match result

試合結果

第1試合◎K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R

TETSU

TETSU / Tetsu

判定0-3
26:29/26:29/26:29

斗麗

斗麗 / Toma

    所属ジム
    月心会チーム侍
    WIZARDキックボクシングジム
    戦歴
    18戦 13勝(3KO) 5敗 0分
    18戦 13勝(5KO) 5敗 0分
    生年月日
    2000.8.22
    2002.10.27
    身長・体重
    176cm ・ 62.5kg
    169cm ・ 57.5kg
    ファイトスタイル
    オーソドックス
    オーソドックス
    出身地
    大阪府枚方市
    京都府京都市
    SNS

review

試合レビュー

 1R、斗麗はオーソドックスとサウスポーをスイッチしながら戦う。TETSUはロープを背にして慎重に出て行かない。斗麗はこれにサウスポーからの左ミドルを当てていく。かと思えばオーソドックスに変わって右ミドル。TETSUはミドル、ローと放つもやはり慎重に様子を見る。斗麗は左右どちらに構えてもミドルを放って制空権を作る。ラウンド終盤は両者打ち合いとなるが、互いにグローブを高く上げてディフェンスが固く、どちらもクリーンヒットはない。
 2R、斗麗はサウスポーに変わりながらの左ストレート。これは当たらずも、続けてTETSUが出てきたところに放った左ストレートがカウンターでヒット。やや効いた風のTETSUだったが、ここはクリンチして追撃を逃れる。両者攻防に激しさを増してきて、TETSUの右ストレート・クロスとヒット。斗麗は反撃に移るが、ブレークの後でパンチを後頭部に見舞ってしまいレフェリーから注意を受ける。終了間際、TETSUがパンチで頭を下げたところへ斗麗は右ヒザを突き上げ、これでダウンを奪って2Rを終える。
 3R、TETSUは左フックを上下打ちして斗麗を遠ざけんとするがやや力が感じられず、斗麗が逆に左フックの上下打ち、ボディへのヒザと見舞ってTETSUからダウンを奪う。
 斗麗は連打でフィニッシュに入り、パンチ一辺倒にならず、ヒザ、ミドルと織り交ぜる。しかしTETSUもフックを打ち込み逆に斗麗をフラつかせる。息を吹き返したTETSUは斗麗に襲い掛かり、鼻血の見られる斗麗は組みつきでレフェリーから注意される。TETSUの右ストレートを浴びると斗麗はここでも組みついてしまいレフェリーからイエローカードを受ける。時間終了までTETSUはダウンを奪わんと迫るが、斗麗は跳びヒザ、左右フックで反撃。
 判定は29-26、29-26、29-26の3-0で斗麗。TETSUの追い上げを振り切り勝利した。

斗麗のコメント
 
「(試合を終えての感想は?)TETSU選手メチャ強くて、思ってたよりメッチャ強かったんで、試合中『どうしようかな』と思ったんですけど、負けたら後がなかったんで、勝ててよかったです。
(ダウンを奪った後も盛り返されたが?)映像で見てる限り、前のTETSU選手やったらあそこで心折れて、そこから来ないかなと思ってたらメッチャ来て、そこがメッチャ強かったなあと思って。
(ファンにメッセージを)僕まだまだ弱いんで、これから絶対強くなって、絶対K-1のチャンピオンになるんで、これからも応援お願いします」

TETSUのコメント
 
「(試合を終えての感想は?)せっかくいい舞台に2回も呼んでもらえて、でも結果出せなくて、とても悔しく思ってます。
(やりたいことができなかった?)最初けっこう固くて、だんだんいい感じになってきた時にダウンをもらってしまって、それで自分の中の歯車が狂ってしまった感じです。
(ファンにメッセージを)2連敗してしまってすみません。『次は』って簡単に言えないですけど、でも絶対にここから這い上がるんで、これからも応援よろしくお願いします」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2019年11月24日(日)“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」
日程
2019年11月24日(日)
会場
横浜アリーナ
選手
back
チケット購入