2021.09.21

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」が開催された。

 2年ぶり2度目の開催となった“よこはまつり”では「【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」が行われ、優勝候補に挙げられていた野杁正明と安保瑠輝也が一回戦・準決勝をともにKOでクリアして決勝に進出。第2代王者の座を争った。

 試合は緊張感のある攻防のまま3Rまで進み、野杁が強烈な左ボディフックでダウンを奪取。なんとか立ち上がる安保だったが、野杁はこのチャンスを逃さず、三日月蹴りと前蹴りでボディを攻めて2度のダウンを追加。トーナメント3試合ともKO勝利という完全制覇で第2代ウェルター級新王者となった。

 第20試合では第2代K-1ヘビー級王者を経てプロボクシングに転向し、今年からK-1にカムバックした京太郎と現クルーザー級王者シナ・カリミアンのヘビー級スーパーファイトが実現。3Rからペースを握ったカリミアンが延長戦でもそのまま攻勢を譲らず、2-1で勝利し現役王者の強さを示した。

 同じく重量級の一戦、スーパーヘビー級のスーパーファイトでは北京五輪柔道金メダリストの石井慧がK-1デビュー戦で愛鷹亮に延長判定勝利。K-1デビューを白星で飾るとともに、地元・大阪で行われる12月大会への出場も希望した。

 スーパー・ライト級では佐々木大蔵が林健太との元同門対決に勝利。スーパー・フェザー級とフェザー級ではそれぞれ3試合が組まれ、スーパー・フェザー級では芦澤竜誠、村越優汰、朝久裕貴が、フェザー級では小澤海斗、軍司泰斗、斗麗が勝利を収めた。

☆全試合結果・写真・レポート
https://www.k-1.co.jp/result/16547/


 

選手登録