2022.08.03

 8月3日(水)都内にて、9月11日(日)に神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~よこはまつり~」の第3弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 K-1 WORLD GP第5代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント1回戦で横山朋哉と対戦予定だったベイリー・サグデンの欠場が発表された。サグデンは本大会においてK-1 JAPAN GROUP初参戦を飾る予定だったが、練習中に右足首を骨折し、全治3カ月の診断を受けた。そのためK-1スーパー・フェザー級王座決定トーナメントを欠場。代打としてスタウロス・エグザコスティディスのトーナメント出場が決定した。

 スタウロスは2017年9月にK-1 WORLD GPへ初参戦。当時K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の大雅から3度のダウンを奪う快勝でインパクトを残した。その後2018年3月の「K'FESTA.1」において第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに参戦。武尊との壮絶な打ち合いの末敗退するも、武尊にダウン・KOを許さなかったタフさを披露しK-1のリングに名を刻んだ。2019年12月の大岩龍矢戦を最後にK-1のリングから遠ざかっていたが、今回サグデンの代打として2年9カ月振りの復帰が決定した。

 欠場が決定したサグデンは「欠場することになり本当に残念。一日でも早く怪我を治し戻ってくる」とコメント。2年9カ月ぶりのK-1参戦を果たすスタウロスは「K-1のベルトは長い間夢に見てきたもの。チャンスを自分のものにする」と意気込み。さらに「トーナメントの決勝では大岩龍矢にリベンジしたい」と、2019年12月に敗れた大岩との再戦を熱望した。

 対戦相手の変更を受けた横山は「武尊選手もKOできなかったスタウロス選手を1回戦からKOして優勝する」とコメントを残した。各選手のコメントは以下の通り。

ベイリー・サグデン
「怪我でトーナメントを欠場することになり、本当に残念で言葉にならない。一日でも早く怪我を治し、さらに強くなって戻ってくる。そして日本のK-1ファンに私の実力を見せられる日を楽しみにしている」

スタウロス・エグザコスティディス
「K-1よこはまつりというビッグイベントで、再び大好きな日本のファンの前に立つことができるのを本当にうれしく思っている。対戦相手の横山はベルトのかかったトーナメントの8人に選ばれているという時点で素晴らしい選手だと思っている。トーナメントの決勝では、一度敗れている大岩龍矢にリベンジしたい。同じギリシャのマイク・ザンビディスも巻くことができなかったK-1のベルトは、自分が長い間夢見てきたもの。必ず今回のチャンスを自分のものにする」

横山朋哉
「武尊選手もKOできなかったスタウロス選手を僕が倒すことによって、みんなが僕の実力を認めてくれると思います。なので1回戦からKOで倒して優勝します」

 

選手登録