2021.09.18

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R]で対戦するダルビッシュ黒木と大久和輝のコメントを公開!

ダルビッシュ黒木
「(この試合が決まった時の心境は?)チャンスだと思いました。(これまでの格闘技歴は?)24歳から格闘技を始めて40戦以上試合しています。(リングネームの由来は?)野球のダルビッシュ選手に似てるからです。(対戦相手の印象は?)データがないので分かりませんが、プロ無敗という事で強い選手なのかなと思います。(この試合にむけてどんな練習をしてきた?)パンチの当て方を練習してきました。一撃で倒したいです。(自分のアピールポイントは?)一撃の重さです。(もし本戦に勝ちあがることになったら対戦したい相手は?)野杁正明選手です。リザーブファイトをKOで終わらせて本戦に備えたいと思います」

大久和輝
「(この試合が決まった時の心境は?)こんな大舞台でやれるチャンスはめったにないので、絶対モノにしたいと思いました。(これまでの格闘技歴は?)19歳の頃、沖縄でキックボクシングをかじる程度に始めて、その勢いのまま1カ月ほどで試合にも出ました(笑)。その後は特にやることもなく、一度格闘技から離れたのですが、24歳の頃にもう1度真剣にやってみようと決意し、25歳の時アマチュアで5戦程やって、それからプロになりました。プロでは7戦6勝1分と無敗です。(対戦相手の印象は?)キャリアある選手なので、気を抜かずしっかり戦いたいです。(この試合に向けてどんな練習をしてきた?)対戦相手が変わりましたが、どんな相手でも勝てるよう自分なりに良いリズムで練習できたと思う。とにかく盛り上がる試合をして勝ちたいです。(自分のアピールポイントは?)パワフルな戦い!(トーナメント本戦に勝ちあがる可能性もあるが)本戦にベストな状態で出れるよう、リザーブファイトは圧倒しかないですね。(もし本戦に勝ちあがることになったら対戦したい相手は?)野杁正明選手です。(どんな試合をしたい?)誰よりもインパクトのある試合をして、印象に残る試合をします」

 

選手登録