2021.11.23

 東京・Y’ZD GYMにて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[K-1女子ミニマム級スーパーファイト]で美伶と対戦する高梨knuckle美穂が公開練習を行なった。

 公開練習では得意のパンチだけでなく蹴りを織り交ぜたミット打ちを披露し、好調さをアピールした高梨。前回の試合は7月のK-1福岡大会でのMARI戦だったが、これは3月「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会での再戦だった。日本武道館大会では延長にまでもつれ込み高梨が勝利したものの、両者とも納得が行かずに決着戦として同じカードを戦った。

 この試合も判定で勝った高梨だったが、「3R行きたかったところで右のストレートを警戒しすぎて行けなかったのが一番の反省点ですね。2Rの終盤に倒せそうで、でも倒せなくて。相手が嫌がってるのは分かってるのに3R行けなかったのは自分に甘いところがあったなと思います」と、出てくるのは反省の言葉。

 強気で鳴らす高梨も「倒されたらどうしようという不安があったので、勝ちにこだわっちゃったのかなと思います。同じ相手に負けてしまったらっていう部分があったんで、ちょっと引いちゃった部分がありましたね」と、不安を抱えての戦いだったという。

 しかし「私のパンチが入ってた時に凄く嫌な顔をしてたんで、やっぱり入れば相手に効くと思いますし、倒せると思うんで、今回の大阪大会は絶対に倒したいなって思いますね」と、気持ちを入れ替えて美伶との試合に臨む。

 美伶は2019年にデビューし、まだプロ2戦目の新鋭だ。デビュー時は53kg契約での試合だったが、前回のケイト・ウィラサクレック戦からミニマム級に転向。高梨と同じ階級に来たことで「上がってくるなって思ってた選手なんで、『ここで来たか』って思いました」と、いずれ対戦する予感がしていたという。その美伶について、「身長は低いですけど、ガタイは凄くいいなって思いましたね」と印象を語った高梨。美伶はKOこそないものの、ケイト戦も2ダウンを獲って勝利しており、パンチ力が目立つ選手だ。

 高梨もリングネームに“knuckle”と付くように、破壊力のあるパンチがセールスポイント。美伶には会見で「打ち合いたい」と言われていたが、それは高梨も「私も思いっきり打ち合えるようにしたいと思いますし、私のほうがスピードは速いかなって思いますね」と、望むところといった様子だ。

「今までパンチが強いと思う相手に会ったことがないんですよ。パヤーフォン選手のように蹴りが強い選手はいましたけど、パンチでそういう選手に会ったことがないんで楽しみですね。自分がダウンするのもどんな感じになるんだろうって楽しみです」と、新鋭とのパンチの打ち合いに舌舐めずりしている。

 不安が大きかった前回のMARI戦に比べ、今回の美伶との試合には「ワクワクしかないです。凄く楽しみです」と精神的にも前向き。タイ人トレーナーが変わってから、「パンチ中心に教えてくれるんで、よりK-1スタイルになったかなって思いますね」と、よりK-1ルールに適した指導を受けるようになったこともプラス材料のようだ。

「やっぱり豪腕を全面に出せるようにパンチでKOしたいですね」と、代名詞の“knuckle”で美伶を粉砕し、改めてK-1女子戦線の中での存在感をアピールする。

 

選手登録