2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第20試合に出場し、”日本ヘビー級最強の男”京太郎とのK-1ヘビー級戦に臨んだシナ・カリミアンが会見に出席。戦前には京太郎の挑発に怒り心頭の様子を見せたカリミアンだったが、試合ではリーチを活かした右ローを軸に冷静にプランを遂行した。一進一退のままもつれ込んだ延長戦では自らプレッシャーをかけ、得意のバックハンドブローを強振。スプリット判定をたぐり寄せ勝利をもぎ取った。

 勝利から一夜明けたカリミアンは「リラックスして楽しめた試合だった」と、清々しい表情で前夜の感想を語った。試合前に右足のつま先を骨折し、キックを満足に打てない状態であったというが、京太郎のパンチを受け「顔面に受けたが効くことはなかった」という自信から、ノーガードでのプレッシャーを敢行。「バックブロー以外にもちゃんとした技術を練習している。彼に何もさせず完封できた」と、採点以上に差をつけた試合だったと自信を見せた。

 今後は宣言通り「過去誰もヘビー級・クルーザー級の2冠を達成した選手はいないので、その初めての選手として2冠を獲りたい」と重量級2冠王を宣言。その一方、同大会でK-1デビューを飾った石井慧に対しては「京太郎選手が日本人で一番強いと思っていたので、もし石井選手が京太郎選手より強いというなら、ぜひ戦ってみたい」と、将来的な対戦の可能性を示唆するに留めた。

シナ・カリミアン
「昨日の試合は自分自身、リラックスして楽しめた試合だったと思う。(試合を見直した感想は?)国内外の友だちから、試合内容がすごく良かったと聞いている。まだ自分の試合は見ていないが、早く自分の試合の映像を見たいと思う。

(今後どんなプランを持って戦っていく?)過去誰もヘビー級・クルーザー級の2冠を成し遂げたことはないので、その初めての選手として2冠を獲りたいと思う。(延長でわざと京太郎のパンチを顔面に受けるようなシーンがあったが)試合中にガードを下ろして、京太郎に見せて、ボクシングのチャンピオンならチャンピオンらしくパンチを打ってこいと(誘った)。

 何度かパンチを顔面に受けたが効くことはなかったので、そういった意味でああいう風にノーガードにしてみた。そこで京太郎が打ってくることはなかったけどね。あとは今回試合前に右足のつま先を骨折していて、蹴りを使うことができなかった。なので今回はキックではなくパンチがメインの試合運びとなった。

(京太郎が試合前に「バックハンドブローでしか倒せない」と挑発していたが、それに対していろんな技を見せたいという思いはあった?)彼は試合前からバックブローしかないと散々言ってきたが、昨日の試合で彼もちゃんとわかったと思う。自分自身バックブロー以外にもちゃんとした技術を練習していて、彼に何もさせず完封できた試合だったと思っている。

(スーパー・ヘビー級ですが、世界的なビッグネームである石井慧が参戦しているが、戦う可能性はある?)自分自身誰と戦うかは特に考えていないし、もし石井と戦うことになれば、それはそれで戦う。ただ自分の中で京太郎は過去にレジェンド、ピーター・アーツやジェロム・レ・バンナと戦ってきて、日本人の中では一番強い選手と思っていたので、もし石井が京太郎よりも強いというなら、ぜひ戦ってみたい。

(ファンへメッセージ)応援してくださるファンの皆さん、大会を実現してくれた関係者の皆さん、素晴らしい大会をありがとうございます。この状況の中で大会に参戦できたのはうれしい。また会場にいつも応援してくださる皆さんのおかげで、私は最高のパフォーマンスができている。(日本語で)今日はありがとうございました」

 

選手登録