match result

試合結果

第1試合◎Krushフェザー級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ
    戦歴
    18戦 6勝(1KO) 12敗 0分
    13戦 5勝(1KO) 7敗 1分
    生年月日
    1988.1.14
    1995.3.26
    身長・体重
    167cm ・ 0.0kg
    172cm ・ 0.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    愛知県名古屋市
    島根県益田市
    SNS

review

試合レビュー

 1R、両者ともオーソドックス。倉崎はベタ足で左ミドル、右ローと放ち安達に迫る。安達はジャブとミドルを放ち、倉崎の前進をけん制。倉崎は低いジャブを安達のボディに放ち、これで安達の意識を下に落とすと右フックをヒットし初回を終える。

 2R、倉崎はプレッシャーを強めて安達に迫る。倉崎はジャブの上下打ち、右ストレート、ローと攻撃を打ち分け、左ショートアッパーで安達のアゴを跳ね上げる。倉崎は距離が掴めてきたか、右ストレートもヒット。だが安達も倉崎の入り際に右ストレート、ジャブをカウンターで狙って応戦する。

 3R、倉崎がパンチからローを入れるが、安達もは逆にローからパンチを返す。倉崎はボディフックを左・右と入れ、安達のガードを落としにいく。しかし安達も倉崎が接近したところで右ストレート、左フックと放ってとらえる。倉崎の蹴りが続けて安達にローブローとなってしまい一時中断となる。

 再開されると残り時間が少ないことから両者打ち合いに激しさを増し、左右ショートフックの倉崎に安達はハイキックも織り交ぜ右・左のロングフックで応戦する。判定は30-29(安達)、30-29(倉崎)、30-29(安達)の2-1で安達。攻撃の的確さで上回り勝利した。

■試合後の安達元貴のコメント
「勝ちはしましたけど反省点ばっかりですね。倉崎選手は体圧とパワーがあったんで攻撃をもらったらヤバイなと思いました。(今後の目標は?)全然良い形じゃないですけど、とりあえず勝って復活はできたんで。反省してこれを機にもっと強くなって、もっと面白い試合をします。よろしくお願いします」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2019年9月16日(月・祝)Krush.105
日程
2019年09月16日(月)
会場
後楽園ホール
選手
back
チケット購入