2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第17試合では王座再挑戦を目指す村越優汰が、勝った試合がすべてKO勝利という“KOマシーン”西元也史と対戦。1Rに西元の左フックに合わせた右フックでダウンを奪取すると、逆転を狙う西元の突進をカウンターでさばいて大差の判定勝利。持ち味の冷静さを存分に発揮した完勝劇を見せた。

 強打の西元を完封した村越は「試合前から言っていたとおりに完封できた。有限実行できたかな」と満足感を見せ、試合の出来に「70~80点ですかね」と高い点数をつけた。

 試合前には「判定マシーン vs KOマシーン」と煽られたことに対し、村越は「それが俺のキャラになってきた」と納得の表情。「俺はしっかり判定までいって技術・テクニックを見せて、3分3R相手を調理する」と、確立されつつある自らの持ち味に自信。そのうえで「もう一回ベルトを巻きたいのはありますね」と、ベルトに向かって突き進む構えを見せた。

村越優汰
「昨日の試合は試合前から言っていたとおり相手に何もさせないで完封できたかな。有言
実行できたかなと思います。(試合を見直した感想は?)目立った攻撃をもらっていないので、理想の戦い方ができたかなと。(今後の目標は?)やっぱりもう一回ベルトを巻きたいというのはありますね、もちろん。

(判定マシーン vs KOマシーンという呼び名がありましたが、この呼び名について)いいと思います。自分でもう判定マシーンと言っているので、判定マシーン貫こうかなと思っています。(そう言ったことで味が出てきたというか、キャラが出来てきたように感じます)それが俺のキャラになってきました。人それぞれ味があると思うので。俺には俺の味があるし、俺はしっかり判定までいって技術テクニックを見せて、3分3R相手を調理して魅せるところが俺の戦い方なんで。(昨日の調理の出来映えは?)結構いい出来だったですね。70~80点くらいですね。

(熊田曜子さんに続いてスペシャルラウンドガールと並んでニヤニヤしていましたが)エロイなと(笑)はだけてると目がいっちゃいますよね(笑)。(ファンへメッセージ)ひとつK-1の方にお願いしたくて。俺は判定マシーンなんで、判定でしっかり勝つのにこだわってて。昨日みたいに完封した綺麗な勝ち方ができたときには、俺もしゃべりたいことがあるので、マイクを渡して欲しいな。考えて欲しいです。よろしくお願いします」

 

選手登録