2022.03.07

 3月7日(月)都内にて、4月30日(土)に開催される「Krush.136」後楽園ホール大会の第1弾カード発表会見が行われた。

 近藤拳成vs稲垣柊のスーパー・ライト級戦が発表された。近藤は2021年2月以来、これが1年2ヵ月ぶりの復帰戦。対する稲垣は昨年11月に大泉翔をKOして4連勝中と波に乗る。

 近藤は前戦の後、怪我の影響もあり。一度は格闘技から離れることも考えたと告白。だが「もう1回チャンピオンを目指す」という決意とともに復帰を決めたという。スーパー・ライト級に階級を下げた弟の魁成とともに、躍進を期す。一方、好調の稲垣は今年中にKrush王座にたどり着くことを目論む。“格上”と見る近藤の右ストレートには警戒を示すも、「切らさず練習してきたことが今の好調につながっている」と、自信を覗かせる。

 K-1王者の山崎秀晃、Krush王者の佐々木大蔵とベテラン勢に分があるかに見えるスーパー・ライト級だが、ともに22歳と若い2人がこの戦いを経て、トップ線戦にどう食い込んでいくのかも注目される一戦だ。

近藤拳成
「約1年ぶりの試合になるんですけど、この1年で格闘技から離れようかと初めて思ったりして、その中で復帰決めて、もう1回チャンピオン目指して頑張るって決めたんで、この第1試合目をKOでちゃんと勝って、65kgに弟も来たので、弟と2人で上位戦線を壊していこうと思います。(警戒するところは?)勢いがあって、パンチとヒザが強い。身長が高いので、そこは対策していこうと思っています。

(格闘技から離れようかと思ったというが、戻った理由は?)周りの人が支えてくれたのが一番大きくて、(チャンピオンになるのは)自分だけの夢じゃないなと思ったのが一番です。(どんな試合を望む?)『近藤拳成、メッチャ強くなったな』と思われるように。あとしっかりKOで終わらせたいと思います。(ファンのみなさんにメッセージを)この1年間、休んでたので、それがムダじゃなかったというのを証明するためにしっかりKOで勝って、ここから上に上がっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

稲垣柊
「昨年はいい勝ち方で終われました。今年一発目、タイトルマッチも経験している近藤選手にしっかりと勝ち切って、アピールしていきたいと思います。(相手の印象と警戒する点は?)自分がデビューする前からK-1 JAPAN GROUPでは近藤兄弟が活躍していて、自分としては格上だと思っているので、今回は挑んでいきたいと思います。右ストレートは怖いので、そこは対策していきたいです。

(連勝で波に乗れている理由は?)プロ2戦目で敗れてから階級を変えて、相手の計量オーバーとかで試合ができない時期もあったんですけど、そこで切らさずしっかり練習できていたのが生きているかなと思っているので、そこを2022年はもっとしっかり出していって、ベルトまでいきたいと思います。(どんな試合を望む?)65kgはベテランの選手が多いので、僕たち若い選手が、若いのもいるぞというところを試合で見せていって、最後はしっかり倒して終わりたいです。(ファンのみなさんにメッセージを)2022年のうちに必ずベルトまでたどり着けると思うので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録