2021.12.02

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]王者・椿原龍矢vs挑戦者・軍司泰斗を第5代Krushフェザー級王者の新美貴士が大予想!

「この試合はすごく予想が難しい試合ですね。本当に五分五分の勝負で、どちらが勝ってもおかしくない試合だと思います。(軍司とは9月のK-1横浜アリーナ大会で対戦しているが?)僕が相手だったからかもしれませんが、事前に映像で見ていたよりも前に出て来て打ち合うスタイルでした。肌を合わせて見て身体の強さや技の精度が高いと感じました。(軍司の戦い方は意外だった?)そうですね。あそこまでずっと前に出てくるとは思わなくて、こういう試合でもできるのか!と思いましたね。階級を上げて来て、前よりもスタミナがあったと思います。

(椿原の印象は?)足を使って、相手が入ってくるところに攻撃を合わせるのが上手いですよね。前に出てプレッシャーをかけてくる選手には強いと思います。江川(優生)選手と2回やって2回勝って、さらに強くなったと思います。(どんな試合を予想している?)軍司選手がずっと距離を詰めるかもしれないですし、どこでどうポイントをつけるか?ですね。ただ椿原選手はアウトボクシングのイメージが強いかもしれませんが、決してそれだけではないんですよ。アウトボクシングではなくて“距離が欲しい”タイプというか。僕はそういう戦い方をする選手だと思っています。(勝敗予想は?)もう本当にどうなるか分からないですね(苦笑)。ただチャンピオン、防衛戦、地元の試合……そういう色んな要素を集めたホンの少しの差で椿原選手がやや有利かなと思います」

 

選手登録