2022.06.11

 6月17日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.138」の[Krushライト級/3分3R・延長1R]で弘輝と対戦する明戸仁志のインタビューを公開!

――明戸選手は今回から卜部功也選手が代表を務めるALONZA所属としての試合になります。今はどんな練習をされているのですか?

「今、自分はALONZAで働いていて、基本的に毎日朝からジムにいます。そこで指導もしながらプロ練習にも参加して、すごく集中して練習できていますね。ALONZAでは色んなタイプの選手とスパーリングできますし、職場と練習場所が同じなので移動もないですし、いい環境でやらせてもらっています」

――ALONZAに来て、どんな部分が成長していますか?

「今自分は連敗中なんですけど、しばらくスパーリングを控えていたんです。それで人を殴る感覚を忘れていたというか。試合になった時、相手を殴れなかったんですよ(苦笑)」

――スパーリングを控えていた理由は?

「それこそ昔は練習=スパーリングのような状況で、階級関係なく無差別でやってたんです。だから常にどこか怪我していたし、ダメージがあったまま試合をしてたんですよね。それでスパーリングを控えるようにしたのですが、それはそれでよくなかったのかな、と。最近またスパーリングを復活させて、ちょっとずつ殴る感覚も戻ってきたので、次は良いパフォーマンスが見せられると思います」

――対戦相手の弘輝選手にはどんな印象を持っていますか?

「イケイケでやんちゃそうな試合をする選手だなと思います。闘争心が戻って来た自分とは噛み合う試合になると思います」

――今回どんな試合をしたいですか?

「年齢を重ねて年はくってますけど、昔とファイトスタイルを変えるつもりはないです。若い頃と同じようにガンガン前に出ます」

――また今回は本戦第1試合で組まれました。大会の火付け役として期待されていると思いますが、それについてはいかがでしょうか?

「最初に話を聞いた時はびっくりしたし、少し緊張もしました。でも第1試合で大会の流れが決まるし、僕が一発目から盛り上げて、豪快に試合を終わらせて勝ちたいですね」

――今まで明戸選手は逆転勝利も多く。会場を沸かせてきましたが、そんな試合をしたいですか?

「それはどちらでも構わないです。お客さんが興奮して総立ちになるのもいいし、えぐいKOでシーンとなるのもいい。とにかく大きなインパクトを残して、自分の存在感をアピールしたいです」

 

選手登録