2022.05.22

 5月22日(日)都内にて、前日に開催された「Krush.137」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 本大会より階級をスーパー・フェザー級にアップした髙橋直輝がベテラン・遠藤信玄と対戦。長身の遠藤をシャープなパンチで攻め立て、髙橋が2RでKO勝利を収めた。

 初めてのスーパー・フェザー級での一戦に、髙橋は「全然動きが変わったと思います。頭の冴えが変わりました。糖分入ったぞ!みたいな(笑)」と、コンディションの大幅な改善を実感。大熱戦が繰り広げられた第1試合の流れを受けたとし「第2試合でKOできて、第1試合の熱さをつなげられたと思います」と、大会の熱気に貢献した手応えを語った。

 この勝利は6月のK-1女子大会を控える妹・MOEへのバトンとなった。MOEからは「『手数少ないわ!』ってめっちゃ言われました(笑)」と叱責を受けたというが、見せる笑顔から十分なエールとなったことを感じさせた。今後の目標を「楽しんで試合をできるようにしていきたいと思います」と語った髙橋。最後にはファンへ「おかしい動きも個性だと思って、応援お願いします」と応援を呼びかけた。

髙橋直輝
「なんとかKOで勝って、第2試合でKOできて、第1試合の熱さをつなげられたかなと思います。(スーパー・フェザー級に階級を上げて)全然動きが違うかったかなと思います。頭の冴え方が変わりました。糖分入ったぞ、みたいな(笑)。これからは手数とかを増やしていきたい。(セコンドで妹のMOEからは?)手数少ないわ!ってめっちゃ言われました(笑)。もっと頑張らないといけないなと思いました。(今後の目標は?)楽しんで試合できるようにしていきたいと思います。(ファンへのメッセージ)これから60kgになって、おかしい動きも個性だと思って、応援よろしくお願いします」

 

選手登録