2021.10.11

 10月11日(月)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第1弾カード発表記者会見が行われた。

 K-1スーパー・ライト級のスーパーファイトとして大和哲也と大野祐志郎の一戦が決まった。大和がK-1のリングで試合をするのは昨年1月のK-1両国国技館大会以来、約1年ぶり。その間、7月11日に自身が所属する大和ジム50周年大会に久々にヒジ打ちありルールに臨むも、対戦相手のヒジ打ちで鼻を折られてTKO負け。プライベートでも離婚を経験するなど激動の時間を過ごした。

 今回、捲土重来を期する大和は「自分では落ち目とは感じてないですし、まだまだ結果も出せると思っていますし、これから大和哲也としての生き様をしっかり見せたいなと思っています」と、力強く意気込みを語った。

 勝ち星からも約2年遠ざかっているが「いろんな歯車が噛み合っていなかったなと思ってます」と自身では力の衰えは感じていない。「新たな自分を見出したいと思っていて、ボクシングジムに行ってボクシングのトレーニングをするようになりまして、そういう意味では今回は楽しみな試合だなと思っています」と、新たなスタートとなる今回の大野との試合に向けてもモチベーションは高いようだ。

 2018年の第3代K-1スーパー・ライト級王座決定トーナメント一回戦でゲーオ・ウィラサクレックにKO負けを喫した後、近藤拳成を破って再起を飾ったのも今回と同じ大阪だった。「2年前も大阪大会で復活しましたし、今回も復活するのに相応しい試合をしたいなと思っています」と、験がいい大阪での復活を誓っていた。

 その大和との試合に並々ならぬ想いを持って挑むのが大野だ。大野は今年からK-1 JAPAN GROUPに参戦。Krushのリングで2勝2KOという戦績を残して、K-1出場の切符を掴んだ。大和に関しては「僕も大和選手もそうだと思うんですけど、僕は魔裟斗さん世代で、K-1 WORLD MAXの63kgトーナメントで大和哲也選手が裕樹選手、才賀紀左衛門選手、そして久保優太選手に勝って優勝するというシーンを生で見ていて、年下なのに凄い人がいるなと思った。自分の中で自分とは違う存在の人間という位置づけになっていた」と憧れた理由を語り、その頃からずっと試合をしたいという想いを抱えていたという。

 Krushのリングでも大和との対戦をアピールしていたが、その夢がついに実現することになった。「お互い年齢も年齢で消化試合をしている暇と言いますか、時間がない中、僕みたいな選手と試合をやってくれて本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた大野。「格闘技に対する僕の想いとしては、弱い者が強い者に挑んでいくという考えなので、相手に対してやってやるぞという意気込みで臨んでいきたいと思います」と憧れの存在に、地元・関西で全てをぶつけに行くことを宣言していた。

大和哲也
「こんにちは。愛を知る県、愛知県の大和哲也です。約1年ぶりのK-1のリングとなりました。この1年は本当にいろんなことがありまして、まずは自分が所属する大和ジムの守永(光義)会長の引退大会となった大和ジム50周年大会、これが延期に延期を重ね7月にあったんですが、そこで久しぶりの肘ありルールで試合をして、1Rで負けてしまいました。それから僕のSNSを見ている方は気づいている方がいると思うんですけど、離婚もあったりといろいろなことがありました。今回は新たなスタートになる試合だと思っていて、自分では落ち目とは感じてないですし、まだまだ結果も出せると思っていますし、これから大和哲也としての生き様をしっかり見せたいなと思っています。

 大野選手の印象は上手くて倒す技術を持っている選手だなと思っていました。また関西の選手で強い選手が地方で出てきているんだなと感じています。自分としては今回の試合を皮切りに来年はK-1 JAPAN GROUPでコンスタントに試合をして、1年後にチャンピオンの山崎(秀晃)選手に挑戦をして、ベルトを獲ります。まずは12月4日の試合を楽しみにしていてください。

(約1年ぶりのK-1、どう過ごしてどんな練習をしていた?)本当は7月の試合できっちり勝って、9月のK-1横浜アリーナ大会にエントリーしたいって言いたかったんですけど、まさかの肘で鼻を折られるという、自分の得意技でやられてしまって負けてしまって、今回12月の試合になりました。いつも自分は言っているんですけど、人生全て必然だと。今回こうして大野選手との試合になったのも、そんないろんなタイミングがあってこの試合になったと思うので、凄く楽しみにしています。なので、その期間はずっと肘打ちを練習していました。

(勝ち星から遠ざかっているが、どう思っている?)自分としては全く落ち目とは感じていなくて、いろんな歯車が噛み合っていなかったなと思ってます。守永会長も引退されて、大和ジムにもコーチはいるんですが、新たな自分を見出したいと思っていて、ボクシングジムに行ってボクシングのトレーニングをするようになりまして、そういう意味では今回は楽しみな試合だなと思っています。

(大野選手の言葉を聞いて?)ここまで言ってもらえて光栄だなと感じていますし、大野選手も魔裟斗世代とお聞きして、僕もそうで。僕は何も取り柄がなくてテレビでK-1で魔裟斗さんが優勝する大会を見て、個人競技なら頑張ったら出られるんじゃないかなと思ったことをきっかけにこの格闘技の世界に足を踏み入れて、当時のK-1で勝って、そこからK-1からは離れましたけど、他の世界でベルトを獲ったりしてまたこのK-1に戻ってきての試合というのも誇りに思いますし、嬉しく思いますし、先程大野選手が言われていましたけど、消化試合ができない中でそういうふうに言ってもらえる選手と試合ができるのは嬉しく思います。

(いろんな思いがある試合だが、大阪のファンにどんな試合を見せたい?)先程中村プロデューサーにも言っていただいたんですけど、僕が大阪大会に出たのは2年前ですね。2年前も大阪大会で復活しましたし、今回も復活するのに相応しい試合をしたいなと思っています。確実に噛み合うと思うので楽しみにしていてください」

大野祐志郎
「ALL-WIN team 華王州の大野祐志郎です。K-1ファンの皆様、はじめまして。K-1 JAPAN GROUPで3戦目という少ない参戦数でK-1大阪大会という大きな舞台に出していただけることに、まずはK-1 JAPAN GROUPの皆様には感謝を申し上げます。

 そして大和哲也選手、お互い年齢も年齢で消化試合をしている暇と言いますか、時間がない中、僕みたいなのと試合をやってくれて本当にありがとうございます。この大会に向けての意気込みとしては、もう格闘技に対する僕の想いとしては、弱い者が強い者に挑んでいくという考えなので、相手に対してやってやるぞという意気込みで臨んでいきたいと思います。

(K-1初参戦が決まった時の心境は?)夢の舞台なので話をいただいた時には『来たー!』という感じでガッツポーズして、トレーナーにも『はしゃぎすぎですよ』って言われるぐらい嬉しかったですし、まさかの対戦相手が大和哲也選手というところで、本当に緊張ですよね。

(大和選手が憧れの存在という理由は?)僕も大和選手もそうだと思うんですけど、魔裟斗さん世代で、僕は魔裟斗さんが活躍されいてた時、高校生でして、そのK-1 WORLD MAXの63kgトーナメントで大和哲也選手が裕樹選手、才賀紀左衛門選手、そして久保優太選手に勝って優勝するというシーンを生で見てて、年下なのに凄い人がいるなということで、自分の中で自分とは違う存在の人間という位置づけになっていました。そこから大和哲也選手と試合をしたい・勝ちたいって思っていた感じですね。

(いろんな思いがある試合だが、大阪のファンにどんな試合を見せたい?)地元・関西ですので知っている方もたくさんいます。ですので、Krushでの1戦目、2戦目同様にいい勝ち方をを皆さんに見ていただきたいなっていうのが僕の率直な気持ちです」

 

選手登録