match result

試合結果

第11試合◎K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R

    所属ジム
    POWER OF DREAM
    Singpatong Phuket
    戦歴
    24戦 17勝(12KO) 6敗 1分
    65戦 44勝(20KO) 20敗 1分
    生年月日
    1998.2.6
    1990.12.22
    身長・体重
    171cm ・ 60.0kg
    170cm ・ 0.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    サウスポー
    出身地
    東京都足立区
    ルアーブル
    SNS

review

試合レビュー

 一回戦でバレラを左ボディでKOした江川。対するメイヤーは西京の足の負傷によるKO勝利で準決勝に駒を進めた。1R、メイヤーはサウスポーから左ミドルで先制するが、江川は構わず左右のフックを上下に打ちつけ、縦回転での胴回し回転蹴りの大技もメイヤーに見舞う。右ジャブ・左ミドルで江川を遠ざけんとするメイヤーだが、江川はプレッシャーを弱めない。左ボディ、左アッパーと江川は打ちつける。

 ジャンプしての二段蹴り、ワンツーと見せるメイヤー。江川は右インローに足応えがあったかさらに放っていく。そしてロープを背にしたところでクルリと回ってバックスピンキック。これがわき腹をとらえ、メイヤーは倒れて悶絶。マウスピースを吐き出して立てず、またも江川が初回KOで決勝に上がった。

■試合後のアーサー・メイヤー選手のコメント
「(試合を終えての感想は?)まず日本で試合をすることが自分にとって素晴らしい体験で、試合内容もよく、いい経験になったと思う。1試合目の西京春馬選手はすごくよく動く選手で、戦いづらいという印象はあったが、自分のローもうまく決まり、2Rにローのカットで結果的にTKOという形で勝つことができたので、勝てたのは本当にうれしかった。2試合目の江川選手はすごくパンチが強くて、ガンガン出てくる選手だが、試合の中で彼の弱点を見つけて、そこを攻めていこうというところでうまい具合に江川選手のキックがボディに決まり、その痛みから回復できずにそのまま負けてしまったのが、本当に残念だ。

(K-1ルールはどうでしたか?)やはりムエタイルールとは違うところがあって、ムエタイでは使えるヒジとかクリンチなどの技が使えないというのはあったが、その中で自分なりにK-1ルールに順応することができて、試合内容もすごく満足できるものだった。やりにくいルールではなかったので、ぜひ今後もK-1ルールで試合したい。(ファンにメッセージを)今回、会場に来てくれて、ありがとうございます。試合に向けてファンの方からメッセージもいただいたりして、自分の中で力になったので、そういう方々が応援してくれたことは本当にうれしかったです。今後も日本で、この素晴らしいK-1で試合したいと思いますので、その時が来たらぜひまた応援してください。アリガトウ」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2019年11月24日(日)“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」
日程
2019年11月24日(日)
会場
横浜アリーナ
選手
back
チケット購入