2021.09.25

 9月25日(土)都内にて、昨日後楽園ホールで開催された「Krush.129」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で赤田功輝とKrushスーパー・フェザー級ワンマッチで対戦した児玉兼慎は、前日計量で650gオーバーをしてしまい減点1からのスタートとなったが、1Rに右ストレートのカウンターでダウンを奪取。最後まで戦い抜いて3-0の判定勝利を収めた。

 昨年デビューした児玉はこれがプロ3戦目だが、2勝目を上げた喜びよりも、「まずはじめに度々にはなるんですけど、昨日の試合の前日計量でリミットをクリアできず、対戦相手の赤田選手をはじめ、本当にいろいろな人に迷惑をかけたと思っています。本当に申し訳ありませんでした」と、計量オーバーに関して謝罪。「やっぱり計量クリアできなかったことに関して、プロとして失格だと思うんで素直には喜べないですし、自分自身反省するところばかりだと思います」と、反省と謝罪の言葉を繰り返した。

 試合そのものは「最初から距離を取って戦おうかなと思っていたんですけど、相手が結構前に来てなかなか自分の距離ができなかったので、そこが難しくて、そこが自分の課題かなと思いました」と、課題も見つかった。「自分自身を一から見つめ直して、精神的にもそうですけど、人間的にもっと強くなれるように頑張っていきたいと思います」と、計量オーバーの反省も踏まえて次戦に備える。

児玉兼積
「まずはじめに度々にはなるんですけど、昨日の試合の前日計量でリミットをクリアできず、対戦相手の赤田選手をはじめ、本当にいろいろな人に迷惑をかけたと思っています。本当に申し訳ありませんでした。そして、今回のことを自分自身しっかり受け止めて、今後二度とこのようなことがないようにしっかり反省し、気をつけていきます。本当にすみませんでした。

 昨日の試合は対戦を受けてくださった赤田選手の気持ちが強くて、なかなか自分の動きもできなくて難しい試合になったんですけど、なんとか勝てて良かったです。(一夜明けての心境は?)勝ったことは勝ったんですけど、やっぱり計量クリアできなかったことに関して、プロとして失格だと思うんで素直には喜べないですし、自分自身反省するところばかりだと思います。

(映像を見ていたらその感想は?)最初から距離を取って戦おうかなと思っていたんですけど、相手が結構前に来てなかなか自分の距離ができなかったので、そこが難しくて、そこが自分の課題かなと思いました。(その課題を踏まえて、次に向けて、どんな準備をして試合をしたい?)次はやっぱり試合の部分もそうですけど、その前から自分自身を一から見つめ直して、精神的にもそうですけど、人間的にもっと強くなれるように頑張っていきたいと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援していただいて本当にありがとうございました。今後このようなことが二度とないように本当に気をつけていきますので、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録