2021.09.13

 東京・足立区のJOKERジムにて、9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で蓮實光と対戦する龍華が公開練習を行なった。

 K-1甲子園2連覇の実績を持つ龍華は、現在7連勝と絶好調。前戦は3月の「K’FESTA.4 Day.2」で悪童・弘輝と対戦し、初出場となったK-1本戦のリングで1RKO勝利を飾っている。今回は2戦連続となるK-1本選出場で「2大会連続でK-1に呼んでもらえるということは期待してもらえているということだと思う」と、着実なステップアップに十分な手ごたえを感じているという。

 試合1週間前となった公開練習当日も「コンディションはばっちりで、あとは体重を落とすだけ」という言葉通り、同門の寺島輝を相手に、軽快かつ激しいマススパーを披露して好調ぶりをアピールした。

 今回の対戦相手である蓮實光は、昨年7月の「Krush.114」にて龍華が所属するJOKERジムの代表でもある大沢文也をKOで撃破している。カード発表会見では「敵討ち」という言葉を使った龍華だが、この日は「勝負事なので、負けてしまうのは仕方がないこと。文也くんは文也くんで試合をしているので、そこで出た試合結果は(自分には)関係ない」と、敵討ちは意識しつつも「自分は自分の試合をするだけ」と、あくまで自分のためにリングへ向かう。

 その蓮實の印象を「パンチを振り回してくるブンブン丸」と端的に表現した龍華。ライト級屈指のハードパンチャーという評価を受ける蓮實の強打に「打ち合ったら危険なのはみんなわかっていること」と警戒を見せる一方「普通にやっていれば普通にいけると思います」と、特別な対策は不要と主張。「ボッコボコにして、最終的に倒れてもらうのが一番ですね。何もさせません」と、一方的な展開からKOで仕留めるプランを描く。

 この試合をクリアした先には、K-1ライト級王座への挑戦が具体的になってくるだろう。かねてから王座挑戦を公言してきた龍華は「やっぱりベルトですね。ベルトが一番欲しいです」と、改めて王座への意欲を見せる。

 現在K-1ライト級王座には、今年7月にゴンナパー・ウィラサクレックとの死闘を乗り越えた朝久泰央が君臨する。朝久は王座奪取後の記者会見にて「K-1ライト級には相手がいない」と発言。その言葉に龍華は思わず苦笑いを見せ「朝久選手も蓮實選手にKO勝ちしているので、自分が朝久選手よりも早くKOして挑戦状を叩きつける」と、力づくで朝久の意識を自分に向けさせると宣言した。

 最後に「ここで勝てば8連勝。今回の試合もバンバンKOを狙います」と、改めてKO勝利を誓った龍華。先輩・大沢を下した蓮實を倒し、王者・朝久へ挑戦状を叩きつけることができるか?

 

選手登録