1という憧れの舞台で、女子大会ができるというのはすごく嬉しく思います。こんな大きい大会で女子だけでできることもないので、男性選手がいなくても、女子だけでも盛り上がるところをお見せしたいです。今、若い世代のファイターもすごく増えてきていて、自分もその若い世代のファイターとして女子格闘技を盛り上げたいと思っています。これから自分が新しい時代を作っていきたいと思っています」

――松谷選手はK-1初出場となるので、これまでの格闘技歴を教えてください。

「従兄弟が空手をやっていて、兄(松谷桐)がそれを見て『自分もやりたい』と言い始めて。それで私も4歳の時に半強制的に始めた感じです。そこから体重のこともあってキックボクシングに転向して、デビュー当初は違う団体に出ていたのですが、ずっと前からK-1・Krushの舞台には憧れがあって。それで昨年から卜部功也会長のALONZA ABLAZEに移籍して、Krushに出ることになりました」

――格闘技歴はかなり長いのですね。

「ただ始めた当初は無理やりやらされていたので……すごく嫌だったし、全く覚えていない感じです(苦笑)。中学生の時も、みんなが遊んだり部活をやってる中で自分はそれができなくて。練習でも女子選手がいなくて男子ばかりの中に混ざっていたので、辛くて辞めたいと思ったことは何度もありました」

――それでも続けてこられたのはどうしてだったのでしょうか?

「やっぱり兄がやっているというのと、応援してくれる人もどんどん増えて、試合後にすごく反響をもらって、それが力になって続けられています。今は格闘技がすごく楽しいですし、Krushに出るようになって自分の思う通りの動きが少しずつ出来るようになりました」

――Krushで試合をするようになって、どんな変化がありましたか?

「試合慣れしてきたというのもありますし、ALONZAに来てから毎日の練習内容がすごく濃くなりました。また試合に臨む気持ちの面でも、K-1・Krushの選手はみんな倒しに行くじゃないですか。そういう選手のなかで試合をするようになって、私も“倒しに行かなきゃ”という気持ちが出るようになりました」

――トーナメント一回戦では現Krush王者の菅原選手と対戦します。印象を教えてください。

「強くて人気があって華があって、身長も高くてやり辛いなという印象です。ただ、自分の距離で戦えば大丈夫。全然勝てない相手じゃないと思ってます」

――菅原選手といえばリーチをいかした前蹴りが得意ですが、それについてはどうでしょう?

「みんな結構もらっているので、実際どういう感じか分からないですけど……“こう避けよう”という対策は練ってます」

――菅原選手はK-1への熱い思いを語っていますが、松谷選手はいかがですか?

「私はKrushでエキシビションマッチを合わせても3戦しかしていないですし、K-1に出たこともありません。でもずっとK-1が好きで『武尊さんみたいな選手になりたい』と思って練習していました。K-1・Krushでのキャリアは菅原選手の方が上ですが、 私もK-1への思いは(菅原とは)変わらないと思ってます」

――それでは最後にベルトへの想いも含めて、ファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「トーナメントの4選手に選んで頂いたからには、絶対ベルトを獲って一番目立ちたいと思います。チャンピオンになると“負けちゃいけない”というプレッシャーもスゴいと思うんですけど、私は“もう誰にも負けないだろうな”と思ってもらえるような、本当に強い選手になりたいです」

 

選手登録