match result

試合結果

第18試合◎K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

    所属ジム
    Sor.Dechaphan Gym
    POWER OF DREAM
    戦歴
    114戦 74勝(23KO) 38敗 2分
    24戦 17勝(12KO) 6敗 1分
    生年月日
    2001.9.8
    1998.2.6
    身長・体重
    165cm ・ 0.0kg
    171cm ・ 60.0kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    バンコク
    東京都足立区
    SNS

review

試合レビュー

 一回戦、準決勝をともに1RKOで勝ち上がった江川。決勝では安保・卜部を下しているジャオスアヤイと対戦した。

 1R、江川は左インロー、前蹴りと前に出ていく。ジャオスアヤイは跳び顔面前蹴り。江川はしかしこれをブロックし、左右のボディフックで動きを止め、右ローから右フックにつなげるとジャオスアヤイは顔をしかめてダウン。立ち上がったジャオスアヤイだが、すでにダメージが深く、江川は右ローから右・左フック・左ボディフックと放ってジャオスアヤイを沈め、優勝を決めた。

江川のマイク
「こんばんは。僕も足立区から来たパワーオブドリームの江川優生です。まず最初に、今日戦ってくれた3選手、ありがとうございます。トーナメント出場してくれた全選手ありがとうございます。本当にこのベルトを獲るのが夢で、古川会長に感謝しています。また古川会長に叱られると思いますけど、これからも古川会長よろしくお願いします。ここまでこれたのは家族のみんな、ジムのみんな、応援してくれたみなさんのおかげです。これからも江川優生とパワーオブドリームの活躍を期待していてくだい。K-1最高!」

■試合後の江川優生選手のコメント

「(試合の感想は?)POWER OF DREAMの江川優生です。外国人選手は初めてだったんですけど、みんな気持ちの強い選手で倒すのがたいへんでした(苦笑)。(外国人選手との試合が続いたのは予想外だったのでは?)本当に予想外のトーナメントで、まず自分が1RでKOで三つ倒したのもビックリしてますし。西京選手がアクシデントで骨折したんですかね? あれで(二回戦に)アーサー選手が上がってくるのもビックリしましたし。反対ブロックも卜部選手か安保選手だと思ってたんですけど、タイの選手が上がってきて。本当に予想外のトーナメントでしたね。(その中でも倒せたのは何がよかった?)とくに意識はしてなくて、本当に練習してきたことを出しただけなので。

(西京選手が消えたときに、心の中で緩んだものはあった?)緩みはしなかったですけど、西京選手の相手が思ったよりも強い選手だったのでビックリして。ちょっと映像で観たときよりも強い選手だったので、どうなんだろうっていう。やってみてパンチも蹴りもけっこう重くて、初めて体験したパワーでしたね。(逆に気が引き締まった?)そうですね、未知の相手だったのでなおさら身が締まって対戦できましたね。

(これからどんなチャンピオンを目指したい?)本当にK-1の顔になれるような、ウチのジムの先輩の武居由樹くんだったり武尊選手、K-1の偉大なスターになりたいですね。(武居選手から言葉は?)『おめでとう』って(笑)。お互い毎日一緒にいて、ちょっと恥ずかしいのであんまり言いにくいですけど(笑)。でも、写真を撮ってもらって、『おめでとう』って言ってました(笑)。

(武居選手が二階級制覇を見据えたと口にしていたが、もしかしたら対戦することになるかもと考えることは?)いや、そこは考えてないんですけど。今回、僕が取れなかったら、由樹くんは(階級を)上げるって話もあったので。まあ、自分としては最初で最後のチャンスだったので、取れてうれしかったです。

(55kgと57.5kgを武居選手と一緒に引っ張っていきたいという気持ちは?)お互いに時期に一個ずつずれて、僕が60kg、由樹くんが57.5kgになるとは思うんですけど、もうしばらくはこれでやっていきたいですね。(Krushと二冠王でいくのか、それともK-1に専念する?)ここで言っていいのかわからないですけど、一応K-1取ったので、Krushは返上しようかなって考えてます。

(ファンにメッセージを)今日は一日、ありがとうございました。次、またK-1のリングに帰ってくるときは、もっと進化した江川になってるので、ぜひ今後もよろしくお願いします。ありがとうございました」

■試合後のジャオスアヤイ選手のコメント
「(試合を終えての感想は?)チャンピオンになれなくて、とても悔しいです。(3試合やって一番大変だったのは?)2回戦ですね。延長もありましたし、体の至る所が痛かったです。(ファンにメッセージを)(涙を浮かべながら)タイにベルトを持って帰ることができなくて申し訳ありません。ただ、ここまで来れたことをうれしく思います」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2019年11月24日(日)“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」
日程
2019年11月24日(日)
会場
横浜アリーナ
選手
back
チケット購入