2022.06.23

 都内・K-1ジム総本部にて、6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」の「日本vs世界・3対3/女子-53kg契約/3分3R・延長1R」で☆SAHO☆と対戦するジャシンタ・オースティンが公開練習を行なった。

 オースティンは2分1Rのミット打ちを披露。鋭いパンチやキックを披露し、「体調も凄くいいので、早く計量を終わらせて美味しい日本食を食べたい」とコンディションの良さをアピールした。 

 オースティンはオーストラリア出身のファイターで、7年前に「自分と遊んでいた仲間が遊び半分でキックボクシングを始めて、自分も何か新しいスポーツをやってみようかと思ったのが最初のきっかけで、そこからハマり込んでしまった」と、格闘技の道に入った。

 キックボクシングのみならず、ボクシング、MMA、グラップリングと様々なジャンルの格闘技に挑戦しているが、「いろんなことをやって経験を積むことに楽しさを感じている」と、格闘技ライフを楽しんでいるようだ。その中で培われたファイトスタイルはアグレッシブなもの。「もの凄く速いペースでアグレッシブに攻めるタイプだと思っている」と語ったオースティンだが、特に「左側の攻撃、左のフック、キック、あとは前蹴り」が得意技のようだ。

 今回対戦する☆SAHO☆に関しては、「ファイトスタイルが似ていて、とても強い選手だと思っている。映像を見ているとパンチも強いですし、凄い強いキックを持っていると思いる」という印象を持っているようだが、「ここでは教えられないけど(攻略するイメージは)出来ている(笑)」と語っている。

 また、オースティンはかつてKANAのスパーリングパートナーを務めたことがあり、一度だけ来日経験もある。そのKANAが持つK-1女子フライ級王座に狙いを定めているのが、今回の対戦相手である☆SAHO☆だ。その☆SAHO☆とKANAに関して、「KANAのテクニックもそうだけど、どれだけ強いか分かっている。今回☆SAHO☆選手がどんな感じかというのは試合で分かると思うけど、どちらが強いかと言うのであれば、KANA選手のほうが強いと思う」という見方をしているオースティン。

 当然、この試合に勝てば、自身も女子フライ級王座の有力な次期挑戦者候補の一人となるが、「自分にとってKANAはチームの一員というか、今後も将来的にも自分のスパーリングパートナーという存在で考えている。もしタイトルに挑戦する機会を与えられるのであれば、ノーと言うことはないと思う」と、将来的なベルト挑戦にも意欲を見せる。

 今大会はK-1初の女子大会。「このような国際的に大きなイベントで、女子だけの大会が組まれるということは、女子にとっても自分たちをアピールするいい機会だと思う。通常どの大会を見ても2~3カードは女子の試合があるが、こうして全てが女子の試合になるのは素晴らしい」と語ったオースティン。その大会の中で、「この日のベストバウトになるようなエンターテインメント性のある試合をしたい」と、存在感をアピールする。

 

選手登録