2021.09.24

 2022年1月26日に開催が決まったK-1 JAPAN GROUPの年間表彰式「K-1 AWARDS 2021」。その特別企画としてK-1のゲスト解説を務める久松郁実さんがK-1の上半期を振り返ります!

――今回は「K-1 AWARDS 2021」特別企画として、2021年3月~7月までのK-1を振り返っていただき、それぞれの大会のMVPとベストKO賞を選んでもらいたいと思います。まずは、3.21「K’FESTA.4 Day.1」の大会MVPをお願いします。

「不可思選手から1RKO勝ちした山崎秀晃選手ですね。チャンピオンはどうしてもKO決着が期待されると思うのですが、それをしっかりやり遂げるところが凄いと思いました。山崎選手はファイトスタイルも必ず自分から倒しにいくじゃないですか。それを見ていると気持ちが良くて、私は毎回注目しています。この大会のMVPとベストKOは山崎選手ですね」」

――9.20「よこはまつり」でも京太郎選手の試合を注目カードに挙げていましたが、久松さんはパンチで倒す選手が好きなのでしょうか?

「今話していて、そうかなと思いました(笑)。やっぱりわかりやすくて派手なKOシーンが好きだし、そういう試合をする選手は『また見たい!』と思いますね

――では次に3.28「K’FESTA.4 Day.2」の大会MVPを選ぶとしたら誰でしょう?

「これは間違いなく、メインイベントでレオナ・ペタス選手に2RKO勝ちした武尊選手です。ここまで2回試合が延期がなって、レオナ選手が勝つという予想が多かったりと色んなドラマがあって長期間にわたって凄く楽しませてもらった試合でもあったんですよね。そんな感情移入できる試合かつ、最後の武尊選手の勝ち方がものすごくて。私は解説席にいる時、見ている人の邪魔にならないよう、叫ばないように気を付けているのですが、この時は思わず叫んでしまうぐらい興奮してしまいましたね(笑)」

――ちなみに久松さんの戦前の勝敗予想はどちらでした?

「この時は事前の撮影で魔裟斗さんの勝敗予想を聞いていて、その時に魔裟斗さんは『もしかしたらレオナが勝つかも』と言われていたんです。ほかにもレオナ選手有利を予想する人が多くて、私もレオナ選手が勝っちゃうのかなと思う部分がありつつ、最終的に下馬評を覆して勝つのが武尊選手かなと思っていました。この大会は文句なしで武尊選手がMVP&ベストKOだと思います」

――5.30「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」は若い選手中心の大会となりました。

「やはりこの大会のMVPはトーナメントで優勝した黒田斗真選手です。戦前は壬生狼一輝選手が優勝するという声が大きい中でも、のし上がってきた黒田選手は凄くカッコいいなと思いました。あと、昔の武尊選手を思い出させるようなかわいらしさ、そしてまだトップ選手ではないけど、これからどんどん上に上がっていく選手なんだなというオーラが凄くあるのを感じました」

――久松さんも黒田選手の優勝は予想外でしたか?

「周りと同じく私も壬生狼選手だと思っていました。このトーナメントには可能性に満ちた20代の選手ばかりが出ていて、今後のK-1を引っ張っていくのは誰だろうと思いながら見ていましたね」

――ではベストKOは?

「黒田選手の決勝戦ですね。短期決着でインパクトがありましたし、この日の黒田選手は一回戦を2RKO、準決勝でもダウンをとって圧倒して決勝戦に勝ち上がってきて、決勝も含めて勝負運が強い選手なんだな、と。私は見ていて気持ちのいい試合をする選手が好きで、ボロボロになりながら戦っている選手を見ていると自分も息が詰まってしまうんです(苦笑)。そういう意味で黒田選手は気持ちのいい試合をしてくれる選手だなと思います」

――それで次に7.17に開催されたK-1福岡大会はいかがでしょう?

「ゴンナパー・ウィラサクレック選手からK-1ライト級タイトルを奪った朝久泰央選手です。ローキックを効かされても最後までずっと下がることなく、前に出続ける姿もぐっとくるものがありました。私はこの試合の前に、福岡の朝久道場に行き、1日がかりで取材させてもらっていて、その1日で朝久選手のことがめちゃくちゃファンになりました(笑)。練習でトラックを押したり、タイヤを持ち上げたりと武骨に頑張っていて、これを毎日続けているのは普通の人は絶対に無理だろうなと思ってしまいました。会見では、相手のことをイライラさせる発言をしたりしていますが、根本は相手選手のことを尊敬していますし、そういう姿勢も凄くいいなと思いました」

――朝久道場は福岡の市街地から離れた場所にある道場でしたが、驚きませんでした?

「ここから世界チャンピオンが生まれたのかと驚きましたし、家族みんなで応援している姿も凄く素敵でした。ちなみに朝久選手がトラックを押す練習の時に、下校中の小学生が特に驚くこともなく通り過ぎていて、その光景が凄く面白かったです(笑)」

――では今大会のベストKOは?

「K-Jee選手と愛鷹亮選手の一戦です。1Rに愛鷹選手が2度のダウンを取りましたが、すぐにK-Jee選手はダウンを奪い返しました。2RもK-Jee選手が2度ダウンを取って最後にKO勝ちとなりましたが、この階級でそういう展開もあるんだなと。選手たちの汗が自分のところまで飛んでくるようなクルーザー級ならではの迫力ある試合内容で見ていて凄く面白かったです」

――久松さんが選ぶここまでの大会MVPとベストKOは3.21【山崎秀晃/山崎秀晃vs不可思】、3.28【武尊/武尊vsレオナ・ペタス】、5.30【黒田斗真/壬生狼一輝vs黒田斗真】、7.17【朝久泰央/K-Jee vs愛鷹亮】ということですね。では下半期のK-1の熱戦に期待したいと思います!

 

選手登録