2021.09.09

 東京・祐天寺のALONZA FITNESS&KICKBOXINGにて、9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[スーパーファイト/K-1ヘビー級/3分3R・延長1R]でシナ・カリミアンと対戦する京太郎が公開練習を行なった。

 今大会でK-1クルーザー級王者カリミアンとヘビー級のスーパーファイトとして対戦する京太郎。公開練習ではトレーナーにかぶりものを着用させて、その先端にカリミアンの顔写真を貼り付けた“仮想カリミアン”を用意。トレーナーのミットにもカリミアンの顔写真を貼り付け、パンチを打ち込み始めると、最後は飛び上がりながらのフックで被り物に貼り付けたカリミアンの顔面を吹っ飛ばしてみせた。

 前体制のK-1でヘビー級チャンピオンとなり、その後はボクシングで活躍していた京太郎は、今年3月の「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会での実方宏介戦でK-1に復帰。見事なKO勝利を飾ったが「その前の試合から1年以上空いてたし、練習もしてなかったんで、いろいろな戸惑いはありましたけどね」という感想を持った。

 特にK-1ルール=蹴りが許される試合は久々だったこともあり「蹴りがあるとボクシングよりも半歩遠い。自分は元々距離を取るタイプなんですけど、(それよりもさらに)遠いからちょっと戸惑いはありました」と間合いの違いも感じた。しかし120kgのスーパー・ヘビー級かつ蹴りも多用する実方をKOしたことで「自分の動きを矯正するにはいい試合だったかなと思います」と、復帰戦にしては上々のできに感じたようだ。

 もちろんボクシングで培った技術も現在のK-1のリングで活かせる強みがある。「僕は基本的に殴り合いだし、ペース配分や打ち方が違うだけで基本的にボクシングもK-1も変わらないと思う。ボクシングの技術はK-1でも活かせられると思います」と手応えも感じている。

 実方戦以降、特別な練習をすることもなく、「いつもと一緒です」という京太郎。今のところ苦戦しているのは減量のようで「元々116~117kgあって、まだリミットまで半分ぐらいしか落ちてないんでね。そこが僕の中では全てです。なんで体重を落とさなきゃダメなんだろうなって思って、ずっと毎日生きてます」と苦笑いを浮かべた。

 減量・コンディショニングに気をすり減らす一方、対戦相手のカリミアンのことはあまり気にしていないようだ。カリミアンは現役のK-1クルーザー級王者だが、その実力も疑問視している。「ただデカいというだけで気持ちも弱いでしょうし、ああいう選手をチャンピオンにしていていいのかなって思います。彼は彼なりに頑張っているんでしょうけどね」と、その評価は辛辣だ。
 会見やインタビューでは「すぐ終わる」、「バックハンドに頼ってばかりでは勝てない」という挑発的な発言もあった。本人曰く、「ただ冷静に相手について話しただけで、一つの大技に頼っているような選手は勝てない」と挑発したつもりはないそうだが、「大技しかダウンをとれないようじゃK-1では勝っていけない。相手のレベルにもよりますけど、僕とやればどうなのか分かると思ういますよ。僕はK-1復帰2戦目で減量もあって、彼が僕を倒すには今しかないかな、と。今僕を倒せなかったら、一生僕を倒せないと思うんで、彼にとっては今がチャンスです」と、出てくる言葉はなかなか挑発的だ。

 さらに「彼がバックハンド以外でダウンを取ったところを見たことがありますか? 普通は蹴りとか前蹴りとかヒザ蹴りでダウンを取るんですけど、多分それが下手くそなんだと思う」と、カリミアンの技術に辛辣な京太郎。カリミアン必殺バックブローそのものに関しても、「僕はやり方を知らないです。無意味だと思います、技としては」とバッサリだ。

 カリミアンがSNSで京太郎をピエロ扱いし、京太郎が試合でステップワークを駆使している動画を「このピエロは走りに出た方がいい」と発言をしていることを耳にしても、「一切気にしない。そもそもシナ選手は自分レベルの選手とやったことがないと思う」とまるで意に介していなかった。

 今大会では元北京五輪柔道金メダリストで、現在は総合格闘家として活躍する石井慧がK-1初参戦。K-1重量級の盛り上がりついては「僕がその中心になれればいいかなと思う」と京太郎。石井との対戦も期待されるところだが「実は僕と石井選手は年齢も一緒で同じ大阪生まれ。一緒に練習もしていますし、35歳同士がわざわざヘビー級でやるのはもういいかなと思う」。

 あくまで自分はK-1ファイター、石井は総合格闘家というスタンスのうえで「もしやるとしてももう少し(お互い)何人か倒してからじゃないでしょうか、トーナメントみたいなもんで、お互い勝っていけば自ずと必然性も出てくる」と、やるべきときが来ればやると含みを持たせた。

 それよりもまずは目前に迫ったK-1横浜アリーナ大会でのカリミアン戦だ。「このレベルの選手に勝てないようなら僕がK-1に戻って来た意味がないと思います」と、改めて勝利を誓っていた。

 

選手登録