2021.11.04

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]で谷川聖哉と対戦するK-Jeeのインタビューを公開!

――K-1大阪大会で元K-1クルーザー級王者のK-Jee選手と対戦が決まりました。

「いずれやるとは思っていたので、いい場所でできるな、と。僕は高校を卒業して、KRESTに入るまでの5年間は大阪に住んでいて、大阪は第2の地元のような場所で、たまにエセ関西弁も出てしまうほどなので(笑)、すごく楽しみです」

――大阪は思い入れのある場所ですか?

「そうですね。大阪は好きですね。食べ物は美味しいし、人も温かいし。ただ『ダメなことはダメ』とはっきり言う土地柄なので、面白い試合をしたら『よかったね』と言ってもらえる反面、つまらない試合をしたら『しょうもない試合しやがって』という声が飛ぶと思います」

――K-Jee選手とは過去に練習したことがあるそうですね。

「確かK-Jee選手がKrushのトーナメント決勝、RUI選手とやる前ぐらいだったと思います。そのときは“こんなもんなんだ”と思ってしまったのが最初の感想で、“これでベルトを獲れちゃうんだ”というのは正直思いました。練習より試合の方が強いタイプなのかなと思うんですけど…技術合戦では僕の足下にも及ばないなっていう風には思いました」

――K-Jee選手を攻略する自信がありそうですね。

「正直全然問題ないなと。今回は試合と練習・スパーリングの差を埋める作業の方が優先だと思っていて、KRESTで結果を出してる先輩たちはシャドー、マススパー、スパーリングの動きがすべて変わらないんです。シャドーを見ていると、どういう相手と試合をしているのかが見えてくるというか。そのくらい一つ一つの練習で相手をイメージしてやっているんだなと思うし、それが出来るからこそ練習と試合のズレがないんだと思います。自分も今回はそこまで意識して練習しようと思っています」

――元K-1王者のK-Jee選手が相手ということで、谷川選手にとってはターニングポイントの一戦になりそうですね。

「僕も空手の試合でターニングポイントというか、すごく相手の動きをゆっくりに感じて、“こういう感じでやればいいんだな”という感覚が分かった試合があったんです。あの感覚を忘れないうちに試合をしたかったので、今回はすごくいいタイミングで試合が決まったと思っています。まだトップに行くまでにステップはあると思うんですけど、一つ壁は越えられたかなという手応えがあります。ここで前王者のK-Jee選手に勝てば道が拓けると思うし、試合までに仕上げていけば全然問題ないです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「僕は大阪=第2の故郷だと思ってますし、自分がKRESTで学んできたものをしっかり大阪の人たちにも見せたいです。K-1はやっぱり重量級の選手が主役になっていかないといけないと自分は思っているので、“こいつだったら世界と戦っていけるな”って思ってもらえるよう、来年強い外国人選手と当たっていくためにも、ここでしっかり勝ちたいと思います」

 

選手登録