2022.05.12

 6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の[K-1 WORLD GP初代女子アトム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R]でパヤーフォン・アユタヤファイトジムと対戦するMIOのインタビューを公開!

――K-1初の女子大会開催が決まりました。どんな心境ですか?

「はじめに聞いたときはすごく嬉しかったし、チャンスだと思いました。このK-1女子を引っ張ってくれてたKANA選手に感謝して、これからは女子選手みんなで引っ張って、盛り上げていこうと思いました」

――しかも初代アトム級王座決定トーナメント出場というK-1チャンピオンになるチャンスも巡ってきました。

「初の女子大会で、記念すべき初代王座決定トーナメントが行われるということで、これはアトム級のファイターみんなが頑張った結果だと思います。私としても、すごくいいタイミングでK-1で戦うことになって、トーナメントにも出場ができて、本当に嬉しいです。また同じベルトを巻くにしても“初代”は別格だと思っているので、ベルトを巻くなら初代がいいんですよ。最初に私がベルトを巻いて、ベルトを価値のあるものにして次の選手に引き継いでいってもらいたいと思ってます」

――そのトーナメント一回戦の相手がパヤーフォンに決定しました。印象を教えてください。

「すごく実力がある選手だと思っているので、自分の実力を見せられるいい選手だと思ってます。もちろん勝つ気でいますが、パヤーフォン選手に勝てたら価値のある勝利だし、すごくいい相手と一回戦から戦えるなと思っています」

――MIO選手はこれまでムエタイの選手とも多く対戦してきてますよね。

「今までのタイ人選手とやった時はあまり何も感じなかったんですけど、パヤーフォン選手は一味違ったレベルの高さがあると思っているので、油断できない危険な選手だと思います。ただK-1ルールでの対タイ人選手は初めてなので、そこは少し変わってくるのかなと。過去タイ人選手とやった試合を見返しながら、上手く(パヤ―フォン)対策できたらいいなと思ってます」

――勝ち上がりによっては決勝戦で1勝1敗の菅原美優選手との決着戦が実現します。そこは意識していますか?

「それが最高のシナリオですね。昨年11月の負けが今回優勝するためのストーリーだったと言えるようなトーナメントにしたいと思います」

――MIO選手にとって菅原選手はどんな存在ですか?

「菅原選手もすごく努力していると思いますし、前回の試合は私の完敗だったと思います。あの日は菅原選手が全て持っていったと思いますが、6月25日は私が全部持っていこうと思っています」

――それでは最後にベルトへの想いも含めて、ファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「私は初代K-1女子アトム級王者という名誉ある肩書きを背負う覚悟があります。このトーナメントでは私がしっかりベルトを獲りに行きます。K-1で戦うようになって、このトーナメントは私の集大成だと思っているので、ここでK-1のベルトを獲って、格闘家としてしっかり胸を張りたいと思っています」

 

選手登録