2021.10.20

 10月20日(水)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第2弾カード発表記者会見が行われた。

 元K-1ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックが約半年ぶりの再起戦に登場。ライト級転向から2連勝中の西京佑馬が挑む。

 ムエタイで100戦以上のキャリアを持つゴンナパーは、昨年12月のK-1両国大会で林健太を下してK-1ライト級王座を奪取。今年3月の「K’FESTA.4 Day.2」ではノンタイトル戦で南雲大輝を撃破した。しかし7月のK-1福岡大会では朝久泰央との激闘の末、延長判定に敗れ王座陥落。約半年の時を経て、大阪の地で再起に挑む。対する西京は第8代Krushスーパー・フェザー級王者。今年3月の「K’FESTA.4 Day.2」からライト級に転向し目下2連勝。いよいよ元K-1王者ゴンナパーとの大一番に臨む。

 王座挑戦へのパスポートとなり得るゴンナパーとの対戦に「ここで勝ったら来年タイトルマッチも見えてくると思うので、何がなんでも勝とうと思います」と、ゴンナパー撃破でタイトルマッチを見据える西京。

 一方、再起戦となるゴンナパーは「決して油断はしていない」と西京を評価しつつも「どんな試合になる?大阪大会を見ていて欲しい。西京を倒してまたライト級のタイトルマッチをやりたい」と、こちらも王座再挑戦のための勝利を目指す。西京が過去最強の相手ゴンナパーの壁を超えるか? それともゴンナパーが元王者の強さを見せつけるか?

ゴンナパー・ウィラサクレック
「K-1の大会場で試合が出来ることをうれしく思っている。絶対に勝てると思っているし、練習も手を抜かず全力でやる。この試合に勝って、よい年を送り、よい年を迎えたいと思う。(7月のタイトル戦を振り返って)あの試合は非常に残念だったが、また気力を出して頑張ろうと思っている。(再起戦にむけての心境は?)普通だね。西京の印象も普通の選手、特に印象はない。

(これからの目標は?)これからも試合を続け、チャンスがあればまたライト級のタイトルマッチをやりたい。(現王者の朝久と再戦して勝つ自信は?)またやる機会があれば必ず勝つ。(西京がゴンナパーを倒してタイトルに挑戦するといっているが?)彼はここ2戦勝っているし、強いと思う。対戦相手として不足はないし、決して油断はしていない。大阪大会でどうなるかを見ていてほしい」

西京佑馬
「ひさしぶりに強豪との試合が決まってワクワクしています。ゴンナパー選手に勝てばタイトルマッチの挑戦者になっても誰も文句ないと思うので、楽しみにして下さい。(対戦が決まった時の心境は?)7月福岡で試合が終わって9月横浜は試合がなくて、12月大阪は出るだろうなと思っていました。候補として誰とやるかなと考えたときに、ゴンナパー選手が最初に浮かんでいたので、多少はびっくりしましたけど、心の準備はできていました。

(ゴンナパーの印象は?)「蹴りもパンチも威力があってタフだなと思います。(過去最強の相手=元K-1王者にどんな気持ちで挑む?)相手が強い選手というのはもちろんありますが、ここで勝ったら来年タイトルマッチも見えてくると思うので、何がなんでも勝とうと思います。(現王者の朝久泰央が『自分とやりたかったらゴンナパーを倒してこい』とコメントしていて、ここをクリアしたらすぐに王座挑戦したい?)しっかり勝って、次いきなりタイトルマッチでも自分は全然いいです。ケガがなければすぐにでもやりたいですね」(どれくらゴンナパーを攻略できる自信がある?)僕はサウスポーもムエタイの選手も苦手意識がありません。今のところは五分五分なんじゃないか。ここから1カ月半みっちり練習して自信を増やしたいですね。

(ゴンナパーを倒せばどんな景色が見えると思う?)ここで勝ってもチャンピオンになるわけでもないので、そこは変わらずという感じですね。(今回に向けてここを強化したいというようなポイントはある?)全体的に強化はしていきたいですが、3R動けるようなスタミナもつけたいですし、全体的にレベルアップしたいです」

 

選手登録