fighter

選手

暴走ヒットマン

Matsushita
Daiki

松下 大紀

マツシタ ダイキ

詳細情報

松下 大紀

Matsushita Daiki

戦績
20戦 10勝(8KO) 8敗 2分
所属・ジム
BELIEVE MAN
生年月日
1996.2.13
身長・体重
181cm ・ 70.0kg
出身地
東京都葛飾区(日本)
ファイトスタイル
オーソドックス
入場曲
プリンス feat.KOHH & MONY HORSE / Y'S
SNS

profile

小学生で格闘技を始め、K-1甲子園にも出場。試合前のフェイス・トゥ・フェイスの睨み合いが代名詞の超攻撃型ファイター。対戦相手を巻き込む暴風雨のような猛ラッシュでプロデビューからKO勝利の山を築き、第6代Krushスーパー・ライト級王者の篠原悠人からもKO勝利を収めた。一時は4連敗を喫して1年以上も勝ち星から見放されていたが、2018年5月のKrush後楽園で寺崎直樹を下して復活。続く7月のジョージ戦でもKO勝利すると、11月の第3代K-1スーパー・ライト級王座決定トーナメントのリザーブファイトでもKO勝利を収めた。2019年1月のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチで敗れたあと、2020年1月のKrushでスーパー・ウェルター級に転向。EITOを激しい打ち合いの末にマットに沈めた。2021年3月「K'FESTA.4 Day.2」ではベテラン城戸康裕の壁に挑み、敗れたものの先制のダウンを奪って武道館を沸かせた。2022年2月27日のK-1東京体育館大会で約11カ月ぶりのK-1参戦が決まり、アビラル・ヒマラヤン・チーターと対戦。KO決着必至の一戦となった。[2021年12月21日現在]

news

  • 2022.02.26のニュース

    「K-1 WORLD GP」2.27(日)東京 佐々木大蔵「国際戦の壁を打破する」vsヴィトー・トファネリ「リングで叩きのめす」、アビラルvs松下・高梨knuckle美穂vsYuka☆はボコボコ宣言、山際和希「職人技を出す」vs中野滉太「ベテランを倒す」

tweets

チケット購入