2021.10.11

 10月11日(月)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第1弾カード発表記者会見が行われた。

 今大会のタイトルマットしてK-1フェザー級王者・椿原龍矢vs挑戦者・軍司泰斗の一戦が発表された。椿原は昨年9月のK-1大阪大会で当時のK-1フェザー級王者・江川優生をスーパーファイトで撃破。今年3月の「K’FESTA.4」東京ガーデンシアター大会で組まれた江川とのタイトルマッチにも勝利し、K-1フェザー級王座を獲得している。5月のK-1横浜武道館大会では王者としての初陣も果たし、玖村修平をスーパーファイトで破っているが、今回は地元・大阪で軍司を挑戦者として初防衛戦を行うことになった。

 約7カ月ぶりに組まれたタイトルマッチに椿原は「いつまでもフェザー級戦国時代と言っとっても、一番強いのは僕なんで、早く戦国時代を終わらせて、大阪で天下統一を大阪でしようかなと思っています」と力強くコメント。軍司とはアマチュア時代に1勝1敗、プロになってからも1勝1敗でライバル関係にあるが「僕がデビューした時は軍司選手は既にプロとしてデビューしてて、Krushでもベルトを獲って。常に僕よりも先にいる軍司選手に挑む形だったんですけど、今回はやっと僕がチャンピオンになって上の立場で勝負できるんで、もう僕の上には行かせないでしっかり叩き潰そうと思っています」と返り討ちを誓う。

 ステップワークを駆使するファイトスタイルにも「前回より確実に理想のスタイルに、倒しに行けるスタイルには近づいていると思うんで、それもまた試合で見てもらって、楽しみにしとったらいいかなと思っています」と進化の手応えを感じている様子。そのファイトスタイルで「どうせチャンピオンベルトを獲ったんだから、10回防衛を果たすぞという気持ちでやってやろうと思っているんで、絶対にこのベルトを渡すつもりはないです。10回防衛したら次は100回目指して頑張ります」と、虎の子のベルトの防衛に自信を漲らせていた。

 一方、挑戦者となった軍司は昨年からフェザー級に転向。その後、K-1のリングでは連勝を続け、9月のK-1横浜アリーナ大会では現Krushフェザー級王者の新美貴士にも勝利。文句なしで挑戦権を獲得した。「椿原選手とは次で5戦目なんで、しっかり圧倒的な差で勝ってチャンピオンになりたいです」と、王座獲りに意欲を見せる軍司。

 アマチュア時代から競り合ってきたライバルの王者・椿原に関して「前に試合をした時より全然強くなっていて、ディフェンスの部分もそうですけど、凄い成長しているというか、強いなあというのは感じますね」と評したが、「ぶっちゃけ僕のほうがアグレッシブな試合をすると思うので、そういう部分では僕のほうがチャンピオンに相応しいと感じています」と強気な発言も飛び出した。

 椿原の試合はずっと見ていたそうで、そのファイトスタイルについても研究済み。「どうやって打ち合いに持ち込ませるかっていうのが、今後の練習の課題かなというのはありますね」と、攻略するプランも頭に描いている。その上で「K-1王者は凄い存在だし、しかも戦い方はみんなが見ていると思うんで、そこで僕の戦い方をみんなに見てもらって、僕のほうがチャンピオンに相応しいと思われる試合をしたいですね」と、こだわりのアグレッシブさで椿原を王座から引きずり落とすことを約束していた。

 会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーも「アマチュアからプロまで続くピラミッドの構築を目標としているK-1 JAPAN GROUPにおいて、アマチュア時代からライバルでイーブンの戦績を残している2人がK-1のベルトをかけて決着戦を戦うことに意味を感じている」とコメント。K-1の歴史とストーリーが詰まった一戦の勝者は王者・椿原か?挑戦者・軍司か?

椿原龍矢
「押忍! 月心会チーム侍の椿原龍矢です。今年も大阪大会に呼んでもらえて凄い嬉しいです。せっかくチャンピオンになったのにいつまでもフェザー級戦国時代、戦国時代って言っとっても、一番強いのは僕なんで、早く戦国時代を終わらせて、天下統一を大阪でしようかなと思っています。(このタイミングでタイトルマッチのオファーを受けた時の感想は?)僕は9月のK-1横浜大会を見に行っていたんで、横浜大会でフェザー級の主要メンバーがたくさん試合をする中で、その中でも(軍司が)やっぱり強かったんで、まあタイトルマッチをさせてもらえるだろうなとは思っていました。

(アマチュア時代から試合をしてきた中で、現在の軍司のファイターとしての印象は?)僕がデビューした時、1戦目をした時は軍司選手は既にプロとしてデビューしてて、Krushでもベルトを獲ってて、常に僕よりも先に先にいる軍司選手に挑む形だったんですけど、今回はやっと僕がチャンピオンになって、軍司選手より上の立場で勝負できるんで、もう僕の上には行かせないでしっかり叩き潰そうと思っています。(アマチュアの時からライバル関係にあるが、K-1のタイトルを懸けた舞台で戦うことについては?)特に何を思うというのはないんですけど、ずっと試合を見ていて階級上げてから、やっぱり僕の階級に来たなとは思っていたんで、ずっと準備はしてたのでバッチリです。

(前回の玖村選手との試合のあと、『勝てて良かったけどもっとできることがあるんで次回に期待してくれ』と言っていたがどんなところを期待してもらいたい?)僕はファイターとして自分を新しく作ると言ったりとか、もちろん技術とかもあの試合ではあまり出せなかったところがあるんで、何から何まで全部見とってくれとは思ういます。5回目の因縁の対決なので、決着のつけ方を見てほしいなというふうに思います。(新スタイルには『軌道修正が必要だ』と言っていたが、その軌道修正は完成した?)こればっかりは試合をしてみないと分からないところがあるんですけど、前回よりは確実に理想のスタイルに、倒しに行けるスタイルには近づいていると思うんで、それもまた試合で見てもらって、楽しみにしとったらいいかなと思っています。

(ベルトは獲るより守るほうが難しいと言われるが、防衛戦という意味でのプレッシャーは感じている?)今のところ防衛戦やから何かっていうのはないですし、プレッシャーも特にないんですけど、どうせチャンピオンベルトを獲ったんだから、10回防衛果たすぞという気持ちでやってやろうと思っているんで、絶対にこのベルトを渡すつもりはないです。10回防衛したら次は100回目指して頑張ります。(軍司選手が『僕の方がK-1チャンピオンに相応しいと思われる試合をしたい』と言っているが?)僕は僕だけのスタイルを貫き通してやっていこうと思っています。けど、自分のスタイルを貫き通して、最後は倒すという部分はどの選手も変わらないと思うんで、ゴールは一緒やけど道が違うだけなんで、最後はいいゴールで終わりたいなと思っています」

軍司泰斗
「フェザー級に上げてから次で4戦目なんですけど、こういう形で早い時期にタイトルマッチを組まれたことに感謝してますね。椿原選手とは次で5戦目なんで、しっかりここで圧倒的な差で勝ってチャンピオンになりたいです。(このタイミングでタイトルマッチのオファーを受けた時の感想は?)こういう形でオファーを受けて、それで大阪大会ということもあって、相手の陣地というかアウェーみたいな感じなんですけど、しっかりここで勝ちたいと思っています。

(アマチュアから試合をしてきた中で、現在の椿原のファイターとしての印象は?)前に試合をした時より全然強くなっていて、ディフェンスの部分もそうですけど、そういう部分では凄い成長しているというか、強いなあというのは感じますね。(アマチュアの時からライバル関係にあるが、K-1のタイトルを懸けた舞台で戦うことについては?)アマチュア時代からずっとやってきて、こういう形でK-1のタイトルマッチになって、K-1の見本になるじゃないですけど、そういう試合をしていきたい。ぶっちゃけ僕のほうがアグレッシブな試合をすると思うんで、そういう部分では僕のほうがK-1チャンピオンに向いているかなというのは凄く感じます。

(椿原の『決着のつけ方を見てほしい』という言葉を受けて、何を見せたい?)最近(椿原の)試合を見ていて思うんですけど、逃げてるってわけじゃないですけど、動いて動いて戦う選手なんで、逃げられないようにしっかりと最後に仕留めたいなと思います。(椿原選手のステップワークを止める、追い詰めるというのは研究済み?)ずっと試合は見ているんで、作戦というか対策は練ってあるんで、そこでどうやって打ち合いに持ち込ませるかっていうのが、今後の練習の課題かなというのはありますね。

(K-1のベルトに対しての想いは?)K-1のチャンピオンは凄い存在だし、しかも戦い方をみんなが見ていると思うんで、そこで僕の戦い方をみんなに見てもらって、僕のほうがチャンピオンに相応しいと思われる試合をしたいですね」

 

選手登録