fighter

選手

日本ヘビー級最強の男

Kyotaro

京太郎

キョウタロウ

詳細情報

京太郎

Kyotaro

戦績
28戦 21勝(11KO) 7敗 0分
獲得タイトル
第2代K-1ヘビー級王者
K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント第三位
元プロボクシングWBOアジア太平洋ヘビー級王者
元プロボクシングOPBF東洋太平洋ヘビー級王者
元プロボクシング日本ヘビー級王者
所属・ジム
チーム未完
生年月日
1986.6.23
身長・体重
183cm ・ 0.0kg
出身地
大阪府大阪市(日本)
ファイトスタイル
オーソドックス
SNS

profile

2006年にキックボクサーとしてプロデビューし、2007年からはK-1を主戦場に戦う。「K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA JAPAN GP」で準優勝を果たし、2009年の第2代K-1ヘビー級王座決定トーナメントではメルヴィン・マヌーフとグーカン・サキを下して、K-1で日本人初となる重量級の世界王者となった。2010年4月にピーター・アーツをKOし、王座初防衛に成功。10月の「K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16」ではジェロム・レ・バンナからも勝利を収める。2011年にプロボクシングに転向し、デビュー8戦目で日本ヘビー級王座を獲得。3度の防衛を経て、2017年にOPBF東洋太平洋ヘビー級・WBOアジア太平洋ヘビー級王者となる。2019年12月、WBOインターナショナルヘビー級王座決定戦に臨むも、ダニエル・デュボアにKO負けを喫して王座獲得はならなかった。2020年11月に日本ボクシングコミッションにライセンスを返上し、プロボクシングからの引退を表明。2021年3月「K'FESTA.4 Day.2」にて、約10年ぶりにK-1復帰を果たすと、実方宏介をKOして健在ぶりを見せつけた。9月のK-1横浜アリーナ大会ではヘビー級スーパーファイトで現K-1クルーザー級王者シナ・カリミアンに判定負け。2022年4月「K'FESTA.5」のK-1無差別級トーナメントでは一回戦で坂本英則に勝利するも、準決勝でマハムード・サッタリに敗れた。2023年3月12日「K'FESTA.6」では北京五輪柔道金メダリスト・石井慧との日本人重量級頂上決戦に臨み、判定勝利を収めた。[2023年3月13日現在]

news

  • 2023.03.12のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木<試合後インタビュー>京太郎「もう一度波に乗ってがんばっていきたい」、石井慧「K-1に関しては満足、京太郎選手と戦えたことは宝です」

  • 2023.03.11のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 野杁正明「アスケロフ選手をKOして世界に喧嘩を売る」、アビラルがピケオー撃破へ「何が何でも勝つ」、京太郎「僕が歩んできた道のりを伝えたい」vs石井慧「自分自身を悔いのないようにぶつける」

  • 2023.03.02のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木<特別コラム>K-1で実現した日本人重量級頂上決戦、そして令和の異種格闘技戦 京太郎と石井慧の生きざまを見届けよ

  • 2023.02.25のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木<公開練習>京太郎、敬意を持って同時代の同志・石井慧を粉砕する!「全身全霊で叩き潰すだけです」

  • 2023.02.10のニュース

    「K'FESTA.6」3.12(日)代々木<インタビュー>京太郎「僕と石井選手は同じ時代に格闘技で生きて、お互いに大変な道を歩んできた。その2人が戦うことに意味があると思う」

  • 2022.04.02のニュース

    「K'FESTA.5」4.3(日)代々木 いよいよ注目の無差別級トーナメント開催!石井慧と京太郎が決勝での対戦を誓う

  • 2022.03.30のニュース

    「K'FESTA.5」4.3(日)代々木<煽り映像>無差別級トーナメント出場選手が語るK-1レジェンドへの想い

  • 2022.03.23のニュース

    「K'FESTA.5」4.3(日)代々木<公開練習>京太郎、原点回帰のボクシング練習で無差別級の頂点に立つ!「K-1に復帰して、いい時にトーナメントの話が来た。一発で仕留める重量級の凄さを伝えたい」

tweets

チケット購入