match result

試合結果

メインイベント(第10試合)/Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

    所属ジム
    POWER OF DREAM
    若獅子会館
    戦歴
    12戦 8勝(5KO) 4敗 0分
    27戦 18勝(5KO) 7敗 2分
    生年月日
    1994.11.24
    1997.12.6
    身長・体重
    169cm ・ 60.0kg
    170cm ・ 60.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    東京都練馬区
    大阪府大阪市
    SNS

review

試合レビュー

メインイベントは第10代王者・中島千博と挑戦者・髙橋直輝のKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチ。王者の中島はこれが2度目の防衛戦だが、6月にはK-1横浜武道館大会でKO勝利を飾って勢いに乗っている。対する挑戦者の高橋はKrushで4連勝と実績を積み上げて、今回のチャンスを掴んだ。
 
第8試合前に両者の入場式が行なわれ、それぞれマイクを持って意気込みを述べた。
 
髙橋「若獅子会館の髙橋です。今日はメインっぽい試合をしっかりして盛り上げていきます。頑張ります」
 
中島「こんばんは、POWER OF DREAMの中島千博です。この後3試合、熱い試合になると思います。もちろん僕が一番暑い試合をして、今日のKrush良かったっていう試合にしますので、皆さん、応援よろしくお願いします」
 
1R、ジリジリとプレッシャーをかけていく中島。それに対して髙橋はフックを繰り出していく。中島の前蹴りが髙橋の顔面に炸裂するが、バランスを崩したところを髙橋もパンチを振るって前に出ていく。髙橋の右のローキックが炸裂。中島はラウンド終了間際に後ろ回し蹴りだ。
 
2R、中島は関節蹴りを放ちながらプレッシャーをかける。髙橋も前に出つつローキック。中島もローキック、三日月蹴りだ。髙橋は前に出てパンチを連打。中島の前蹴りもかわして顔面にパンチをヒットさせる。さらにストレートを入れて、ラウンド終盤にもパンチを連打してヒットさせていった。
 
3R、蹴りでプレッシャーをかけてくる中島に対して、髙橋はパンチで反撃。中島がバックスピンキックを放つと、そこにローキック。これがローブローとなり一旦試合は中断。しかし、すぐに再開すると、髙橋のパンチの連打が中島を捕らえる。中島も蹴りを放って距離を取る。中島が蹴りを放ってくると、髙橋は飛び込むようにパンチ。ラウンド終盤には中島もローキックも連発でヒットしたが、お互いに決定打なく試合終了。判定となり、30-30、30-29、30-29の2-0で髙橋が勝利。中島が2度目の防衛に失敗し、髙橋が新Krushスーパー・フェザー級王者となった。
 
表彰式で宮田充Krushプロデューサーからベルトを巻いてもらって、喜びの涙を見せる第11代Krushスーパー・フェザー級王者の髙橋。
「若獅子会館の高橋直輝です! 勝てました! ここに来てない方で応援してくれてた方もいっぱいいましたけど、ありがとうございました。今日倒せなかったんですけど、もっと目立つような、会見で言ったように太陽みたいになれるようにもっと頑張っていくので、皆さんも応援よろしくお願いします。K-1最高! ホンマに大好き! 絶好調しとこう。いつもみんなで絶好調する時があるんですよ、職場で。その時に、『今日の調子は?』、『せーの、絶好調!』ってやるんですよ。皆さん、いいですか? 行きます! 今日の調子は? せーの、絶好調! ありがとうございました」
 
マイクで挨拶を終えた髙橋は、セコンドに就いていた妹のMOEたちと抱擁を交わし、記念写真に収まった。

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2023年9月29日(金)Krush.153
日程
2023年09月29日(金)
会場
後楽園ホール
選手
back
チケット購入