fighter

選手

メガストーム

Riamu

璃明武

リアム

詳細情報

璃明武

Riamu

戦績
15戦 12勝(4KO) 3敗 0分
獲得タイトル
第7代Krushスーパー・バンタム級王者
K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント第三位
第19回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝
所属・ジム
K-1ジム総本部チームペガサス
生年月日
2000.10.7
身長・体重
170cm ・ 55.0kg
出身地
埼玉県狭山市(日本)
ファイトスタイル
オーソドックス
入場曲
AK-69 / Ding Ding Dong 〜心の鐘〜
SNS

profile

空手のバックボーンを持ち、第19回「K-1アマチュア」Aクラス-55kgトーナメントで優勝。2018年4月にプロデビューを果たし、順調に勝ち星を積み重ねる。2019年12月のKrush後楽園大会では鮮やかな後ろ回し蹴りで対戦相手を失神KOし、その動画がインターネット上で大きな話題を呼んだ。2020年12月13日のK-1両国大会でK-1スーパーファイト初出場、元Krushバンタム級王者・佐々木洵樹と対戦。佐々木のパンチでダウンを奪われ、プロ初黒星を喫した。2021年2月のKrush後楽園大会で蒼士に勝利して再起を飾ると、8月からスタートした第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場。準決勝で黒田勇斗、決勝で鬼山桃太朗を下して、同級王座に就いた。2022年2月27日、K-1東京体育館大会での第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに現役Krush王者として参戦。一回戦で他団体王者の一航を下すも、準決勝で金子晃大に敗れた。6月「THE MATCH 2022」では新日本キック・江幡睦に敗れて、2連敗を喫した。その後、11月のKrush後楽園大会で永坂吏羅と防衛戦を行う予定だったが、拳の怪我で欠場。2023年7月、約8カ月の時を経て永坂とのタイトルマッチが決まり、判定勝利でKrushスーパー・バンタム級王座の初防衛に成功した。[2023年7月23日現在]

news

  • 2023.08.19のニュース

    「Krush.152」8.27(日)後楽園 ゲスト解説に木村彩音さん&第7代Krushスーパー・バンタム級王者・璃明武選手が登場!

  • 2023.07.31のニュース

    <K-1 AWARDS 2023特別企画>「Krush.151」7.22後楽園 璃明武がファンが選ぶMVPを獲得!ベストバウトは倉田永輝vs"狂拳"迅、ベストKOは悠斗

  • 2023.07.22のニュース

    Krushスーパー・バンタム級王者 璃明武、因縁の挑戦者・永坂吏羅からベルトを死守「防衛戦という心境じゃなかった。負けたら選手としての価値がなくなると思っていた」

  • 2023.07.21のニュース

    「Krush.151」7.22(土)後楽園 完全決着なるか!? 因縁のタイトルマッチ 王者・璃明武「Krush王者としてKOで大会を締める」vs挑戦者・永坂吏羅「アゴも弱そうだし、ボディも効きそうだし、かすれば倒れる」

  • 2023.07.13のニュース

    「Krush.151」7.22(土)後楽園<インタビュー>王者・璃明武「勝つのは当たり前。チャンピオンとしての強さを見せて、ベルトの価値を上げたい」

  • 2023.07.10のニュース

    「Krush.151」7.22(土)後楽園<公開練習>王者・璃明武、初防衛戦で挑戦者・永坂吏羅との因縁に終止符を打つ!「今回勝てば一生やることはないと思う。いろいろ言っているので試合で分からせたい」

  • 2023.06.08のニュース

    「Krush.151」7.22(土)後楽園 王者・璃明武と挑戦者・永坂吏羅が8カ月越し・仕切り直しのタイトルマッチ!「誰が見ても強くなったなと思われる試合をする」(璃明武)vs「相手は寿命が伸びて良かったんじゃないかな」(永坂)

  • 2022.11.21のニュース

    「Krush.143」11.26(土)後楽園 対戦カード変更のお知らせ

tweets

チケット購入