2022.08.04

 東京・K-1ジム総本部にて、8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催される「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の[K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]でファク・スアレスと対戦するK-1フェザー級王者・軍司泰斗が公開練習を行なった。

 昨年12月のK-1エディオンアリーナ大阪大会で椿原龍矢に勝利し、K-1フェザー級王者になった軍司。今年2月のK-1東京体育館大会では大一番を控えていた武尊とエキシビションマッチを行なうなど次世代のK-1の顔としての期待を懸けられ、また本人もそれに応える意気込みで満々だった。

 しかし、そんな意気込みで臨んだ4月「K’FESTA.5」代々木第一体育館大会では、斗麗相手に延長戦にもつれ込みながらの判定勝利。勝利したものの、王者としての力を見せつけられなかったという悔いが残った試合だった。

 そんな時に舞い込んできたのが今回のトーナメントのオファーだった。「実力不足だっていうのも感じたし、まだ防衛もしていないなかでトーナメントという形だったんで、そういった意味も含めて悔しいなっていうのはありますね」と、悔しさも感じたオファーだったという。

 だが、逆に考えれば力を示すチャンスでもある。「これで圧倒的に勝てば相手がいないということが証明出来て、自分がチャンピオンに相応しいと思わせることが出来るかなと思いますね」と、改めてトーナメントで王者としての実力を証明する気構えでいる。

 4月の斗麗戦では「倒せない」ことを痛感した軍司は、試合後から倒せる武器を作る作業に取り組んだ。そこで感じたのは基礎が大事だということ。そのため基礎を大事にする練習に取り組み、「地道な作業でしたけど、そこで活かされるかなって思いますね」という手応えを得ることが出来た。特に磨きをかけたのが得意のパンチだ。

「今までは何発も何発も当てて倒す感じだったんですけど、1発で倒せるような練習をドンドンしてきました。1発でスカッと倒せる練習はしてきたんで、スカッと勝てるかなと思いますね」と自信も得ることが出来た。特に右ストレートと左のボディブローを強化しようで、「どちらかで倒せるかなっていうのはありますね」と自信たっぷりだった。

 それを証明するかのように公開練習でも2分1Rの間、パンチのみのミット打ちを披露。梶原龍児代表が持つミット目がけて、鋭いパンチを連発し、順調な仕上がり具合を見せつけていた。

 一回戦の相手はファク・スアレスというアルゼンチン出身で、南米で活躍するファイターだ。「凄いガンガン前に来て、パンチが得意な選手かなとは思いましたね」と印象を語った軍司。しかし、攻略のイメージは「完璧ですね」と、既に完成している様子だ。また、スアレスのみならず、「トーナメントに出る選手全員の動画とかもチェックして研究しているんで、完璧かなとは思いますね」と、誰と当たってもいいように入念に研究を重ねてきた。

 今回出場する日本人選手全員に勝利しているため、準決勝や決勝では外国人選手との対戦を希望していたが、「誰が上がってきても倒せるようにしているんで、全試合僕が倒すことになると予想しています」と、誰の挑戦も返り討ちにする腹積もりだ。

 現王者で圧倒的にトーナメントを制したあかつきには、さらに高みを目指す。それは武尊が長年担っていたK-1の顔という役割だ。

「武尊選手が休養して少しの間K-1を離れるということだったんで、そういった期間に僕たち若い世代がドンドン活躍していって、その中でも僕がK-1の顔になりたいという気持ちは強いですね」と軍司。K-1王者が世界最強決定トーナメントを制した例は過去にゲーオ・ウィラサクレックと武居由樹の2人しかいない。史上3人目の快挙と共に、「圧倒的に3試合KOで勝って、絶対王者という形を作っていきたいと思います」と、K-1の絶対王者としての地位の確立を目指す。

 

選手登録