fighter

選手

微笑みの激闘戦士

Matsukura
Shintaro

松倉 信太郎

マツクラ シンタロウ

詳細情報

松倉 信太郎

Matsukura Shintaro

戦績
55戦 37勝(19KO) 18敗 0分
獲得タイトル
第2代K-1 WORLD GPミドル級王者
K-1 WORLD GP初代ミドル級王座決定トーナメント準優勝
初代KNOCK OUT-BLACKスーパーミドル級王者
WPMF世界スーパーミドル級王者
Krush YOUTH GP 2012 -70kg王者
K-1甲子園2009 -70kg王者
所属・ジム
team VASILEUS
生年月日
1991.11.12
身長・体重
180cm ・ 80.0kg
血液型
B型
出身地
アメリカ合衆国・フロリダ州マイアミ(日本)
ファイトスタイル
オーソドックス
入場曲
NF / Turn The Music Up
SNS

profile

2009年にK-1甲子園-70kg王者となり、翌10年からKrushに参戦。Krush YOUTH GP 2012 -70kg王座獲得をはじめ、国内-70kg戦線で活躍。14年11月のK-1の新生旗揚げ戦にも参戦した。17年2月を最後にK-1から離れ、様々な団体を渡り歩き、20年からは75kg近辺の階級に転向。WPMF世界スーパー・ミドル級王座、KNOCK OUT-BLACKスーパーミドル級王座に就いた。22年3月にK-1への復帰を発表。4月「K'FESTA.5」でジュリオ・セザール・モリとの対戦し、カーフキックでダウンを奪い判定勝利。9月のK-1横浜アリーナ大会では-75kgの日本人ライバル・神保克哉と対戦し、最後はKO負けを喫したものの年間ベストバウト級の激闘を繰り広げた。23年3月はブラジルのイゴール・シウバを一撃KOで下し、ミドル級(75㎏)での存在感を見せつけると、6月のK-1横浜武道館大会では、初代ミドル級王座決定トーナメントに参戦。一回戦でヴィニシウス・ディオニツィオをKOし、準決勝で強豪ムスタファ・ハイダからダウンを奪って勝利。決勝ではハッサン・トイの左フックでKO負けを喫したものの、堂々の戦いぶりで準優勝。12月に王者ハッサン・トイとダイレクトリマッチを行い、延長判定勝ちで第2代K-1 WORLD GPミドル級王者となった。[2024年5月22日現在]

battle record

news

  • 2024.06.21のニュース

    松倉信太郎、ルーマニアの新星アレクサンドル・アマリティと激突!「体重・競技の枠を超えたチャレンジをしたい」=7.7代々木

  • 2024.05.15のニュース

    -70kgのMAX世界大会ワイルドカードは誰に?与座優貴、松倉信太郎のスーパーファイト出場可能性も示唆=7.7代々木

  • 2024.03.28のニュース

    「Krush.159」3.30(土)後楽園 ゲスト解説に松倉信太郎選手が登場!

  • 2024.03.05のニュース

    「K-1 WORLD MAX」3.20(水・祝)代々木 松倉選手&大岩選手と行く!スペシャルバックステージツアー決定

  • 2024.01.12のニュース

    「第62回K-1アマチュア全日本大会」1.21(日)東京・GENスポーツパレス 表彰式プレゼンターに松倉信太郎が決定!

  • 2023.12.20のニュース

    K-1 WORLD GPミドル級王者 松倉信太郎が、TOKYO FM「JAPAN MOVE UP」に出演!

  • 2023.12.08のニュース

    王者・ハッサン「前回以上の試合を見せたい」挑戦者・松倉信太郎「あとは試合で出すだけ」=「K-1 ReBIRTH.2」12.9(金)前日計量&会見

  • 2023.11.24のニュース

    「Krush.155」11.25(土)後楽園 ゲスト解説に松倉信太郎選手が登場!

tweets

チケット購入