2021.09.19

 9月19日(日)、開催を明日に控えた「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の公開計量と記者会見が行なわれた。

 今大会は重量級の注目カードが並んでいる。 第20試合のヘビー級スーパーファイトでは、K-1復帰2戦目の京太郎がクルーザー級王者シナ・カリミアンと対戦する。3月のK-1日本武道館大会、K-1復帰初戦で貫録のKO勝利を飾った京太郎。カリミアンも同大会で逆転KOでベルト奪還を果たしたばかり。まさに階級を超えた重量級の夢の対決と言える。

 いつものようにド派手なスーツにハルクのマスクで登場した京太郎は、事前インタビューでの挑発について触れられると「僕はケンカも好きじゃないし、本当は闘いたくない」と京太郎節を炸裂。横浜アリーナでの試合はピーター・アーツ戦以来12年ぶりで「その時以来の100kg。自分の中では感慨深いですね。減量がどう作用するか分からないけど楽しみ」と心境を語った。

 逆にカリミアンは京太郎への挑発について聞かれると「彼はリスペクトのかけらもないピエロ。だからリングで教育する」とキッパリ。この好対照な姿勢が試合でどう出るかも興味深い。

 第14試合はスーパー・ヘビー級のスーパーファイト。K-1初参戦の石井慧が愛鷹亮と対戦。柔道の五輪金メダリストのK-1挑戦は大きな話題を呼んでいる。

 一方の愛鷹も柔道出身で、柔道時代は石井が“神”のような存在だったというが、K-1では負けるわけにはいかない。さらに連敗脱出をかけた試合でもあるが、愛鷹は「変に気負いすぎないで、K-1はこういうものだと体現したい」。またK-1ファイターらしく「石井選手にK-1を理解してもらう」と続けた。

 対する石井はK-1デビュー戦を前に「緊張もするし楽しみ」と静かなコメント。横浜アリーナはコーチであるミルコ・クロコップのK-1デビュー戦と同じ場所でもあり「自分のパフォーマンスを見せて勝ちたいです」と勝利を誓った。

京太郎
「試合に向けていい毎日を過ごせました。いい人生を送ってます。(事前インタビューで挑発もあったが)今まで何十試合やってきましたけど、僕は挑発したいんじゃなく、ただ面白いことをしたいだけなので。ケンカも好きじゃないし、本当は闘いたくないので。今回初めて減量してしんどかったなというくらいの気持ちです。
(重量級としてどんな試合を?)減量したんであまりヘビー級って感じはしないんですけど、自分が楽しければそれでいいかなと。(減量について)大変でしたね、今回は。正月くらいに120kgくらいまで増えて、試合があって10kg減量して110kgになって。前回、横浜アリーナで試合したのが12年前、ピーター・アーツ選手との試合で。その時以来の100kg。自分の中では感慨深いですね。減量がどう作用するか分からないけど楽しみです」

シナ・カリミアン
「明日はいい夜になると思う。(事前インタビューで挑発もあったが)彼はリスペクトのかけらもない、ただのピエロという印象。明日はリングでしっかり教育したい。(重量級として)明日はいい夜になる。ここにいるピエロにとっては長い夜になる。覚悟してほしい。(体重について)自分は今回の試合に向けて筋肉をつけてパワーを増やした。いい試合になると思う」

石井慧
「明日は頑張ります。(K-1デビュー戦を控えての心境は?)緊張もするし楽しみだし、そんな感じですかね。(K-1ルールで見せたいものは?)自分のパフォーマンスを見せたいしm勝ちたいです。練習してきたことが出せたらいいですね。(重量級としてどんな試合を?)勝ちます。(体重について)今回はちょっと絞って110kgくらいです。(コーチのミルコさんからのアドバイスは)ミルコの(K-1)デビュー戦も横浜アリーナで、一緒ということで喜んでました。試合については、いい相手だねと言っていました」

愛鷹亮
「石井選手と横浜アリーナという大きな舞台で試合ができるのを楽しみにしています。(間近で石井選手を見て感じたことは?)大きいなと思いましたね。体が分厚くて打たれ強そうで力も強そうで、フィジカルも強そうだなと思いました。(連敗脱出などテーマがあるが、勝つイメージは?)変に気負いすぎないで、戦います。K-1はK-1という競技で、僕はK-1とはこういうものだと体現したいと思ってるので、石井選手にK-1を分かってほしいと思います。(重量級としてどんな試合を?)K-1はKOを狙いに行く競技。それを自分も意識しているので、重量級らしくKOを狙う熱い試合をしたいです」

 

選手登録