fighter

選手

ダイナマイトキッド

Ozawa
Kaito

小澤 海斗

オザワ カイト

詳細情報

小澤 海斗

Ozawa Kaito

戦績
27戦 15勝(7KO) 10敗 2分
獲得タイトル
第2代Krushフェザー級王者
K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント準優勝
所属・ジム
Team KK
生年月日
1993.4.27
身長・体重
168cm ・ 60.0kg
血液型
B型
出身地
福島県会津若松市(日本)
ファイトスタイル
サウスポー
入場曲
TTimati & La La Land feat. Timbaland & Grooya / Not All About The Money
SNS

profile

空手・アマチュアボクシングで活躍し、2014年にKrushでプロデビュー。2016年2月に第2代Krushフェザー級王者となる。同年、K-1のリングで武尊に挑戦状を叩きつけて、激しい舌戦や乱闘を展開。2度に渡って拳を交えるも勝利を掴むことは出来なかった。2017年は西京春馬に連敗を喫し、Krushフェザー級王座も陥落。2018年6月の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントではまさかの一回戦敗退を喫し、9月の芦澤竜誠戦でも敗北を味わった。2019年からはK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ所属となり、3月「K'FESTA.2」で覇家斗とのサバイバルマッチに勝利し、6月のK-1両国大会でも鷹大を下して連勝。2020年3月「K'FESTA.3」では、ムエタイの強豪ジャオスアヤイと激突。最後は唇の裂傷によるドクターストップで無念のTKO負けとなったが、互いにダウンを奪い合う熱戦を繰り広げた。2021年3月「K'FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会では、K-1初参戦となる篠塚辰樹に延長までもつれる接戦の末に敗戦。その後は9月のK-1横浜アリーナ大会で國枝悠太に判定勝利、2022年2月のK-1東京体育館大会で玖村修平に判定負けと勝ち負けを繰り返した。2023年、心機一転、スーパー・フェザー級に階級を上げて、自らのチームTeam KKを結成。3月12日「K'FESTA.6」で大岩龍矢との一戦に臨む。[2023年1月27日現在]

battle record

news

  • 2023.03.08のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 対戦カード変更のお知らせ

  • 2023.02.16のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木<インタビュー>小澤海斗「階級を上げて闘争心を持って“狩る”気持ちで試合ができる。大岩の頭をカチ割ってやります」

  • 2023.01.27のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 大岩龍矢と小澤海斗が約6年7カ月ぶりのリマッチ!「正直、小澤選手は通過点」(大岩)vs「その頭をカチ割ってやる」(小澤)

  • 2022.02.26のニュース

    「K-1 WORLD GP」2.27(日)東京 小澤海斗「明日は暴れる」vs玖村修平「何もさせずに勝つ」、神保克哉vsダニロ・ザノリニは新階級設立へ向けて気合十分、瓦田脩二vs篠原悠人・里見柚己vs龍華 ライト級戦線に浮上するのは?

tweets

チケット購入